春はベイトフィッシュの種類が多い。これがヒラマサゲームを楽しくも、難しくもする。

ベイトに合わせた釣りとノンストップジャーク

田代誠一郎が伝授する春マサ攻略術。はじめに「春」を3月初旬から5月のゴールデンウィークまでと定義し、スタイルをキャスティングゲームに限定して話を進めていきたい。

ー 春ならではの特徴を理解するベースとしては、ヒラマサが捕食しているベイトの種類を把握しておくことが大切だ。そのうえで、特定のベイトを捕食しているヒラマサを狙うにはどうすればよいのか、という考え方で進めていくことが基本となる。
「春は、ほかの季節に比べて、ヒラマサのベイトの種類がとても多いのが特徴です。カタクチイワシ、大羽のマイワシを始め、スルメイカ、小イカ、サンマ、4月中頃からはトビウオも姿を見せ始めます」

ベイトが多彩ということが、結果として実釣面で大きく2つの特徴をもたらすことを認識しておきたい。

第一に浅いところでも、深いところでも釣れる、ということ。ベイトが多彩なため泳層が幅広くなるのだ。夏は浅場が、秋は深場を攻める割合が多いが、春のポイントの水深(ヒットレンジではない点に注意)は10ⅿ前後から100ⅿ前後までと、とにかく幅が広い。

春のメインベイトはイワシ。ナブラになることも多いが、意外なほどセレクティブなときもある。スモールサイズ&水面下を攻略できるルアーの用意が必要だ。

第二にベイトの種類が多いことに伴い、サイズも大小様々となる。これによりルアーサイズを幅広く用意しておく必要が生じる。持参するかどうか悩んだら船上に持っていく、このくらいの心構えで準備するのがちょうどいい。

多種多彩なベイトが存在する春だが、その中で重視したいのがイワシパターンと小イカパターンだ。カタクチイワシ、大羽イワシがベイトとなるイワシパターンは、春のメインパターンとなることが多い。比較的、広範囲にナブラが出ることが多く、小さいルアーをセレクトすることが基本となる。

まずは定石通りのワンピッチパターンを中心にアプローチするのが王道。しかし、これで出るときとまったく反応してこないときがある。出ない、というときにはルアーを潜らせるアプローチが効果的な場合もある。このケースではフローティングペンシルをダイブさせることを意識して使うが、シンキングペンシルを使用するのも一手だ。

 

リリースされたばかりの別注平政160Fフラッシュブーストは、サイズ感、水面下でのアピール性能など、今春の活躍が大いに期待されるルアーだ。

ー イワシパターンに加え春ならではの状況と言えるのが、小指くらいの小さいスルメイカを捕食している、いわゆる小イカパターンだ。
「小イカパターンはよくわからない、というのが特徴でしょうか(笑)。普通に大きいルアーにヒットしてきたのに、腹の中は小イカでいっぱいということも多いですから。ベイトが小さいからルアーサイズも小さく、と思いがちなんですが、そうとばかりは限らない。小イカパターンのときはルアーサイズにあまりとらわれないほうがいいような気がします。ただ、ルアーを引くスピードは、ちょっとゆっくり目にしたほうが効果的だと思います」

ー 以上の、ベイトを基準にした釣り方とは異なる釣法としてマスターしておきたいのがノンストップジャークだ。
「この一年間、意識して試した結果の印象なんですが、めちゃめちゃ釣れます。ベイトうんぬんというよりも、ヒラマサの基本的な習性に合致した釣り方、という確信を持ちました。20㎏オーバーも何本も出ていますし、季節を問うことなく、大型もヒットしています。疲れる釣り方なので、やり続けることが難しい釣りですが、なかには通して3日間やってくれる人もいます。そうするとヒット率はやはり高い。加えて同船のアングラーのヒット率も上げてくれているイメージです」

春ならではのベイトに合わせた釣り、そしてノンストップジャークをミックスすれば最強、ということになりそうだ。

 

使用ルアーを基準としたタックルセッティング

「ベイトに合わせてルアーを選ぶことがタックルセッティングの基本になります。結果的にタックルがライトになる傾向があります。秋に比べてタックルセッティングをワンランク落としたほうが喰いやすい、ヒットにつながる印象がありますね」

ー 捕食されているものにルアーサイズを合わせると、バランス的にタックルがライトになりやすい、ということだ。
「でも、春だからといってヒラマサの引きの強さは秋と変わらない。大型も出ます。秋ならシイラがメインベイトだから大きいルアーとパワフルなタックルで挑めばよいので分かりやすいですが、春はそう簡単ではない。掛けてからは根ズレのリスクのある魚なので、よく考慮する必要があります」

