フォースマスター 200[ForceMaster 200]

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

KEY FEATURE キーフィーチャー

軽量コンパクトデザイン。

キーフィーチャー

自重わずか395g。電動リールにおいてアンダー400gはシマノだけのラインナップ※2。フォースマスター200/200DHではこのウェイトを活かし、ワンハンド操作のためにボディバランス、形状を一から検証。コネクター位置を変更するなどパーミング面積を20%※1コンパクト化することに成功しました。その結果、人差し指でリール前面をホールドすることを可能にし、手のひらで包み込むような安定感のあるパーミング性能を獲得。ロッドワークの快適さだけにとどまらず、NEWタッチドライブなど多彩な機能へのアクセスもストレスフリーを目指しました。軽いだけで満足しない。その軽さを釣り人のアドバンテージと成し、かつてないワンハンド操作を実現するためのボディ。それがフォースマスター200/200DHが突き詰めたデザインなのです。
※1:15 ForceMaster300DHとパーミング面積の比較
※2:2020年12月時点

親指一本で操る先端機能。

キーフィーチャー

仕掛けの投入からタナ取り、そして巻上げ。船釣りの一連の操作を、ロッドを握る手の親指だけで、意のままにコントロール可能なNEWタッチドライブとスピードクラッチを搭載。NEWタッチドライブは中間速設定機能を備え、好みのスピードで瞬時に巻上げることができます。スピードクラッチはスプールを指で押さえたまま、スムーズ&スピーディなクラッチ切替が可能となります。

手巻きと電動の融合。

キーフィーチャー

電動ライトゲームは、比較的水深の浅いエリアもフィールドとして交差することがあります。そんな場合にメリットを発揮するのがフォースマスター200/200DHのハイギア化を実現したポテンシャル。15フォースマスター300DHから最大巻上長を30%向上させ、ハンドル1回転最大66cmの巻上げが可能になりました。素早い巻きアワセやリズミカルな誘いが可能になり、手巻きリールならではの釣りを楽しんでいただけるのもフォースマスター200/200DHの魅力です。

ストレスフリーの高速回収。

キーフィーチャー

MUTEKI MOTOR+の新たな搭載も大きな進化の一つ。15フォースマスター300DHと比較して、最大巻上速度が約20%向上し195m/分のハイスピードを達成しました。手巻きハイギアリールの回収速度の目安が約150m/分であることからその差は歴然。手巻きリールでの回収に比べ、疲労感も少なく集中力の持続にもつながります。状況によっては、ひと流しの時間内で同船者を先駆ける多回数の仕掛け投入が可能となります。

釣果向上を担う多彩な機能を結集。

キーフィーチャー

水深(糸巻量)に影響せず、ほぼ完璧な等速巻きを実現する電動等速巻制御を搭載。電動巻上げをしているときにクラッチをOFFにすると自動でモーターがOFFになり、クラッチをONにすると再び電動巻上げをレスポンス良く開始する「モーター&クラッチ連動機能」を搭載。ハンドルスピード表示機能はその日のアタリスピードを手巻きで探り、電動で巻上げ速度を再現することが可能。これら3つの機能は電動鯛ラバはもちろん、関東のマルイカ、タチウオや日本海のアカイカ、関西のサビキマダイなど、多くのフィールドで釣果向上に貢献します。
※モーター&クラッチ連動機能の設定をONにしてご使用ください。モーター&クラッチ連動機能の詳しい解説はこちら

キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー