通い慣れた場所とはいえ、そこは自然が相手。「とにかくいろいろやってみないと分からないですよね」と赤澤さん

このエリアのマダイは、海峡部特有の速い潮の中で海底にいる甲殻類や多毛類、貝類などを食べています。他のエリアのようにイワシなどの回遊系ベイトが少ないので、マダイが浅いレンジに浮くことは少なく、底付近を狙っていくのがセオリーです。

釣行した8月初旬は例年なら安定した釣果が期待できるのですが、釣行前日に海が荒れて全体的に濁りが入っていました。この濁りが底まで広がっていると、マダイは鯛ラバを見つけにくくなります。

今回、お世話になった「松本釣船2」の松本船長と。赤澤さんとは旧知の間柄

幸い当日は晴天で、浅い場所なら太陽光が届くため、鯛ラバの存在をアピールできる状況でした。このエリアの定番である、『炎月ヒューストンバクバクTGヘッド』と『炎月集魚ネクタイ イカタコカーリー』や『炎月バクバクネクタイ メビウスカーリーショート』を組み合わせて、カラーローテで攻めてみることにしました。

セッティングが重要! 下津井沖攻略タックル

食い込ませる釣りには①(右)。小さく細いフックで掛かりを向上させる。②はフルソリッドで細身でしなやかながらもバットパワーがあるので速い巻きでもフックアップさせやすい

タックルは「スロー巻きで乗せる用」①と「ファースト巻きで乗せる用」②の2タックルを持参しました。今回は底から3〜4mの狭いレンジでの勝負になると予測しました。マダイを攻略するには、このレンジ内で本命が反応するアクションを生むユニットと巻き速度を探し出す必要があります。アクションはユニットのパーツを変えることで対処します。

ヒットに持ち込むには、巻き速度の変化だけではなく、ロッドの調子とフックサイズが深く関係してきます。特に食いが渋いときほど、このセッティングが重要になります。

タックル①は全体的に軟らかい乗せ調子のロッドとハイギア(以下:HG)のリール。ハンドル1回転の糸巻き量が多いHGでスローに巻きます。HGは深場を釣るときの鯛ラバ回収やスピード重視のリトリーブで重宝しますが、スローに巻くという使い方もできます。

HGをゆっくり巻き上げるとパワーギア(以下:PG)に比べてハンドルに負荷がかかり、潮の変化がつかみやすく、鯛ラバへのショートバイトも感じやすくなります。軟らかいロッドを組み合わせることで食い込みやすくしています。このとき使用するフックは、小さくて軸の細いものにしています。これでショートバイトでも掛かりやすくなります。

このエリア定番その1『炎月バクバクネクタイ イカタコカーリー』とその2『炎月バクバクネクタイ メビウスカーリーショート』※その1,その2ともに濁っているときは、上から順にだんだんカラーを濃くしていく

『炎月 ヒューストンバクバクTGヘッド』。「このエリアではこれ1択ですね」と赤澤さん。潮流、水深に応じてウエイトを使い分けた

タックル②は少し張りのあるロッドにPGのリール。
鯛ラバを速めに巻き上げるときは、こちらを使います。また、流れがあるところでもスムーズに巻き上げることができます。ただし速い巻き上げでアタってきた場合、軟らかいロッドだと巻き取りの力で曲がるため、フックを掛けるパワーが弱くなります。

そのため掛かりきらずにバレることも多くなります。
ですので速い巻き上げでマダイにフックをしっかり掛けるには、ロッドを少し硬めにしてパワーを残しておくことが大切です。アタリがよければ、カウンターでフックがしっかり掛かってくれますので、そのぶん、フックは大きめにしています。

共通

カスタムパーツ:
炎月バクバクネクタイ
炎月集魚ネクタイ
炎月バクバクトレーラー
各種
フック:FF鯛ラバフック #5

①B610ML-S/RIGHT
王道の乗せ調子のなかでも基本と言えるスタンダードなモデル。鯛ラバ30~100g、水深20~80m+αというスペックは国内の平均的な釣り場に広く適応。スムーズに曲がり、オートマチック感覚でマダイを乗せる

