キャスティングをマスターして、アプローチの選択肢を増やそう!‒鯛ラバフィッシングにさらなる釣果を!その7‒


鯛ラバフィッシングでは、ラインを垂直に落とす「バーチカル」がスタンダードとされる。しかし、同船している仲間もバーチカルを狙っている場合、鯛が生息していても警戒して釣れないケースも。そこで、今回おすすめしたいのが、竿を振って鯛ラバを投げる「キャスティング」という釣法だ。バーチカルに比べて様々なテクニックを駆使して鯛ラバゲームを愉しめるので、中級以上のアングラーにはぜひ取り入れてみて欲しい。

キャスティングのメリットとは?

一般的にキャスティングのメリットとして、「広範囲を探れる点」や「プレッシャーを抑えられる点」が挙げられる。ドテラ流しのように横方向に広くアピールできるため、広範囲を探りたいときや、水深が浅いシャローエリアを遠くから攻めたいときに有効だ。

加えて、「ライン角度で反応するマダイのバイトを誘うことができる」という点も、キャスティングの大きなメリットといえる。
バーチカルで反応の悪い場合は、キャスティングを試してみるとバイトのチャンスを増やせるだろう。

タックル・鯛ラバ選びのポイント

<タックル>キャスティング向きのリールを用意しよう
一般的に、キャスティングに使うリールは、鯛ラバをキャストしやすい「スピニングリール」が向いている。
シマノ製スピニングリールでは、「C3000」と表記されたリールがお薦め!
価格帯別にラインナップも豊富なので、じっくりと選んでみてほしい。

<鯛ラバ>水深に応じてキャストしやすい重さに調整しよう
キャスティングでは、なるべく遠くにキャストできて、しっかりとフォールさせられる鯛ラバを選ぶ必要がある。そのため、「水深10〜40mは30〜80g」、「40〜70mは60〜150g」というように、まず水深に応じて大まかなウェイトを選び、そこから使いやすい重さを探すと良い。
ただし、潮の流れに対してヘッドが軽すぎると想定外に流されてしまい、他のアングラーの仕掛けと絡んでしまう可能性があるため、状況に応じて重さを調整しよう。

キャスティングを成功に導くコツ2つ

<1>キャスト時の投げ方&ライン処理に気を使うべし
乗合船でキャスティングを行う場合は、アンダーハンドで、潮上に向けてキャストするのが基本だ。オマツリに注意しながら、タラシを長めに取り、振り子のようにキャストしよう。

また、キャスト後は鯛ラバが着水する寸前からサミングを行い、ラインの放出にブレーキをかけることも大切だ。これによって鯛ラバを正しい姿勢で着水・フォールさせられるため、ネクタイの絡みやエビなどのミスを減らせるだろう。

<2>多彩な攻め方でマダイにアピールすべし
巻き方の緩急や落とし方のパターンなど、バーチカルより豊富なアピールを駆使できるのが、キャスティングの魅力だ。

アタリが少ないと感じたら、まずはリトリーブスピードをアレンジして、アピールを変更すると良い。また、ラインにかかるテンションを調整し、フリーフォールとカーブフォールを織り交ぜながら攻めることも有効だ。多彩なアプローチを駆使して、ヒットパターンを見つけよう。

釣り場のマダイの活性が低く、ボトムから動かない場合は、鯛ラバを底から浮かさないように手前に引く「ズル引き」を試してみると釣果につながることがある。
ズル引きを行う際は、「根掛かりが少ない地形であること」、「自分の釣り座が潮下であること」、「マダイが底にべったりであること」を必ず確認し、船長に許可を取ってから行おう。

このように、キャスティングは、バーチカルとは異なるアプローチで、マダイに有効なアピールを行える。バーチカルで反応が悪いときは、キャスティングも選択肢に入れて、さらなる釣果につなげよう。
関連記事