フォースマスター 1000[ForceMaster 1000]

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

KEY FEATURE キーフィーチャー

ワンハンドで操るライトゲームの軽快感。

キーフィーチャー

お好みのスピードで瞬時の巻上げが可能な中間速設定機能を備えたNEWタッチドライブを搭載。さらに頻繁に繰り返すクラッチのON/OFFの切替レスポンスを高めたスピードクラッチに加え、パーミング性が大幅に向上したSコンパクトボディを採用。ロッドを握る手の親指一本で巻上げ速度の調整とクラッチ切替が快適かつスムーズに行えるため、ワンハンドでの操作にライトゲームの軽快感をもたらせます。

大型青物も射程に収めるパワー。

キーフィーチャー

フォースマスター1000に搭載したMUTEKI MOTOR+はフォースマスター3000XPと同クラス。高回転、高トルクのブラシモーターで、最大ドラグ力15kg、実用巻上持久力8.5kg、最大巻上速度210m/分。大型青物とパワーファイトが可能なスペックです。

初期性能を守る高耐久性。

キーフィーチャー

ビーストマスター1000EJと同様の設計による、減速ギアの支持部にベアリングを採用した強化ギアシステムにより耐久性を向上。コンパクトなボディに、大型の青物をはじめ、より高負荷の釣りにも対応できるヘビーデューティーさも備えています。

キーフィーチャー キーフィーチャー キーフィーチャー キーフィーチャー

IMPRESSION インプレッション

画期的な進化が魚種も釣り方も広げてくれる。

インプレッション

高橋 哲也 TETSUYA TAKAHASHI

フォースマスター1000が様々な機能を搭載してモデルチェンジを果たしました。まず私が感じたのは強化ギアシステムとドラグ、そしてMUTEKI MOTOR+のバランスの良さ。すべての性能が高いから、相乗効果で電動リールとしての強さがより引き出されています。びっくりするくらい強くなったので、釣り方や魚種もうんと幅広くなりました。画期的な進化ですよ。またボディが低くなりパーミングもしやすい。しっかり保持できるので手持ちでの安定したやり取りが可能です。

テストでは小さなターゲットからいろんな魚種を釣りました。こいつのレッドゾーンはどこなのかを探るため、10kgオーバーのカンナギやカンパチ相手にフルパワーで挑んでみましたが物凄い勢いで上げることができました。速く獲れば良いってもんじゃないんですが、あえて無理な使い方をしても充分、信頼に足るパワーが実感できましたね 。

また今回はNEWタッチドライブが搭載されています。電動リールに慣れていない方がテクニカルレバーを操作すると、どうしてもレバーを倒し過ぎになりがち。NEWタッチドライブなら中間速設定があるためオーバースピードを回避することができます。私の場合、タチウオなら15~20。アマダイなど対象魚が小さければ15以下。泳がせなら25以上が基準。魚種や釣り方によって、適切な速度を決めることで、とても効果の上がる機能です。NEW海底・魚群水深表示は探見丸と併せて使うことで、根魚狙いの海底トレースも格段にやりやすくなります。フォースマスター1000は本当に強いリールです。だから大物にも焦ることなく、多彩な機能を使いながら、状況に合わせた使い方で楽しんで欲しいですね。