釣行先はどう決めているのか

釣果優先と興味優先は半々

こんにちは。堀田光哉です。
皆さん、どんな考えで釣行先を決めていますか?

普通は釣れている情報のあるエリアへの釣行が基本ですよね。あるいは、いつも行っているホームグラウンドでしょうか。自分もそれらへ釣行することはありますが、情報の良し悪しに関係なく釣行回数の半分ぐらいは行ってみたいところに行くようにしています。釣れる場所に行って釣れるのは、ある意味で当たり前過ぎますもんね。

否定はしませんし、自分も情報に頼ることはありますが、それだけでは面白くないと考えています。個人的に釣りに限らず旅行でもそうですが、行ったことのない場所への興味は尽きませんし、あそこはどうなんだろう、なんて考えるのが好きなんです。好奇心が旺盛なんですかね(笑)。

興味のあるサーフへ釣行

魅力を感じる初秋のみちのく

向かった先は東北の青森県と岩手県の県境周辺。
この時は初秋ということもあり、まだヒラメシーズンには早いエリアが多く、少しでも水温が低い東北方面での釣りがマストなんですね。このエリアの面白いところは、ヒラメと一緒にアイナメを狙えるサーフがあること。根回りに良型のアイナメが居るとのことです。実は昨年訪れた際、アイナメが爆釣したことがあり、その再来を狙っての釣行でもあります。

ただ結果から言えば、ちょっとタイミングが合わなかったですね。同行してくれた地元アングラーが熱砂スピンブリーズで良型アイナメを釣ったのみ。自分は正体不明のバラシがあっただけでした。

しかし、このサーフは遠浅の砂地に根が点在しており、いかにも釣れそうな雰囲気です。個人的に大好きなタイプのサーフなのですね。だからシーズン中なら、釣果の有無に関係なく、どんどん釣りに行っちゃうんです。

アイナメが不発。ならば

ヒラメ狙いに転じるものの

アイナメ狙いが厳しそうなので、ヒラメ釣りに切り替えて砂だけのサーフへも釣行しました。ベイトが見えなかったために少し掘れた地形のポイントを探ったところ、熱砂メタルドライブに反応がありました。残念ながらドライブシャッドを数カ所引き裂くような歯形が残されていただけでランディングには至りませんでしたが、明確な反応があったことは確かでしたね。その後、熱砂スピンビームを使ってソゲサイズを2枚ヒットさせましたが、期待に反してヒットはこれだけでした。全体的に渋い状況だったようですね。

こういう経験をすると、やっぱり釣れる場所へ行くべきだったと考えがちです。
でもそれは結果論であり、もしここで良い釣りをしていたら考えはガラリと変わります。実際、昨年は楽しい思いをしましたからね。要は条件が合わないときもあるということでしょう。

当地でしか味わえない経験

少ないながらも発見はある

全体的に残念な感じの釣行でしたが、個人的に驚きがありました。
良型アイナメが130ミリのスピンブリーズ(ミノー)にヒットしたことです。住んでいる土地柄、自分はアイナメにほぼ縁がなく、知識もないのですが、ワームで釣るんだろうな的な勝手なイメージを持っていたため、水深1mほどのシャローで中型プラグ(熱砂スピンブリーズ)にヒットしてきたときは本当に驚きました。地元では当たり前のことだと思いますが、アイナメがシャローの根回りに差してくること、中型ミノーで釣れることは、ビジターとしては新鮮な経験でしたね。視野が広がりましたよ。

  • やはりサーフの釣りは良いですね。
    ヒラメを中心にして、様々な魚が釣れます。

    情報に頼らず、興味だけで動くとリスクは大きいですが、意外な発見もありますし、時には思わぬ釣果に恵まれることもあるでしょう。釣況が不安定なタイミングや、シーズン前後などはぜひ興味の向くまま、釣りに出掛けてみてはいかがでしょうか。

 

リスクを取った釣行にも挑んでみたい。新たな世界が待っているかもしれない。