秋も引き続き楽しめるサーフの回遊魚

回遊を掴むことが一番大事

こんにちは。堀田光哉です。
まだまだ残暑厳しい時期ですが、これから秋にかけてのサーフでは、引き続き小型回遊魚が狙えます。

季節が進むほどサイズは大型化し、回遊は不安定になりますが、9月いっぱいならまだまだ高確率で回遊魚の数釣りが楽しめます。とくに台風通過後は一気に活性が高まるために爆釣も珍しくありません。状況によっては本ガツオやキメジ(キハダマグロの若魚)、ハガツオ等も混じり、楽しい釣りが期待できるのですね。その反面、回遊魚という名の通り、岸近くに長く留まってくれるとは限りません。翌日には姿が見えないなんて良くあることです。マメに通って回遊をモノにすることが大事です。

ポイントは黒潮の分流に面した小砂利の急深サーフ。今回は静岡県の駿河湾で釣りを楽しみましたが、お隣の神奈川県西湘海岸や三重県の熊野灘や高知県の土佐湾でも同様の釣りが楽しめます。

チャンスは朝マヅメ以外にも!

ねばって回遊に当てるのが無難

回遊魚狙いというと、朝マヅメがチャンスタイムと思われがちですが、日中でも十分に狙えるのですね。

大切なのは回遊の有無。実際に今回の実釣では朝マヅメが不発で、午前8時前になってようやく回遊が始まりました。それまでは無反応の海に黙々とキャストしていたのですね。

急深サーフの回遊魚狙いでは、有力な情報がない限り、釣れないからとさっさと移動するより、2〜3時間は決め撃ちして回遊を待ちたいものです。潮が流れ出したり、止まったりするタイミングは逃せませんし、潮目が接岸するようなら、根気よくキャストを続けたいものです。

もちろん魚やベイトの姿が見えれば、そこへ移動するのは言うまでもありません。実釣時はナブラやボイルは見えませんでしたが、潮目が幾重にも見え始めた頃から回遊=釣れ始めました。爆釣には至りませんでしたが、飽きない程度に釣れ続けました。

潮色が澄んでいたため表層狙いを徹底し、ソウダガツオと小型シイラを十分な数、釣りましたよ。にごっていればワカシ(ツバス)やショゴが狙えますが、澄み潮ではソウダガツオとシイラがメインになりますね。

ライトなショアジギングで楽しむ

高確率でヒットを得るならメタルジグ

回遊魚はペンシルやポッパーといったプラグでも狙えます。
でも手軽かつ、高確率でのヒットを目指すならメタルジグを使いたいところです。正直なところ、活性の高い群れが接岸している時は、そこまで届けば何を投げても釣れます。問題はそうではない時です。

例えば回遊自体が少なく、数も薄い時ですね。
今回の撮影がまさにそのパターンでした。前項で書いたように粘って、回遊を引き当てたのです。これを根性論で片付けるのは簡単ですが、実は何時間にも渡ってメタルジグを通し続けるために、しっかりとした戦略を持って釣りをしていたのです。

やはり回遊がない中でキャストを続けることは負担になります。
とくに自重のわりにシルエットの大きなメタルジグはキャスト時に大きな負担となります。そこで回遊があるまでは同重量でもシルエットが小さく、キャストやシャクリの負担が小さいコルトスナイパー TGベルサーテを多用したのです。

コルトスナイパー TGベルサーテが活躍

ロッドはNESSAリミテッドを使用

このメタルジグは鉛とタングステンの合体モノです。当然、同重量でもシルエットを鉛のジグよりも小さくできます。
空気抵抗が少ないから、簡単に振り切れるのですね。かといって、タングステンの一体物ではないために、妙な負担や重量感はありません。いつ訪れるかわからない回遊待ちにはジャストフィットでしょう。シルエットも小さめなので、活性がわからない状態の回遊にも合わせられます。とりあえずバイトを得たい時は長い時間使っても負担の少ないベルサーテがベストですね。ヒットがあってからは、状況に合わせて他のメタルジグに交換したいところです。

またロッドは、あえてコルトスナイパーを使わずNESSAリミテッド S104MHを使いました。50g前後までのメタルジグならフルキャストでき、快適に扱えます。パワーがあるのに自重が軽く、体力的な負担が少ないのが選択した理由です。実はNESSAシリーズのMHパワーは、メタルジグを使った釣り(サーフでの)を想定したサーフロッドです。つまり他のショアロッド以上に、ライトなショアジギングに向いているのですね。

 

ライトショアジギの成功は、負担の少なさが勝負の分かれ目だ