細かなルアーチェンジが大ダイを呼び込む! 赤澤康弘×阪本智子、フォールタイラバ実践テクニック

九頭竜川の河口から越前岬、敦賀湾へと続く海岸線はシーバス、青物、アオリイカなど様々な魚を狙える一級釣場。今回はその一角、三国沖で赤澤康弘と阪本智子が大型のマダイにチャレンジした。キューマルも夢ではないという大ダイの宝庫で、チーム炎月のワザは炸裂するのか!?

チーム炎月に初の女性メンバーが登場!

毎回チーム炎月のメンバーを取材し、各人各様の理論と釣りスタイルを紹介している当連載。折本隆由による日立沖のシャロー攻略、赤澤康弘のキャスティング理論、そうそうたるメンバーが集結してのフォールタイラバの検証と、実戦的かつマニアックなテーマを掘り下げてきた。今回は、チーム炎月初の女性メンバー、阪本智子の登場である。

阪本はいまさら紹介の必要もないほどよく知られた存在。テレビや雑誌をはじめとした媒体で数々の釣りに挑戦し、行く先々で見事な成果を挙げているのは読者諸氏もご存知の通りだ。明るいキャラクターとは裏腹に、釣りの現場で見せる根性は男性も顔負け。それでいてマニアックになり過ぎず、自由な発想を忘れていないところも魅力である。

鯛ラバに関しては、爆風・激荒れの響灘にチャレンジし、大ダイを含む5目を達成したことが記憶に新しい。その後、公私ともに鯛ラバの釣行を重ねてチーム炎月に加わったわけだが、阪本自身は鯛ラバゲームをどのように捉えているのだろうか。
「鯛ラバについては、最初はホントにただリールを巻くだけで何も分かっていなかったんですけど、何回も釣行するうちにいろいろ工夫する余裕も出てきて、いまは自分なりにあれこれ考えながら愉しんでやっています。チーム炎月に入れていただいたことは嬉しいですし、先輩方のアドバイスを聞いてもっと愉しめるようになりたいですね」

はじめは言われるがままにリールを巻くだけだったが、ヘッドやネクタイを換えてアタリを取ったり、巻きスピードの違いでマダイの反応が異なったりという体験を繰り返すうちに、能動的な愉しみに目覚めた、と阪本。早い段階で十分な釣果が上がったある日の釣行では、いたずら心からバナナの皮!を切ってネクタイ代わりに使用。見事にマダイを釣り上げたという。
こんな遊び心が次の釣りのヒントになることは珍しくない。彼女の存在が鯛ラバの世界に、新しい風を吹き込んでくれることを期待しよう。
そんな阪本のチーム炎月デビュー戦は、4月中旬、福井県三国の『シーライオン』(水口信之船長)で行うことに決定。今回のサポート役でもある赤澤康弘がリサーチにリサーチを重ねて白羽の矢を立てた越前の海は、噂に聞いていた以上の爆発力を見せてくれた。

フラットバクバク80gでホウボウをキャッチ

取材当日、港に着いてひしひしと感じたのは、水口船長の「とにかくお客さんに愉しんでもらいたい」という熱い想い。それは桟橋や船内がきちんと整理され、隅々まできれいに清掃されていることからも伝わってきたが、それだけでなく、船長は到着したお客さん一人一人に声を掛け、いよいよ出船という時刻になると乗船者全員を集めて簡単なミーティングを開始した。
そこでは直近の状況や釣り方のアドバイスだけでなく、釣り座の決め方、さらには「女性客も数名いらっしゃるのでトイレはきれいに使ってくださいね」という心配りまでを確認。船長を含め、全員が顔合わせを行うことで船中の一体感も生まれ、これから始まる一日を安心して愉しむことが出来そうだ。
さてその釣況だが、季節的には産卵の直前というベストタイミングで、水深30m~100mと広い範囲で大型のマダイが上がっている状態。ベイトは主に小サバ、ムギイカ、ホタルイカが喰われている。ただしここ数日はシャローの反応があまり良くないとのことで、まずは深い側を中心にチェックを開始した。最初のポイントは75mである。