②B511ML-FS/RIGHT
ショートレングスならではの軽快性を引き出しつつ、最外層をハイパワーXフルソリッド構造でX状に強化したブランクスがトルクを発揮

濁りがあるときの下津井沖のヒットパターン

鯛ラバをアレンジして2匹目をキャッチ。サイズは小さくとも次の1匹への足がかりとなる

タックル②で釣りを開始してほどなく、着底から少し速く2巻きしたところでマダイがヒットしました。ネクタイは『炎月 集魚ネクタイ イカタコカーリー』で、フックには『炎月 バクバクトレーラー スカイフィッシュ』(ショートタイプにチューニング)をセットしていました。

濁りの中でワンポイントのケイムラが効いた感じです。 潮が少し緩かったので、鯛ラバを目立たせるため少しだけ速く巻いたのもよかったと思います。

この直後に少しだけ潮が速くなったので、タックル①に持ち替えました。そしてスローな釣りに移行すると、間髪入れずにヒットしました。

ネクタイを『炎月バクバクネクタイ メビウスカーリーショート』に替え、潮の速さに合わせて少しだけ巻き速度をゆっくりにしました。この1匹も小型でしたが、ユニットも巻き速度も確信をもって食わせました。

  • 軟らかいロッドとハイギアのリールでスローに巻く。フックは小さく細くしてアタれば掛かるセッティング

  • ショートバイトが多く、速い巻きでは掛かり方も危うかった。的確な判断で口へのフックアップに成功!

 

これぞまさに納得の1匹! ちなみに巻貝を捕食しており、マダイが底を意識していることを証明していた

反応を引き出せるユニットがオレンジまたはレッド系の『炎月バクバクネクタイ メビウスカーリーショート』と『炎月バクバクネクタイ ノーマル』を縦方向に半分カットしたものであると判断。あとは潮に合わせてタックル①と②を使い分け、巻き速度を調整して誘います。

3匹目は潮が緩んだタイミングでヒット。
タックル②を用いて少し速い巻きで食わせました。このときフックが口ではなく顔に浅く掛かっていました。そこで潮の速さにかかわらずスローな巻きで通して、口に掛かるような深いバイトを引き出すためにタックル①に持ち替えて4匹目を狙いました。

サイズアップを目指してさまざまなパターンを繰り返し試す

その後、何度かの場所移動後、ボトムから少し巻き上げたところでアタリ。鯛ラバの重みで曲がっていたロッドがさらに曲がり込むという深いバイトでした。

慎重にファイトして上がってきたのは60cmクラスのマダイ!
フックはしっかりと口に掛かっていました。顔にフックが掛かった3匹目が、スローな釣りをしたほうがいいと教えてくれたからこそ獲れた1匹です。

  • 瀬戸大橋を望みながらの釣り。この日は晴天で心地よい風もあり、釣りやすかったもののマダイの食いは渋かった!

  • これは口にフックアップ! 巻き速度とロッド選択の重要さを実感する釣行となった

 

ちょっとでもスピードを速めると口ではなく顔に掛かる。「それでもロッドが軟らかいのでバラしにくくはあるんですけどね」

この日は14時納竿で、私は7匹という釣果でした。
ヒットパターンが絞り込めたので、タックル①でのスローな釣りに徹して、立て続けに本命を攻略することができました。海が濁っていたのでユニットのカラーローテのほうが重要かと思っていましたが、フタを開けてみれば鯛ラバの巻き速度とショートバイト対策がメインになりました。こういうケースでもタックル選択でカバーできるのが、鯛ラバのおもしろいところです。

もし現在の釣り方でアタリがあっても乗らないなら、巻きスピードに合わせたタックルセッティングを試してみてはいかがでしょうか。さらなる釣果を手にすることができるはずです。

今回のヒットパターン

 

下津井沖のおすすめアイテム

このエリアでは『炎月 集魚ネクタイ イカタコカーリー』や『炎月 バクバクネクタイメビウスカーリーショート』が定番です。速い流れの中でもしっかり水をかき混ぜてマダイへアピールしてくれます。カラーは濁りに応じて濃くしていきます。オレンジ系→レッド系→コーラ→ブラックレッドの順でアピール力が強くなります。