ブリームのトップゲームは何回もチェイス&バイトを繰り返すエキサイティングな釣り

使いやすいサイジングのマグネット式重心移動ペンシルベイト

全長75mmでどのフィールドでも使いやすく、キャスト時は後方重心でしっかり飛距離を稼ぎ、アクション時はマグネットでウェイトが固定されるため安定したドッグウォークを簡単に演出できる。また、大きなルアーで出ないときも、このコンパクトシルエットが武器になる。

ACTION
ステイを入れると見切られる!常にアクションさせ続けることが重要

ペンシルベイトのアクションは連続したドッグウォークが基本。ラインスラックを作りながらロッドティップをチョンチョンチョンと動かしてルアーを動かすのがコツ。リズムは比較的早めでOKだ。警戒心の高いブリームは、ステイは見切られる原因になるので注意。

デイのブリームゲームの定番ルアーがペンシルベイト。ブリームペンシル75Fは、小場所から大場所まで使える万能的モデルで、高いコストパフォーマンスも魅力だ。

  • ブリームは警戒心の強い魚。ルアーを止めると見切られる可能性が高いのでステイは入れず、常に動かし続けることが大事だ。

  • ブリームペンシル75Fはマグネット式重心移動。アクション時に中のウェイトが不用意に暴れすぎないので、安定した連続アクションを決めることができる。

 

ロッドはティップがしなやかなモデルの方が操作が楽

– 激しく水面を割るトップでのブリームゲームはとてもエキサイティングで、一度味わえば誰でもこの釣りに魅了されてしまうはず。そんなブリームのトップ用ルアーとしてまず使ってほしいのがブリームペンシル75Fだ。
「小規模な河川から広い河口域まで、どこでも使いやすいサイズですね。ペンシルベイトはアクションさせ続ける釣りなので、マグネット式重心移動のほうが動きのレスポンスが上がっていいんです」

– ステイは入れないことがこの釣りの重要な要素だ。
「止めると見切られてしまうので、常に動かし続けること。ルアーではなく、ラインを動かすイメージでアクションさせるといいでしょう。ロッドは、ティップがしなやかなモデルの方が使いやすいですね。また、ブリームがチェイスしてきたり、バイトしてきてもアクションを止めないこと。ミスバイトしても動かし続ければ何度もバイトしてきますよ」

– トップウォーターによるブリームのデイゲームは、実は釣れるシーズンが長い。
「ベイトがいれば、朝夕関係なくいつでも釣れるチャンスがあります。夏はもちろん、春でも秋でも、水温が多少低くても釣れる可能性はありますよ。ペンシルベイトは特に食性に訴えかける釣り。ポイントにベイトフィッシュが入れば、ブリームペンシル75Fをチョイスしてみてください」

  • ドッグウォークはロッドのティップのみを動かして、うまくラインスラックを作りながらアクションさせる。少しコツがいるので、できるようになるまで現場で練習あるのみ。

  • 比較的ライトなタックルを使ってブリームのパワフルな引きを楽しむ。このエキサイティングなファイトもブリームゲームの魅力だ。バレやすいので強引なファイトは禁物。

 

– ベイトがリンクして入れば、水温が低い時期でもトップで狙うことができる。
「春から秋をメインに、12月でも水面に出ることがありますよ」

高活性なら動の釣り、低活性なら静の釣りでオールシーズン対応可能

ブリームゲームにオフシーズンをなくす動の釣りと静の釣り

ボトムのワーミングを「動の釣り」と「静の釣り」と明確に分けることで、ハイシーズンでも低水温期でも、一年を通してブリームゲームを楽しむことが可能になった。この2種類はルアーもアクションも当然異なる。

 

MCヘッドとMCハゼの組み合わせ。甲殻類や貝類を捕食していないシーズンは、このベイトフィッシュシルエットが効いてくる。

ベイトを捕食しているときはMCハゼの小魚シルエットで

ボトムをズル引きし続ける動の釣りにはMCヘッドを使用。ワームにはハゼをイミテートしたMCハゼをセット。ズル引きすることでシャッドテールが動いてアピールする。夏場などは特にハゼを捕食していることが多いのでぜひ試してみよう。

ACTION
ボトムを離さないように、リーリングでズル引きしてくる

着底させたらあとはボトムを取りながらリーリングでズル引きしてくる。ボトムから離れないように、一定のスピードで巻いてくるのがコツだ。ボトムのゴツゴツした感触を感じながら巻いてこよう。ここでもステイを入れないのが重要。

ボトムの質でMCヘッドの向きを使い分ける

MCヘッドはボトムの質に合わせた2種類の使い方が可能で、根掛かりが少ない砂地で使う場合は接地面の広い面を前に、ハードボトムで使い場合はすり抜け性能の高い尖った方を前にして使う。


 

