たとえば今から、相模湾真鶴岩港を出て釣れそうな魚やイカを狙ってみる。
この時期なら砂地にはマゴチやヒラメ、根周りではカサゴ、アカハタ、ベイトの反応があればオオモンハタやサバのほかシイラ、カンパチ、真鯛も釣れるかもしれない。少し前には大きなアオリイカも寄っていたから、エギも忍ばせておこう。

1本のロッドで自由に遊ぶ
なんでも狙うライトルアーの楽しみ方

「ここではマゴチを狙ってみましょう」

港を出てすぐ、水深10メートルほどの砂地。富所潤さんは20グラムのジグヘッドに4インチのワームを付けてキャスト、着底させてリールを2〜3回巻いて止めて、を繰り返して手前へ探り、回収したらフルキャストする。

– 何回もアタってワームを切られたり、エソが釣れたりしたのちにヒットしてきたのはワニゴチ(イネゴチ)だ。
「マゴチかと思いました(笑)。でもこれ、ワニにしては、すごく大きいですよね、よく引きました!」

同じく砂底の水深15メートルでは探見丸にベイトの反応が映し出される。こんなとき、最近の相模湾ではオオモンハタが着いていたりする。

  • 挨拶がわりのエソ

  • ワニゴチ(イネゴチ)としては大型。ワーム+ジグヘッドでのスイミングに飛び付いてきた

 

この日はグランドシャッドのサンセットゴールドに好反応

– ワームの種類、ヘッドの重さ、そしてメタルジグなど、富所さんは投げては変えて、シグナルを探る。
「コチ類も、オオモンハタも、スイミングでいいと思うんですよねぇ・・・」

ルアーを底からわずかに浮かせて引いて止め、カーブフォールさせると・・・ガツン! 断続的に突っ込む引きを見せてオオモンハタが姿を見せた。

根周りでは根掛かりに注意しつつ、やや重めの30グラムのヘッドや40グラムのメタルジグで探ると、カサゴやアカハタが飛び付いてくる。

  • メタルジグにミノカサゴがヒット。真鶴では結構お目にかかる

  • 根周りでは定番のカサゴ

 

夏のライトルアーといえばサバ。ナブラ撃ちで楽しむと盛りあがる

そして再び探見丸にベイトの反応。ジグの回収時に軽いジャークを入れて止めると、表層でジグを何者かがひったくり、ドラグ音を響かせて疾走した。

タップリ引きを楽しんで上げたのは、富所さんの好物でもあるサバ。丸まる太った、旬を迎えつつあるゴマサバだ。

岩港の周辺を探ること5時間の「なんでもゲーム」を満喫したこの日、富所さんのタックルは「クロスミッションS66M-S」だけ。

  • PEはセフィア8+の0.4号。ドラグ設定ほぼ1キロでロッドをしっかり曲げてファイトできる

  • クロスミッションはいずれも全長1.98メートル、センターカット2ピースで仕舞寸法102.9センチ

  • クロスミッションとツインパワー(C3000MHG)。ともに最高のオールランダーの組み合わせ

  • スピニングのグリップはホールド性の高いパーフェクションシートCI4+

  • 各ロッドには鯛ラバ、ジグ、エギ、スッテのMAXウエイトが記載されている

 

  • ネジレ、潰れに強いスパイラルXをハイパワーXで締め上げたブランクスは安心してキャストできる強度を持つ

  • ボートからアンダーハンドキャストしやすい全長とグリップの設計となっている

  • ティップランやメタルスッテゲーム、鯛ラバにも対応するしなやかなタフテックαソリッドティップ。強度と繊細さの絶妙な設定が、高レベルの汎用性を生み出している

  • 敏感なティップを持ちつつバットには十分なパワーと粘り。これがロッドのポテンシャルを引き上げる

 

– この1本で、リグを自由自在に変えて楽しんでいた。
「今日はキャストしながらワームとメタルジクを使いましたが、クロスミッションは鯛ラバも、メタルスッテも、ティップランもできて、しかも十分な性能を備えています。船のルアーロッドに迷っている方に、まずはこれ1本で始めてみては? と、自信を持っておすすめできるロッドです」

1本で様ざまな目的や楽しみをクロスさせるロッド。それがシマノテクノロジーによって生まれた「クロスミッション」だ。

今やオオモンハタは相模湾のライトルアー人気ターゲット

 

一つの器で色んな地元の魚介が楽しめる海鮮丼は、食のクロスミッション(真鶴・魚座にて)