トップ > 魚種選択 > マダラ
マダラ

冬の王者は竿を折らんばかりの強烈な引き

タラ
特徴・生態 寒流性の魚で沿岸の浅場から水深1000mを超える場所にまで生息している。大きな群れを作り、海底から中層にかけて生活する。魚類、イカやタコ、甲殻類などを食べる。全長40~60cm。
分布 山口県および茨城県以北。
産卵期と重なる冬。
釣り ポイントは水深100~300mの深場で、胴突き5、6本の毛バリ、フラッシャーやタコベイトを装着したハリで狙う。とにかく引きが強烈で、竿が折れるのではないかと思わせるほどのファイター。棒状のオモリのような仕掛けにタコベイトをかぶせたイカリバリを装着した「タラシャクリ」や、メタルジグもよく使用される。
ロッド一覧
日本地図
TYPE55 M210 TYPE64 S210 TYPE64 M190 TYPE64 MH190 TYPE64 MH230 TYPE73 M200 TYPE73 MH180 TYPE73 MH200 TYPE73 MH230 TYPE73 H200 TYPE82 M200 TYPE82 H190 TYPE64 S235 TYPE64 M210 TYPE64 M230 TYPE64 M235 TYPE64 M260 TYPE64 M265 TYPE73 H195 TYPE73 H225 TYPE73 H255 TYPE73 HH195 TYPE73 HH225 TYPE82 HH190 TYPE82 HH195 TYPE73 S140 TYPE82 M175 TYPE82 H170 TYPE91 SS180 北海道地域 北海道地域 北海道地域 TYPE82 H190 タラシャクリ(40~200号)
● LIGHTGAME CI4+
●LIGHTGAME Moderato
●LIGHTGAME Allegro

北海道地域 [ >乗合船情報 ]

● TYPE82 H190 タラシャクリ(40~200号)
前のページに戻る