トップ > TYPE選択 > LIGHTGAME CI4+ TYPE82 H190
TYPE82 H190

グラスソリッド穂先を搭載し、バットパワーを維持しつつも、アタリを弾かずに乗せる能力を失っていない8:2調子。H190はアカムツ、オニカサゴなどの高負荷釣種までを視野に入れたアイテムだが、いずれもその軽さと操作性はまぎれもないライト感覚を維持している。

LIGHTGAME CI4+ TYPE82 H190
LIGHTGAME CI4+ TYPE82 H190
LIGHTGAME SS TYPE82 H190
LIGHTGAME SS TYPE82 H190


●アジビシ
●オニカサゴ

●アカムツ
●ライト深場
●カマス
高負荷でも負けない胴の強さが操作性のよさにつながります。目感度、手感度に優れているグラスの穂先なので、さまざまな釣りに適応します。オニカサゴの居喰いも判別しやすく、相模湾沖ノ瀬の大カマスなどは最近流行の引っ掛けにも対応。喰わせも穂先の感度がいいので大丈夫です。

●タチウオ
秋から冬の深場のタチウオ釣りに最適! 水深100m前後の深場でもエサを躍らせ、タチウオを誘い出せる調子。そして、繊細な穂先でアタリを捉えて掛ける、穂持ちからバットにかけてのパワーは安心して使えます。

●オニカサゴ
比較的深場を狙うこの釣りでは、誘い時の操作性とアタリ感度が重要になってきます。120号オモリでの手持ちの誘いが基本となりますが、このロッドの軽さと長さのバランスが優れています。

●オニカサゴ

●ライトマダラ
●ヤリイカ
海底の状況やアタリが分かりやすく、一日手持ちで楽しめます。8:2調子でもビンビンではなく、世間一般的なヤリイカ竿と比較すれば軟らかめなので、しっかり操作できて巻き上げるときのバレも少なくヤリイカ狙いでもよく使います。

●レンコダイ(キダイ)

●マダコ

●テンヤタチウオ
経ケ岬沖で狙うレンコダイ釣りでは、常にシャクリを入れて誘う必要があるので、腰が強く先調子のこの竿が使いやすくなります。明石のマダコ釣りでは、タコがテンヤに乗ったら思い切りシャクって掛けますが、そんなときにも向いています。テンヤタチウオにもOK。

●アジビシ
●オニカサゴ

●アカムツ
●ライト深場
●カマス

高負荷でも負けない胴の強さが操作性のよさにつながります。目感度、手感度に優れているグラスの穂先なので、さまざまな釣りに適応します。オニカサゴの居喰いも判別しやすく、相模湾沖ノ瀬の大カマスなどは最近流行の引っ掛けにも対応。喰わせも穂先の感度がいいので大丈夫です。

●タチウオ

秋から冬の深場のタチウオ釣りに最適! 水深100m前後の深場でもエサを躍らせ、タチウオを誘い出せる調子。そして、繊細な穂先でアタリを捉えて掛ける、穂持ちからバットにかけてのパワーは安心して使えます。

●オニカサゴ

比較的深場を狙うこの釣りでは、誘い時の操作性とアタリ感度が重要になってきます。120号オモリでの手持ちの誘いが基本となりますが、このロッドの軽さと長さのバランスが優れています。

●オニカサゴ

●ライトマダラ
●ヤリイカ

海底の状況やアタリが分かりやすく、一日手持ちで楽しめます。8:2調子でもビンビンではなく、世間一般的なヤリイカ竿と比較すれば軟らかめなので、しっかり操作できて巻き上げるときのバレも少なくヤリイカ狙いでもよく使います。

●レンコダイ(キダイ)

●マダコ

●テンヤタチウオ

経ケ岬沖で狙うレンコダイ釣りでは、常にシャクリを入れて誘う必要があるので、腰が強く先調子のこの竿が使いやすくなります。明石のマダコ釣りでは、タコがテンヤに乗ったら思い切りシャクって掛けますが、そんなときにも向いています。テンヤタチウオにもOK。

前のページに戻る