松山沖フィールドの特徴

魚影が濃く大型も有望な好フィールド

今回は瀬戸内海の西部に位置する愛媛県の松山沖について解説します。
私自身、ロケやプライベートで釣行する機会も多く、なじみのあるフィールドのひとつです。瀬戸内海では比較的水深のあるエリアで、真鯛が生息し、エサを捕食するレンジに幅があるのが特徴で、水深30mくらいから、深い所では120mほどの場所を釣ることもあります。真鯛の魚影は濃く、瀬戸内の他のエリアに比べてアベレージサイズが大きく、80cmオーバーも期待できます。干満差の大きい瀬戸内エリアに共通するのですが、潮の動きが入ると喰いやすい傾向にあります。

瀬戸内東部よりもイワシなどの回遊魚が豊富で、それらのベイトフィッシュを追って真鯛はもちろん、青物やタチウオなどゲームフィッシングの対象魚となるフィッシュイーターも多く回遊しています。瀬戸内海の西の出入口に近いエリアで、前述した魚が留まりやすい傾向にあると考えています。また、捕食対象としても小魚への依存度が高く、中層で釣れるケースも少なくありません。

松山沖攻略タックル

比較的浅い場所ではイワシなどの小魚のスピードをリーリングでいかに演出できるか、そしてどのくらいのレンジまで誘うのかが重要となりますので、潮流の速い深場では確実な底取りと底切り(タッチ&ゴー)、根掛かりを回避しながら丁寧なリトリーブを心がけます。また、それを実現できる性能を備えたタックルのセレクトがポイントとなります。

タックルは浅場用として『ゲーム炎月』の乗せ調子「B610M-S」にリールは『炎月100HG』を組み合わせ、速巻き時によく起こる突然の強いバイトに備えました。深場用にはこの地を想定して作られたとも言える『ゲーム炎月』の「B77M-S」に重い鯛ラバをパワフルに巻き上げられるよう『グラップラー300HG』を組み合わせました。

鯛ラバについては、浅場用にタングステン素材の『炎月 十五夜』の70gに、最近のお気に入りで細いボリュームでシルエットは長めの『炎月 鯛ラバカスタムネクタイ メビウスカーリー』の縦切り細カーリー(縦に細くカットしたもの)のオレンジゴールドとウロコゴールドの2本掛け、レッドとウロコゴールドの2本掛けを準備しました。深場用には松山沖で実績の高い集魚ネクタイ『イイダコベイビー』+『イカタコカーリー』のコンビネーションを『タイガーバクバク』の150gにセット。どんな潮流にも対応できるウエイトを選びました。

タックルデータ

リール:炎月 100HG、100PG
ロッド:GAME炎月 B77M-S、B610ML-S
ライン:タナトル 8
リーダー:炎月 真鯛LEADER EXフロロ 4号
鯛ラバ:炎月 タイガーバクバク 100〜120g、炎月 十五夜 70〜90g
カスタムパーツ:集魚ネクタイ イイダコベイビー、イカタコカーリー、鯛ラバカスタムネクタイ、メビウスカーリー

 

  • GAME炎月
    【ロッド】GAME炎月

    現時点でシマノが提案する鯛ラバゲームの形をすべて網羅。ブレのない等速巻き、乗せ調子という王道スタイルはもちろん、積極的に掛けていくアグレッシブなスタイル、潮流・ディープレンジ・ドテラ流しなど、考えられるすべての釣法に専用設計をラインナップ。今回メインで使用したモデルは、「B610M-S」と「B77M-S」の2機種。「B610M-S」はワイドに対応する万能型ロッドで、真鯛の大小を問わず、水深や潮の変化にも自在に適応する乗せ調子モデル。ロングモデルの「B77M-S」はしなやかなソリッドティップが乗せ調子として機能し、強靭なバットで掛けてパワフルなファイトを堪能できる。
    本体価格は「B610M-S」が38,000円、「B77M-S」が39,000円