「船を風に乗せて流します。鯛ラバは底を3回取れるくらいのウェイトを選んでください。いまだと100gでいいと思います」と船長。反応はポイントごとにボトムから中層までまんべんなく出るが、船長はその都度、狙うべきタナやマダイの動きを実況してくれた。
一通りのアナウンスを聞いた阪本と赤澤は、フラットバクバクの120gからスタート。赤澤はオレンジのヘッド、阪本は赤のヘッドで、トレーラーワームなしのスタンダードなセッティングだ。

一般に鯛ラバでアタリが出るパターンは、フォーリング、着底からのタッチアップ、底からの巻き上げなど様々。ここ越前も例外ではないが、特徴的なのはその上げ幅だ。ほかに比べてかなり上まで巻くのが普通で、下から40mまで巻くこともあるという。この日はとりあえず、最低でも20mを目安に巻上げてください、との指示が出た。
「上まで巻くのは、もちろんそこで喰ってくるということもありますが、できるだけ高いところから落としてフォールでアピールするという狙いもあります」と船長。それだけフォールの重要性が高いということ。とくに、クラゲ層と呼ばれる中層の反応に着いた大型のマダイはその傾向が強いそう。要は、上から下まで気を抜けない海域なのだ。
また、ヒットするマダイのアベレージが大きいこともこの釣り場の特徴。この後の記述にも出てくるが、船中で誰かの竿に魚が掛かると、船長や周りのアングラーが真っ先に聞くのが「リールは巻ける?」ということ。つまりヒットするマダイはすべて大型であり、「巻けない」ことがマダイの証。逆に言うと、普通にリールを巻けるようなサイズのマダイは釣れないということだ。
 

その証拠にこの日、船中で上がったマダイはほぼ60cm以上。しかも産卵を控えた今だけ大型が集結しているのではなく、これがアベレージだというから驚きだ。
そよそよと風が吹くなか、阪本はフォール5、巻き4~5と速めの誘いでチェックを開始。いっぽう赤澤はフォール2、巻き2~3とややスローな誘いを試していく。この情報をオープンにすることでヒットパターンをいち早く探り当てるのも、フォールタイラバの活用法のひとつなのである。この日はまず阪本の速巻きにアタリが出るも乗らず。同じタイミングで同船者にヒットしたのはマフグだった。
30分ほど流したところで、2人はヘッドを80gにチェンジ。「100gで十分に底が取れるので、思い切って軽くしてみます」と赤澤。海面がベタ凪なので、少し先へ流すことでプレッシャーを軽減する狙いもありそうだ。
これが功を奏したか、阪本がこの日の初ヒットを得る。断続的に竿先を叩く引きは本命を期待させたが、上がってきたのは丸々と太った45cmほどのホウボウ。これはこれでいい魚だ。口からは甲殻類とも魚とも見える、ボリューミーなベイトがはみ出ていた。

「フォールも巻きも3にしてみたら、ボトムで喰ってきました」と阪本。鯛ラバはフラットバクバクの80gで、ネクタイもヘッドもオレンジだった。
このヒットを境に魚の活性が上がったのか、それからしばらくすると左舷で2kgほどのマダイがヒット。続けて右の大ドモで釣っていた女性アングラーに78cmの大ダイが来た。一見するとベタ凪で釣りにくい雰囲気だが、潮が十分に効いているためか、マダイの活性は悪くない。
赤澤は一流しごとにネクタイを換えたり、フックにバクバクトレーラーを付けたりと試行錯誤。そのたびにアタリをもらうのだが、もうひとつ乗せきれない。船中では本命、他魚問わずにポツポツと釣れているが、どうやらヒットルアーは総じてシルエットの小さなもののようだ。それを見た赤澤と阪本は、ヘッドをタイガーバクバクに付け替える。

<阪本智子・赤澤康弘使用タックル>