最高峰のロッドが欲しい

高まる期待に応えます!

こんにちは。堀田光哉です。
イベントや現場で実にたくさんのお声掛けや問い合わせをいただきます。このロッドに触れないわけには行かないでしょう(笑)。そう、NESSA LIMITEDです!

その注目度たるや、近年珍しいほどだと感じています。サーフフィッシングが広がり、とても多くの方々が楽しまれているという裏返しなんですね。そんな状況では誰しもが、現在よりももっと優れたタックルを使いたい、という欲求に駆られます。

欲求にはいろんな要素が入り混じっていますよね。道具である限り、使用感の大幅な向上はもちろんですが、加えて所有感を満たす高価なロッドが欲しいという欲求もあれば、優れたデザインを求める人もいるわけです。だからこそ、全部の要素を盛り込んだロッドがサーフフィッシングロッドの最高峰であり、それがNESSA LIMITEDなのですね。

どんなロッドなのか

素直な感想です

技術的なことは製品紹介のページに掲載されているので、そちらをご覧ください。
ここでは素直な感想や使用感を書きます。

NESSAシリーズのロッドなので、基本路線は踏襲しています。3ピースの並継ぎ構造は変わりません。調子的には従来のNESSAの延長線上を予感させますが、LIMITEDはもう別物です。各自の主観(好み)を別にすれば、誰もが、持って驚き、投げて驚き、使って驚く、という意味が良くわかると思います。実際に試投会を何度か開催していますが、多くのアングラーが別物という感想を持たれます。

すでにNESSAシリーズのロッドをお持ちの方でも同意見ですね。
言葉にすると、持って軽く、少ない力で軽く振り切れ、操作しやすく、感度に優れている。残念ながら、これらの言葉は使い古されています。なかなか伝わらないのがもどかしいのですが、使ってみれば、その言葉の真の意味を理解できると思います。本当にいい竿ですよ。

使用者の意見はどうなのか

試投会での意見

具体例を挙げてみましょう。
試投会を行うとわかるのですが、さすがに皆さん、借り物のNESSA LIMITEDで投げるとなると、1投目は慎重に、いきなりフルキャストせず、軽く投げます。もうその時点で顔の表情が変化しますね。思った以上に飛距離が出ているのです。しかも振った感じが軽すぎることにも驚くのです。それでいて硬い調子でないことに気づくのですね。竿をしっかり曲げてキャストできているのです。

ある意味、何度か投げないと違いがわからないのは、比較する物に対し、あまり違わないということでもあります。
その点、NESSA LIMITEDはわずか1投で、誰でも違いがわかります。もちろん、その違いは驚きなのです。その後は察しの通り、皆さん、1投目の感覚を確認するかのようにフルキャストを始めます。当然、想像以上にルアーは彼方へぶっ飛んで行きます。何度投げても、安定して遠くまでルアーが飛んで行くのですね。

驚きはまだまだ続く

再現性のある検証で

試投会では、ルアーの挙動や強弱を感じてみて!とか、フルキャストしてから遠くの着底を感じてみて!とお願いしています。魚のアタリを明確に感じられるのと感度が良いとされていますが、それは再現性がないものであり、感じられたからと言って高感度とは限りませんよね。感度に関しては再現性のあるもので判断しなければ、ただの主観になってしまいます。感度は感じ方に個人差があるので一概には言えませんが、多くの方は再現性のある方法で確認してもらうと、今まで以上にハッキリとルアーの挙動や着底感を感じられるとの感想を話してくれます。

ルアーの操作も簡単ですね。ロッドティップが軽く、竿を動かす動作が非常に軽くてラクです。時に90m、100m以上の距離にあるルアーを操作しますから、その抵抗たるやかなり大きいです。それが少ない負担で簡単にできるのですね。

とまあ、とくにNESSA以外のロッドを普段使っているアングラーは、軒並み驚愕の表情を浮かべます。これは一般アングラーよりもロッドをよく知る釣具店店員さんでも同じです。何十人もの店員さんに実際に使っていただいての結果ですよ。

これ以上は長くなるので、次回に回し、そろそろ今回は終わりにします。

 

従来とはまるで別物。驚きに満ちたサーフロッドこそ熱砂リミテッド