錦江湾の特徴

錦江湾はサンゴ礁を形成するシャローエリアがある一方で、湾内には水深200m以上の深海も存在している神秘的な海域だ。

よってサンゴから深海魚まで生息するという、国内でもまれに見る豊かな生態系を育んでいる。

湾奥部から中央部、湾口部でそれぞれが全く異なる特性を持っており、フィールドごとに真鯛の狙い方も違う

初心者でも安心のフィールド

今回お世話になったのは、鹿児島本港から出船している遊漁船 海鱗[かりん]の林船長。

錦江湾の複雑な海底地形を把握しており、シーズンに応じて最適なポイントへガイドしてくれる。

「錦江湾は魚影の濃さももちろんですが、港から釣り場が近く波が穏やかなので、初心者でも安心して楽しめるフィールドです。」と錦江湾の魅力を語る林船長。

今回釣行したのは、錦江湾の中央部に位置する「市街地沖」と呼ばれるエリア。

錦江湾の中でも水深が浅く、真鯛をはじめとするさまざまな魚が生息している好ポイントだ。

ここでは水深15〜60mほどの瀬周りを中心にアプローチしていく。

シャロー攻略には「キャスティング鯛ラバ」

錦江湾口での鯛ラバは経験があるものの、市街地沖は初めてだという赤澤さん。

「錦江湾は太平洋に面しており外海に分類されるエリアですが、ここ市街地沖は私のホームエリアである瀬戸内海と共通する要素が多い。」と語る。

そこで今回は瀬戸内海で実績が高い、スピニングタックルを使用したキャスティング鯛ラバで挑むことにした。

林船長の話によると、錦江湾は潮が流れず苦戦を強いられる日が多いとのこと。

実際に釣行日も思った通りに潮が流れず、なかなか真鯛の活性が上がらない時間帯が続いた。

赤澤さん曰く、過去の経験上このような状況ではキャスティング鯛ラバが有利になるという。

「シャローエリアでは、ディープエリアに比べると真鯛のヒットレンジが限られる。そのため潮が流れない時間帯は、足元に落として巻くだけのアプローチでは手詰まりになってしまいます。」

そのためシャローエリアでは、限られたヒットレンジをいかに長く探れるかが重要であると赤澤さんは話す。

また真下に落ちる鯛ラバに反応がなくても、キャストをして斜めの角度を作ることで口を使うこともあるという。

シャローエリアで最適な鯛ラバ

「シャローエリアは光が届きやすいため、真鯛は視覚的要素で鯛ラバを判断していると考えています。つまりアピール力が強い鯛ラバは見切られてしまう可能性があるため、自然なアピールで攻めるのが基本です。」

低速巻きでもしっかりアクションがつけられる「炎月 バクバクネクタイ メビウスカーリー」や「炎月 集魚ネクタイ イカタコカーリー」といったカーリーネクタイを中心に組み立てていく。

カラーはシャローエリアで実績が高い赤やオレンジを選択した。

キャスティング鯛ラバではラインが斜めに入るため、バーチカル(真下に落とすアプローチ方法)に比べると着底がわかりにくい。

そこで今回は、感度に優れたタングステン製ヘッド「炎月 ヒューストンバクバク」をメインで使用する。

ヒューストンバクバクはどのようなネクタイにも合わせやすい無垢色となっており、パーツが持つ性能を引き出してくれるヘッドだ。

多彩な魚種が釣れる錦江湾

豊かな生態系を育む錦江湾には、約1,000種類もの魚類が生息しているといわれている。

そのため本命の真鯛だけではなく、何がヒットするかわからないワクワク感もこのフィールドの魅力のひとつだ。

釣行日は本命の真鯛以外にも、色とりどりの魚をキャッチできた。

真鯛の数釣りを堪能

「秋はとにかく数が釣れるので楽しいですね!」

潮が流れず難しい状況の中、トータルで6枚の真鯛をキャッチした赤澤さん。

秋の錦江湾は小型から中型が主体となるが、潮さえ良ければ大型が釣れるチャンスもあるという。

ロックフィッシュが連発

潮が緩んだ時間帯には、高級魚のオオモンハタが立て続けにヒット。

錦江湾では潮流が0.7ノット以下になると、真鯛に変わってオオモンハタのアタリが明確に増えるという。

釣行日は真鯛以上にオオモンハタのアタリが多く、40cmオーバーの良型も登場した。

オジサン!?も登場

「おじさんがオジサン釣っちゃいました(笑)」

オジサンの仲間であるミナベヒメジをキャッチし、思わず笑顔になる赤澤さん。

このような珍しい魚と出会えるのも、豊かな生態系を育んでいる錦江湾ならではといえるだろう。

キャスティング鯛ラバの優位性を実感

釣行日は一日を通して潮が動かず、船内が静かになる時間帯もあった。

そんな難しい状況下でも、キャスティング鯛ラバで常に何かしらの魚をヒットさせていた赤澤さん。

大型の真鯛には出会えなかったが、キャスティング鯛ラバの優位性を強く実感した釣行となった。

シャローエリアを攻略しよう

シャローエリアは手返しがよく、初心者でも手軽に鯛ラバを楽しめるフィールドだ。

しかしながら真鯛のヒットゾーンが狭く、アプローチの選択肢が限られてしまう難しさもある。

次回は、今回の釣行の鍵となったキャスティング鯛ラバの基本を紹介していくので、ぜひ注目していただきたい。

赤澤康弘のご当地鯛ラバ戦術 【錦江湾編:後編】はこちら