自身で春マサを狙う場合には、3セットのタックルを用意する、と田代。水深や潮の流れ、大型の可能性などを考慮して使い分けていくのが基本。ライトな順に説明していこう。最もライトなセッティングは、PE4〜5号のメインラインに、80〜100lbリーダーをセットしたタックル。ベイトサイズに合わせ、小さいルアーを使いたいときなどに、根ズレのリスクが低い、水深が深いポイントを前提に使用する。活躍する機会はそれほど多くはない。

中間的なパワークラスに位置する、最も多用するセッティングはPE6〜8号のメインラインに、140〜150lbのリーダーをセットしたタックル。いつでも万能的に使える、春のメインタックルに位置付けられるものだ。

ー 最強タックルとしてはPE 10号のメインライン、150lbリーダーをセットしたタックルだ。こちらもそれほど出番が多いわけではないが、浅場の大型魚を狙うときは必須。ビッグワンを獲るために必ず用意しておきたいタックルとなる。
「春はデカいヒラマサが小さいベイトを捕食している、ということが起こりがちです。こういう状況が難しい。ベイトサイズに合わせてルアーサイズを小さくするとルアーが飛ばない。飛ばすためにラインの号数を落とすと喰った時にラインブレイクのリスクが上がってしまう。
小さくすれば喰うというサイズに合わせてルアーを使うのか、小さいベイトを捕食しているヒラマサは無視して、デカいベイトを捕食しているヒラマサだけを狙うのか、という選択に迫られるわけです。これはアングラーの判断によって分かれるところです」

状況に応じて適切なタックル、ルアーをセレクトする。そんな楽しみがほかのシーズンより多いのが玄界灘の春。基本を踏まえ、自分流の攻略法を試してみたい。

 

多種多彩なルアーを用意して楽しめるのが春マサゲーム!

ー 必要とされるルアーの種類も一年のうちで最も多くなる。
「僕自身の使用ルアーで言えば、マストアイテムは、別注平政190F、220F。加えて160F、160F フラッシュブースト、130F。イワシパターンで水面下を狙うときのシンキングペンシルとしては、オシア ペンシル115XS、サーディンボール150Sフラッシュブーストなども持っていたいですね。キャストしてから20秒くらい置いておき、その後にジャークしながら軽くワンピッチ、速めのリーリングで巻いてきます。水平方向のジギング、もしくはミノーを水面下で泳がせるイメージですね。
ノンストップジャークには、フルスロットル240F ARCが欠かせません。昨年も実績大なので今年も期待できるでしょう。サンマやサヨリを喰っているヒラマサにも効果的ですし、10号タックルの使いどころだと思います。さらにシケが多いのも春の特徴のひとつ。強風のなかでも安定したアクションを出してくれるヘッドディップ175Fフラッシュブースト、200Fフラッシュブーストも使いやすいと思います。誰でも安定して動かせると思うので、ヒット率も上がると思いますよ。とくに175Fはサイズ感もちょうどいいと思いますね」

完全対応を考えるならすべて持っていないと・・・、と田代。たとえば130Fなどはサイズ的に極端に小さいと思うかも知れないが、このサイズばかりにヒットが集中するときもある。逆にフルスロットル240F AR-Cに喰ってくる状況で、小さいルアーを投げると小型のヒラマサばかりで話にならない、ということもある。ルアーはとにかく多種多様に用意する必要があるようだ。

  • ファイトの難易度を考慮する必要性ももちろんある。パワータックルを使いたいが、小型ルアーにしか喰ってこない。こんな難しい状況が春の特徴のひとつだ。

  • 人気船のキャプテン、そして豊富な経験とスキルを持つアングラーという2つの顔を持つ田代誠一郎。ヒラマサへの愛情も人一倍深い。

ー なかでも2021年春シーズン、田代が最も注目している新作ルアーが別注平政160Fフラッシュブーストだ。
「春シーズンに実績大の別注平政160Fに、フラッシュブーストが搭載されているルアーです。これは間違いなく釣れますね(笑)」

ー 最後に、田代からの春ヒラマサの心構えを含めたアドバイスを紹介しよう。
「春はいろいろなルアーが使えて、多彩な釣り方が通用する季節でもあります。これじゃなきゃいけないと決めつけるのではなく、自分なりに観察して、こうじゃないかな? というパターンをいろいろ試して、楽しんでほしい。そうすればもっともっと釣果アップにつながると思います」