高浮力素材なのでワームが起き上がってブリームにアピール。フックも持ち上がるため根掛かりが少なく、ボトムを効率よく探っていくことができる。

ボトムで立ってアピールするひと口サイズのブリームピッチャー

ボトムで止めて誘う場合はネガカリノタテをチョイス。ワームにはコンパクトシルエットのブリームピッチャー。ステイ時に大きく爪を動かしてアピールする。ひと口サイズなので、よりシビアな状況にも対応できる。

ACTION
静の釣りはズル引き&ステイ。止める時間は2〜3秒を基準に

ボトムを取ったら、ロッド1本分引いてステイを繰り返す。ステイの時間は2〜3秒を基準に、その日の状況を見て喰わないようなら5秒、10秒と長くしていく。ステイ時はロッドを45度ほどの角度に保っておくとバイトを感じやすい。

ボトムゲームを使いこなせばブリームにオフシーズンはない

– 嶋田さんが確立したブリームのボトム攻略における動の釣りと静の釣り。この釣りを今一度おさらいしよう。
「動の釣りは、水温の高い高活性の時期のパターンで、ボトムにルアーを当てながら巻いてくる釣り。リトリーブスピードはその日の状況に合わせて、いろいろ試して当たりの速さを見つけましょう。新たにMCハゼが加わって、貝や甲殻類以外に、ベイトを捕食しているシーンでも対応可能になりました。夏~秋はハゼ類を捕食していることも多いですからね」

– 一方で静の釣りはステイを入れてバイトを誘う釣り。
「こちらは主に冬場の低水温期の釣りです。ステイは2〜3秒を基準に、長いときは10秒ほど止めることも。バイトはステイ中に、コンと出ますよ。なので、ステイ時もラインは緩めすぎないように。
ネガカリノタテはゴミ等を拾いにくいし、藻もほとんど引っかからないので快適にボトムを攻められます。ブリームピッチャーはコンパクトで食べやすいひと口サイズですが、その分パーツを大きくしてアピールを上げています。ステイ時もボトムでワームが起き上がって、ちょっとの水流でもパーツがヒラヒラ動いてアクションしてくれますよ」

多くのターゲットがオフシーズンとなる冬場も、静の釣りならブリームとの熱いゲームが楽しめる。

ブリームゲームはデイでもナイトでも身近&手軽に楽しめる釣り

短時間で気軽に楽しめるのがブリームゲームの魅力

ブリームゲームは肩肘張らずに気軽に楽しむのが嶋田さんのスタイル。ブリームの釣りは決して難しくはない。コツをつかめば誰でもバイトが多く拾える手軽で楽しいゲームだ。

  • ベイトがいて潮流がしっかり効いていればデイゲームでもボトムのワーミングの釣りは有効。水深、流れ、ベイト、タイミング、すべてが揃えば、デイゲームでもこの釣りを試してみよう。

  • 狙うのはブレイクや船の航路、潮目が出ている場所など。地形変化や流れの変化をうまく見つけながら釣りを展開していこう。トップウォーターに出ない状況ならワームを試すのも手。

デイ・ナイト、夏でも冬でも関係なく楽しめるのがブリームゲーム

– ワームでのボトムの釣りは基本的にナイトゲームがメインとなるが、状況に応じてデイゲームでも使う場面が出てくる。トップウォーターにまったく反応がない場合や、沖のブレイクなど深い場所にいる場合はボトムの釣りを試してみよう。
「デイでもアクションは同じです。動の釣りならボトムを取って巻いてくるだけ。やはりヘドロの場所は釣れないので、ボトムがゴツゴツしている場所を狙いましょう。また、秋は貝類や甲殻類よりは、ハゼなどのベイトフィッシュを食べていることが多い印象です。なので、動の釣りMCヘッド+MCハゼの組み合わせが効果的です。デイの場合はブレイクや船の航路、潮流が聞いているスポットが狙い所になります。水深、流れ、ベイト、タイミングなど、条件が整えば、すぐに釣果が出てくれるはずですよ」

クロダイ、キビレを狙うブリームゲームは決して難しいものではない。水面でのエキサイティングなトップウォーターの釣り、ハイシーズンはもちろん、低水温期でもバイトを引き出すワーミングの釣りを覚えれば、一年中狙えるターゲットなのだ。

タックルデータ

「軽さは正義。リールが軽いことはすべてにおいてアドバンテージになる」

– さらなる軽量化が施されたNEWヴァンキッシュはブリームゲームにおいても大きなアドバンテージになってくれる。
「軽くなったことでリールの感度が上がって、リーリングが軽い。ルアーの正確なボトムトレースも可能になるので、より精度の高い釣りが可能になりますね」

 

ロッド:ブレニアスS708L

リール:NEWヴァンキッシュC2500SHG

ライン:PEライン 0.8号

リーダー:エクスセンスリーダーEXフロロ 16lb

 

WEB LURE X MOVIEオールシーズン対応! トップ&ボトムで狙うブリームゲーム ~嶋田仁正編~