トップ > TYPE選択 > LIGHTGAME CI4+ TYPE64 S210
TYPE64 S210

カーボン素材ならではのシャープなエッセンスを残したしなやかさを強調し、人気のライトマダイを念頭に置いた設計。ライトアジはもちろんメバルなどのほか、マイカやアカイカなどにも幅広く対応し、多くのターゲットを「よりライトゲームらしく」楽しめるアイテム。


●マダイ(ライトマダイ含む)
●メバル
コマセマダイにおいてコマセワークなど好みでM210と使い分けますが、60号ビシまでの使用感がいいです。いずれにせよ軟らかい調子なので、竿を思いっきり曲げてのやり取りが楽しいです。胴突き仕掛けのメバル(夜)では魚が浮き、根に行きにくいので遊べます。

●ライトマダイ
●ライトアジ
東京湾のライトマダイを手持ちで一日フルに楽しみたい方にオススメ。マダイとのやり取りを最高に楽しめる1本です。また、ライトアジなどにも非常に使いやすく、やはり引きを楽しめるアイテムです。

●ライトアジ
●ライトマダイ
当日のアジの活性により、置き竿で少し長めの間を取る場合に扱いやすい1本。北東の強風時には波がバチャバチャ状態になり船が不安定な揺れになってしまいますが、そんな状況にもマッチします。ライトマダイにも使いやすい。

●アマダイ

●ライトヒラメ(横流し)

●イサキ
ライトヒラメにおいて、ウネリが高くてもタナをキープしやすく、やり取りもたまりません。風が強い、波が高いときに払い出し側で使うと仕掛けが落ち着きアタリが取りやすい。イサキではタナの指示が幅広いとき、食い渋り時、コマセを出したくないときにも向きます。

●タイラバ

●ビニールマダイ

浅場でのタイラバでアタリが取りやすく、喰い込みも抜群。掛けてからの粘り腰も最高です。ビニールマダイで喰い込みが悪いときにもベストマッチ。硬いものからこれに替えた途端、掛かり出したことがあります。

●マダイ
(ライトマダイ含む)
●メバル

コマセマダイにおいて、コマセワークなど好みでM210と使い分けますが、60号ビシまでの使用感がいいです。いずれにせよ軟らかい調子なので、竿を思いっきり曲げてのやり取りが楽しいです。胴突き仕掛けのメバル(夜)では魚が浮き、根に行きにくいので遊べます。

●ライトマダイ
●ライトアジ

東京湾のライトマダイを手持ちで一日フルに楽しみたい方にオススメ。マダイとのやり取りを最高に楽しめる1本です。また、ライトアジなどにも非常に使いやすく、やはり引きを楽しめるアイテムです。

●ライトアジ
●ライトマダイ

当日のアジの活性により、置き竿で少し長めの間を取る場合に扱いやすい1本。北東の強風時には波がバチャバチャ状態になり船が不安定な揺れになってしまいますが、そんな状況にもマッチします。ライトマダイにも使いやすい。

●アマダイ

●ライトヒラメ(横流し)

●イサキ

ライトヒラメにおいて、ウネリが高くてもタナをキープしやすく、やり取りもたまりません。風が強い、波が高いときに払い出し側で使うと仕掛けが落ち着きアタリが取りやすい。イサキではタナの指示が幅広いとき、食い渋り時、コマセを出したくないときにも向きます。

●タイラバ

●ビニールマダイ

浅場でのタイラバでアタリが取りやすく、喰い込みも抜群。掛けてからの粘り腰も最高です。ビニールマダイで喰い込みが悪いときにもベストマッチ。硬いものからこれに替えた途端、掛かり出したことがあります。

前のページに戻る