潮流の状態で鯛ラバを選ぼう!【後編:潮が効いているとき】
‒鯛ラバフィッシングにさらなる釣果を!その5‒


その4でも触れたように、鯛ラバ選びのポイントの中でも、潮流は特に変化が起きやすい。
そのため、鯛ラバフィッシングでは常に潮流を意識したアプローチも重要だ。
前編に引き続き後編では、 “潮が効いている”ときの鯛ラバの選び方を紹介する。

●前編記事はこちら
潮流の状態で鯛ラバを選ぼう!【前編:潮が効いていないとき】
‒鯛ラバフィッシングにさらなる釣果を!その4‒

「タイガーバクバク」・「ヒューストンバクバクTGヘッド」でまっすぐ落とす

潮流が0.8~1.5ノット程度と速い状況では、水の抵抗によって自身が思っている以上にラインが流されやすい。そのため、鯛ラバが着底していても気づかず、根がかりなどのトラブルに繋がることも……。そんなときは、「タイガーバクバク」や「ヒューストンバクバクTGヘッド」などの直進安定性が高い鯛ラバヘッドを使うと、着底を感じ取りやすくなる。

さらに両者は性能に違いがあり、「タイガーバクバク」はヘッドが大きめで波動が強く、「ヒューストンバクバクTGヘッド」はナチュラルなアピールで底取りの性能がさらに高いので、状況を見ながら臨機応変に活用すると良いだろう。

また、ネクタイ・スカートは、「メビウスカーリーショート」や「ツインカーリー」のような細いネクタイのみでシンプルにまとめると、速潮でもまっすぐ落としやすくなる。
着底をしっかりと感じ取れるよう鯛ラバをカスタムして、タッチ&ゴーを成功させよう。

このように、釣り場の潮流が速い状況では、「底が取れること」を意識した鯛ラバ選びが重要だ。そのうえで、マダイの活性に応じて鯛ラバを変えながらヒットに繋げていく必要がある。前編の「潮が効いていないとき」もあわせて参考にして、当日の潮の状況に応じたアプローチを選択しよう。

関連記事