  • グラップラー
    【リール】グラップラー

    マイクロモジュールギア搭載の高剛性・高耐久でディープの鯛ラバにも対応するロープロジギングリール。剛性に優れる「HAGANEボディ」に「X-SHIP」、「マイクロモジュールギア」「エキサイティングサウンド」など先進の機構を搭載し、70mmのハンドルには「CI4+」のラウンドノブを採用。PE3号-250mの大容量、ギア比6.2の巻き上げは使い手やスタイルを選ばず、ディープの鯛ラバやライトジギング、スロー系ジギングと幅広く対応。
    「300HG」と「301HG」をラインナップ。ギア比6.2、自重325g、PE糸巻量2号-380m、最大巻上長84㎝、本体価格は34,000円

  •  【鯛ラバ】炎月 タイガーバクバク

    使いやすさを追求した遊動式鯛ラバ。炎月の初代鯛ラバ『満月TG』を参考に素材を鉛に変更。両サイドのフラット面はそのままに、シェイプを細く絞り込むことで安定した泳ぎを実現。独自の遊動用スルスルパーツはネクタイ交換が簡単に行える。
    ウエイトは30g、45g、60g、80g、100g、120g、150g、200g、本体価格は1,120〜1,490円

松山沖の必釣パターンはこれだ!

細くて長いネクタイに好反応

7月17日、松山沖へ釣行しました。船長に「水深の比較的浅い砂地ではイワシなどの小魚を真鯛がかなり上層まで追い、深場では岩礁絡みの場所でボリュームのある大きな鯛ラバに反応する」という情報をいただきました。そこで、比較的浅いエリアではイワシなどの小魚に似た細身のシルエットの鯛ラバ、深場ではイカやタコなどのシルエット、ボリュームを増やしたタイプで組み立てることにしました。

探るレンジも比較的浅い場所ではエサに合わせて幅広く、深場では底重視で、ポイントによって攻め方を変える必要があると予想しました。前日は喰いが悪く厳しかったそうで、朝から気合いを入れて釣らなくてはと考えていました。

スタートしてしばらくするとアタリが出ましたが乗らなかったので、釣れた人の鯛ラバを参考にシルエットを細くしました。さらにヘッドを『炎月 十五夜』に変更して、前述した比較的浅場で小魚を追う真鯛を意識した釣りを展開しました。

 

1匹目は着底後、20回ほど巻いたところで微妙な違和感があり、さらに巻き続けて乗りました。2匹目も鯛ラバは同じで『炎月 鯛ラバカスタムネクタイ メビウスカーリー』のオレンジを細くカットしてシルエットを抑えたものに反応しました。

3匹目は少し深い場所で、鯛ラバは『タイガーバクバク』のヘッドを用いてキャッチしました。このときはバイトマーカー等の役割として集魚ネクタイの『ノレソレ』をカットしたものをフックに刺し、底から7mほど巻いたところでアタりました。

その後は比較的浅場がメインとなり、『炎月 十五夜』+縦に細くカットした『炎月 鯛ラバカスタムネクタイ メビウスカーリー』の組み合わせに好反応。ポイントによって巻き回数を調節しながら釣りましたが、速巻きによく反応してトータルで7枚の真鯛を手にしました。

当日は7枚の真鯛を攻略

深場ではこんなパターンでヒットさせた

松山沖のおすすめアイテム

今回の釣行で活躍したのが細く長いネクタイで、とくに比較的浅い砂地などを釣る場合は『炎月 鯛ラバカスタムネクタイ メビウスカーリー』を縦にカットしたものがおすすめです。

台紙があるのでカットしやすく、先端から形状に沿って半分の太さになるように切ってください。台紙から外すときは真ん中から端に向けてゆっくり切れないように剥がしてください。

深場の根周りなどを釣る場合は、松山沖で高い実績を誇る集魚ネクタイの『イイダコベイビー』は欠かせません。『イカタコカーリー』との組み合わせは絡みなどのトラブルなども起こりにくくておすすめです。まず、シマノ『スルスルパーツ』に『イカタコカーリー』をセットして、『イイダコベイビー』に挿入して使ってみてください。

 

  • 『炎月 鯛ラバカスタムネクタイ メビウスカーリー』はこのように縦方向に半分の太さにカット

  • 台紙から外すときは真ん中から端に向かってゆっくりと

 

 

快調!ロッドが気持ちよく絞り込まれる 今回の釣行では数釣りを堪能!魅力的な松山沖で鯛ラバ存分に楽しもう!