ー アングラーとしてはライトなタックルで楽しみたい、と田代。
「夏や秋はガチンコタックルで勝負しないと獲れないときが多いですが、春は水深が深い場所で喰ってくることも多い。イワシのナブラも多く、小さいルアーで喰わせ、走らせて獲ることができる時期でもあります。4号、5号といったタックルセッティングで、ラインを出してやり取りを楽しみながら大型ヒラマサをキャッチできる機会に恵まれる時期です。個人的には4号、5号タックルをメインに楽しみたい、そんな気持ちがありますね」

シーズンはまさにこれからが本番。以降に詳述するタックル群を参考に万全を期し、春ならではの玄界灘のヒラマサキャスティングゲームを存分に楽しんでいただきたい。

個人的にはライトなタックルで、ラインを出してのやり取りを楽しみたいという田代。そんなスタイルが叶えられるのが春の特徴でもある。

田代誠一郎イチ推し!2021春マサNEWタックル

ツインパワーSW 14000XG

「新しいツインパワーSW14000XGはとても完成度が高いと思います。とくに力強く軽い巻き上げ性能が凄い。ファイトのときは立てたロッドを下げながらリールを巻くのが一般的ですが、そのときに大きな力が必要な状況だとハンドルが動かないことがあります。新しいツインパワーSW14000XGでは、ハンドルが動かない、という状況はとても軽減されていると思います。また、ヒラマサゲームの場合、船上のほとんどの時間はルアーアクションとルアーを回収する作業の繰り返しになります。巻き上げが重いとどんどん疲労が蓄積します。疲れることなく、いい状態のルアーの動きを維持できる軽い巻き上げ性能は、釣果に直結する重要な要素です。ファイト中も、軽い巻き上げはアングラーの味方になりますね。
ドラグ性能もいいですね。ヒラマサゲームではドラグをかなり締め込んで釣るのが基本です。性能としては滑り出しがとても大事。滑り出しが悪かったり、ロックしたりするとPEラインが高切れしたり、態勢を整えられずに体を持っていかれて転んだりします。何回かファイトを経験するなかで、ツインパワーSW14000XGのドラグはかなり締め込んだ状態でも滑り出しがとても滑らかに感じました。ドラグ値の安定性も大切な要素ですが、ツインパワーSW14000XGでは変化の少ない、均一性のあるドラグ性能という条件を十分にクリアしています。
過酷な条件下でタックルを数日間使用することが多いのもヒラマサゲームの特徴。悪条件下で不調になることもあるのがラインローラーです。新しいツインパワーSWでは、この部分の防水性がアップしています。耐久性ということではすぐに大丈夫、とは言い切れませんが、数日間の使用ではまったく問題ありませんでした。長期的な観点でも、現行のステラSWではほとんどラインローラーのトラブルがないので、それに近い性能が期待できると思います」

 

パワーと耐久性により磨きをかけ、新しく生まれ変わったツインパワーSWシリーズ。軽くパワフルな巻き上げを実現するインフィニティドライブの搭載。熱に強くなった最新ドラグ、ヒートシンクドラグの採用。耐久性を向上するXプロテクトのラインローラー部への搭載など、スピニングリールの頂点を脅かす存在として登場。14000XGは大型ヒラマサ狙いのキャスティングゲームにおける中心的存在だ。

ステラSWに匹敵するパワフルな巻き上げを可能にした新たなツインパワーSW。ヒラマサゲームのみならず、2021年のオフショアシーン全体における最注目アイテムと言えよう。

オシア プラッガーリミテッド S83H

「オシア プラッガーリミテッドは飛距離、投げやすさ、軽さというキーワードを求めたモデルです。すべての要素を1本のロッドで叶えることは難しいと思います。でも、飛距離はまったく妥協していないのに、ほかのすべての要素も高いレベルでバランスが取れたロッドに仕上がっています。個人的には、高反発なロッドでルアーのウェイトをしっかり乗せてキャストするのが大好き。高反発なロッドだと狙ったところに凄いスピードで投げられます。振り抜くスピードを速くすれば、多少体への負担は増えてしまいますが、狙ったところをピンポイントで射貫くようなキャストが可能になると思います。普通は高反発でシャープなロッドに仕上げると、体への負担が大きくなりますが、オシア プラッガーリミテッドは、軽さ、抜けの良さ、フィーリングの良さでカバーしているので疲労が少ないですね。
ファイト面では、想像以上に曲がってくれました。しっかり曲がり、反発して復元してくれるのでロッドを支えているだけで魚が浮いてくる。つまり復元力で魚を浮かせてくれるわけです。個人個人の体力によっては曲がったあとがキツいと思う人もいれば、楽と感じる人もあると思いますので、アイテムのセレクトには注意したいですね。
新しいリールシートも最高です。僕は手が小さいので丸くて太いグリップだと疲れやすさを感じますが、オシアプラッガーリミテッドのリールシートは凹状になっていて、人差し指から小指までの4本指と親指を伸ばした状態の凹状にピタッとハマってくれる。親指をあまり使わなくてもロッドがブレない。手のひらでしっかり持てるので、あまり握力を使わない。長時間ファイトにもとても効果的だと思いますし、誰が持ってもオーっと思ってもらえるはずです」

