デッドスローの巻き速度で大ダイを誘う!エキスパートたちのフォールタイラバ攻略法

本連載で明らかにされたフォールタイラバのメソッドとタックルは、鯛ラバゲームの新たな方向性として大きな反響となっている。今回は、徳島県鳴門で行なわれた釣行の様子をレポートしよう。激シブが予想された条件のなか、チーム炎月のワザは火を噴くのか?

前半はこちら

苦戦しながらパターンを構築 60cm後半の大ダイもヒット!

さて。誰よりも早くアタリを取っていながら2人に先を越されてしまった湯川だが、赤澤のヒットからさほど時間をおかずに待望のマダイをキャッチすることに成功。赤澤のマダイと比べると顔ほどしかない小型だが、それでも前回の釣果は上回っているらしく「目標達成!」とハイテンション。満面の笑顔で赤澤との2ショットに収まったときには、この後に起こることを誰も知らなかった。

この1尾を機にアタリも途絶え、ポイントを大移動した一行は、次のポイントでもすぐにアタリを出す。しかしこれはタチウオ。群れでいたのか、赤澤、湯川、折本の順に連続で取り込んだ。

ここまで100m、80m、60m、80mと探ってきたが、11時、移動した先でまたしてもタチウオが喰ってきたため、再び90m台へとレンジを下げる。ここで一からパターンを探り直した結果、どうやらデッドスローの巻き速度にマダイが反応しているという結論に。
その感触を持ったまま108mラインまで探っていくと、赤澤のフラットバクバクにバイトが来た。これは軽い根掛かりを外した瞬間に喰ってきたということで、赤澤は「根がきつそうなので15mくらい巻いたほうがいいかも」と全員に伝達。言っているそばから湯川のロッドが絞り込まれた。
「フォールで喰っていたのか、巻きはじめたらもう掛かっていた感じ。赤澤のアドバイスを聞いた直後だったので根掛かりかと思った」と湯川。上がってきたのは68cm、4kgの今日一サイズ!本人が一瞬根掛かりと勘違いしたのも頷ける大ダイだった。「やっぱりこの男が…」というのは、チーム炎月のエキスパートのみならず、我々取材陣も含めた全員の感想だったに違いない。

ところで、この一連の流れのなかで、1人沈黙を続けていたのが庄山だ。庄山は最初に宣言した通り、徹頭徹尾、普段九州でやっている自分の釣りを通していた。それは地形と潮を読み、マダイの定位するポジションを推理して鯛ラバを当てていくという緻密なゲーム。慣れない釣り場でそれをやるのはリスクもあるが、そのプロセス自体を愉しむのが彼のスタイルなのだ。
前述の通り当日は天候不順による短時間の釣りで、完全に状況を把握するには時間が足りなかったが、それでも自ら得意とする速めのリトリーブでアタリを出し続け、小ぶりながら2枚のマダイをキャッチした。

「僕の釣りは基本通りのことを丁寧にやり続けること」という庄山の鯛ラバゲームは、あれこれ迷わず信じる釣りをやり通すことに真価がある。数でもサイズでもなく、自分の求める1尾との出会いを大切にする庄山の思考は、ある意味ゲームフィッシングの本質を深く捉えていると言えるだろう。
ということで、終わってみれば4人のアングラーがそれぞれのスタイルで結果を出したこの日の釣行。海況が安定せず、決まったパターンでヒットが続くシーンはあまりなかったが、出船する前から厳しいと分かっていたこの条件下で大ダイ2枚を含む釣果を挙げられたのは、船長のアドバイスに探見丸、炎月プレミアムから得られる情報を加味して探り続けたからこそ。
そしてやっぱり、湯川マサタカは“持って”いた。

<使用タックル>

※ラインは炎月G5PE0.8~1号に炎月真鯛リーダーEXフロロ3号~4号を結節