フィッシングコラムフィッシングコラム

  • イヨケン STRONG STYLE
  • 素晴らしき投釣りワールド
  • 鮎入れ掛かり!?ブログ
  • Fantastic F.F Story ON THE STREAM
  • 絶景ドリームツアー 釣行レポート
  • シマノ渓流 開発奮闘記
  • ワカサギブログ

素晴らしき投釣りワールド

【素晴らしき投釣りワールド】:VOL.81 ~淡路島にて~

日置 淳
日置 淳
全国各地を釣り歩く投げ釣りのエキスパート。
各種キャスティング大会で輝かしい好成績を残し、いま最も注目されているトップキャスターでもある。

先日、淡路島をホームグラウンドとされている岡野さんから、「淡路島の西海岸でキスが良く釣れたよ!」との連絡を頂きました。

「久しぶりに淡路島に行きたい…」という思いが急に強くなり、気付けば明石大橋を渡っていました。

淡路島は、明石大橋開通以降、大阪からも近くなり、思い立てば即行ける釣り場になりました。ひと昔前はフェリーを利用しての小旅行気分の釣行でしたが、ほんと便利になったものです。

この日は1投目から心地良いキスのシグナルがロッドを通して伝わって来ます。と思うと、明らかにキスでは無い、鈍いアタリも次々とキャッチしました。
ロッドには高感度の「キススペシャル405CX+」を使用していたので、「これはキス」「これは他魚」と魚種の判別が出来、非常に楽しい釣りが展開出来ます。
今回の「他魚」、まさに大阪でいう「ガッチョ」(ネズミゴチ)のアタリと予測します。8本針を使用していたので、キスが4匹、ガッチョが4匹と予測します。巻き上げると予想的中で、小型のキスが4匹、良型のガッチョが4匹でした。
このガッチョ、姿格好や魚体に粘りがある事から、嫌われているようですが、お刺身、天ぷら、から揚げ、煮付け…非常に美味なんです。キスは勿論ですが、大切な食材として、キープします。

2投目以降も、同じようなペースで釣れて来ますが、数投目に大きなアタリを見せ、22センチを超えるキスが姿を見せてくれました。

4色以上は、藻が多く生えており、藻際で良型が潜んでいるようです。その後、良型キスを立て続けに釣り上げた直後、穂先が大きく引き込まれました。「これは大物!」と、リールのストッパーをフリーにして、やり取りする事数分、波打ち際へ姿を現したのは、目測で40センチを超えるクロダイ。
最後の最後まで激しい手応えを見せましたが、寄せる波に乗せて砂浜に引きずり上げたのは、45センチのクロダイでした。0.8号のハリスでよく取れたものです。
それからも、キス・ガッチョを順調に追加し、思う存分堪能したところで納竿としました。

久しぶりの淡路島釣行でしたが、思わぬ大物も釣れ、本当に楽しい釣行になりました。
岡野さん、ありがとうございました。また近々お邪魔しますね。