トップ > TYPE選択 > LIGHTGAME CI4+ TYPE64 M190
TYPE64 M190

M190、MH190はライトゲームロッドの定番アイテム。硬さは違うが感度と軽さの両立をもっとも感じ取れ、軽快なコマセの振り抜き感とバラシを防ぐ粘りを兼備。ロングバージョンのMH230はライトヒラメを意識しているが、長い仕掛けも扱いやすくクッション性に優れる。


●タチウオ


●ライト五目
初期のタチウオではエサを放しにくく喰い込みもよく感じます。合わせたときの曲がりもいい。コマセシャクリではビシが跳ねないので、速いテンポのシャクリでも操作しやすく、ウィリーで狙うイシダイなどにも向いています。メジナやマダイなど不意の大型魚が掛かっても竿が曲がり、いいショックアブソーバーになります。

●ライトアジなど
操作性がよく、アジの引きを存分に楽しめる1本。ほかにもライトマダイやイシモチ、カサゴなどと汎用性は高く、東京湾のライトゲームになくてはならないスペックだと思います。

●ライトイサキ
●ライトアジ
浮いた魚の反応を小さいシャクリで狙うライトイサキでは感度と操作性、喰い込みのよさがGOOD。ライトアジでは活性が低い場合や、夏場に浅い水深(10~20m)を狙う場合、オモリ30号を使用するときにもバランスがいいです。

●ライトヒラメ

●ハナダイ
銚子沖から飯岡沖のライトヒラメはエンジン流しなので、前アタリから食い込むまでの間、余裕のある曲がりしろがほしくなります(縦の釣りなので)。また、ハナダイ狙いではまさにライト感覚で引きが楽しめます。

●ビニールマダイ

●アジ
ビニールマダイは擬似餌なので食い込みを重視して、穂先が軟らかく、胴調子のこの竿がピッタリ。オキアミエサで狙うアジは大型が多く掛けバラシが増えがちですが、バラシを軽減でき、掛けてからのやり取りもおもしろくなります。

●タチウオ


●ライト五目

初期のタチウオではエサを放しにくく喰い込みもよく感じます。合わせたときの曲がりもいい。コマセシャクリではビシが跳ねないので、速いテンポのシャクリでも操作しやすく、ウィリーで狙うイシダイなどにも向いています。メジナやマダイなど不意の大型魚が掛かっても竿が曲がり、いいショックアブソーバーになります。

●ライトアジなど

操作性がよく、アジの引きを存分に楽しめる1本。ほかにもライトマダイやイシモチ、カサゴなどと汎用性は高く、東京湾のライトゲームになくてはならないスペックだと思います。

●ライトイサキ
●ライトアジ

浮いた魚の反応を小さいシャクリで狙うライトイサキでは感度と操作性、喰い込みのよさがGOOD。ライトアジでは活性が低い場合や、夏場に浅い水深(10~20m)を狙う場合、オモリ30号を使用するときにもバランスがいいです。

●ライトヒラメ

●ハナダイ

銚子沖から飯岡沖のライトヒラメはエンジン流しなので、前アタリから食い込むまでの間、余裕のある曲がりしろがほしくなります(縦の釣りなので)。また、ハナダイ狙いではまさにライト感覚で引きが楽しめます。

●ビニールマダイ

●アジ

ビニールマダイは擬似餌なので食い込みを重視して、穂先が軟らかく、胴調子のこの竿がピッタリ。オキアミエサで狙うアジは大型が多く掛けバラシが増えがちですが、バラシを軽減でき、掛けてからのやり取りもおもしろくなります。

前のページに戻る