トップ > TYPE選択 > LIGHTGAME CI4+ TYPE82 M200
TYPE82 M200

グラスソリッド穂先を搭載し、バットパワーを維持しつつも、アタリを弾かずに乗せる能力を失っていない8:2調子。H190はアカムツ、オニカサゴなどの高負荷釣種までを視野に入れたアイテムだが、いずれもその軽さと操作性はまぎれもないライト感覚を維持している。


●アジ

●カマス

●アマダイ
●タチウオ
●オニカサゴ
追っかけサビキでのアジや、浅場のカマスなどでは、サビキを踊らせるために胴の強い8:2調子が向いています。アマダイは好みになりますが、先調子ファンならいいでしょう。また、深場のタチウオや、オニカサゴでは100号の釣りにも合います。

●アマダイ
エサ取りが多いような条件では、しっかりとテンビンを跳ね上げて先の仕掛けを動かすことにより、エサ取りを驚かせてかわし、アマダイにのみエサをアピールさせて、仕留めることもできます。アワセもよく効き、タチウオにもピッタリ。

●アジビシ

●タチウオ

●オニカサゴ
●アカムツ
●ライトマダラ
●夜イカ
TYPE73 H200と一緒に持っていくことの多いアイテムです。こちらはより深場でもしっかりシャクれるのが特徴です。感度と操作性にもすぐれており、ライトの枠を越えたノーマル的な使い方ができます。

●オニカサゴ

●ヤリイカ

●テンヤタチウオ

●マダコ
オニカサゴ狙いでは非常にアタリが取りやすく、誘いをかけたときに仕掛けに動きがよく伝わります。小浜沖のヤリイカでは80号前後のオモリを使用するのでシャクリやすく、イカが乗ったときの曲がりも楽しいです。大阪湾のテンヤタチウオや、強引なアワセが必要な明石のマダコ釣りにもピッタリ。

●アジ

●カマス

●アマダイ
●タチウオ
●オニカサゴ

追っかけサビキでのアジや、浅場のカマスなどでは、サビキを踊らせるために胴の強い8:2調子が向いています。アマダイは好みになりますが、先調子ファンならいいでしょう。また、深場のタチウオや、オニカサゴでは100号の釣りにも合います。

●アマダイ

エサ取りが多いような条件では、しっかりとテンビンを跳ね上げて先の仕掛けを動かすことにより、エサ取りを驚かせてかわし、アマダイにのみエサをアピールさせて、仕留めることもできます。アワセもよく効き、タチウオにもピッタリ。

●アジビシ

●タチウオ

●オニカサゴ
●アカムツ
●ライトマダラ
●夜イカ

TYPE73 H200と一緒に持っていくことの多いアイテムです。こちらはより深場でもしっかりシャクれるのが特徴です。感度と操作性にもすぐれており、ライトの枠を越えたノーマル的な使い方ができます。

●オニカサゴ

●ヤリイカ

●テンヤタチウオ

●マダコ

オニカサゴ狙いでは非常にアタリが取りやすく、誘いをかけたときに仕掛けに動きがよく伝わります。小浜沖のヤリイカでは80号前後のオモリを使用するのでシャクリやすく、イカが乗ったときの曲がりも楽しいです。大阪湾のテンヤタチウオや、強引なアワセが必要な明石のマダコ釣りにもピッタリ。

前のページに戻る