 

世界一飛ぶロッド、を目指して生まれたハイエンドオフショアキャスティングロッド、オシア プラッガーリミテッド。スパイラルXコアを搭載した超軽量&高反発ブランクス、最高レベルのガイド仕様、新開発のリールシートなど、意欲的なフィーチャーを満載したザ・キャスティングロッドだ。

オシア プラッガーリミテッド S83H

S83H

 

オシア プラッガーリミテッドシリーズには、チタンフレーム、トルザイトリングという軽量かつ強度に優れ、遠投性能を高めるガイド仕様。抜けの良さを実現し、キャストフィールの向上に大きく貢献する。

オシア 別注平政160F フラッシュブースト

実績大のオシア別注平政160Fにフラッシュブーストが搭載されたこの事実だけでも期待してしまう。今春の大活躍は間違いない!?

「サイズ的に別注平政160Fは、ベイトが小さいときに有効なルアーです。カタクチイワシ、大羽のマイワシ、小イカなどを捕食しているヒラマサを狙うときです。こういうベイトを偏食しているときは春が多い。夏のイワシ、キビナゴパターンのときにも有効です。以上のような条件で実績大の別注平政160Fにフラッシュブーストが搭載されたんですから、これは釣れますよね(笑)。水中で強い波動を出して魚を寄せ、これにフラッシュブーストの煌めきが加わる、魚に強烈にアピールするアクションです。とくにベイトが小さいときは数が大量にいることが多い。そのなかでシルエットは小さくてもアピール力を大きく出来るフラッシュブーストはとても効果的ですね。
別注平政160Fは水面付近を潜ったり出たりというクイックなアクションが基本ですが、別注平政160Fフラッシュブーストは水面下で一定時間、一定距離を潜ってから水面に出る動きが得意。水面下でアピールする能力が高いということです。春のイワシパターンで、ナブラだらけなのにトップに反応しないときに水面下を泳がせると喰うことがあるので、今年の春には大いに期待したいですね。水面下に長く潜らせたいときは80lbくらいにリーダーを落とすと、潜らせやすくアピールしやすいですよ。
別注平政160Fより、ウェイトが約4g重くなっている、ということもプラス要素。ヒラマサはデカいけれど、ベイトは小さいというときはタックルセレクトに悩みますが、そんなときにとても使いやすい。PE6号、8号タックルで使ってもかなり飛んでくれるので、ありがたい存在です」

  • オシア 別注平政160F フラッシュブースト

    006 Fオレンジ

  • ウェイトアップ&直立の浮き姿勢、水面下でのアピール性能もアップしているのがオシア別注平政160Fフラッシュブーストだ。

オシア フルスロットル240F AR-C

「オシア フルスロットル240F AR-Cは、引いているだけで、浮いたり潜ったりしやすいルアーです。基本的には水面にあるけれど潜る。でも、潜ってもすぐに浮く。潜りやすく、浮きやすいということです。ピョン、ピョンと水面を走って、その後に水中を泳いでまたピョン、ピョンと水面を走っていく感じ。それでいて、ストレートアクション過ぎず、左右に振れる動きを出してくれます。シルエットは動かしやすい細身。リールを巻き続けるノンストップジャークでは水の抵抗を減らすスリムシルエットは、アングラーの労軽減に貢献してくれます。AR-Cの効果もあって飛行姿勢が良いので、飛距離も伸びます。
どの方向からの風でもバシッと飛んでいってくれます。
 キャスト後、ルアーが着水してからピックアップまで、ロッドを少しトウィッチしながら巻いてくるのがノンストップジャークの基本。リーリングは止めません。少し角度をつけてトゥイッチするとやりやすいと思いますよ」

  • オシア フルスロットル240F AR-C

    006 ボートホワイト

  • ミスバイトが生じやすいのがノンストップジャークの弱点。早アワセは厳禁。魚の重みを感じるまで巻き続け、そこからフッキングに転じるのがコツだ。