日立沖のシャローエリアがモデルフィールド!キャストで攻め抜く、折本隆由流!横方向の鯛ラバゲーム

キャストで攻め抜く、折本隆由流!横方向の鯛ラバゲーム

常磐沖から外房沖をホームグラウンドに、
一つテンヤと同船で楽しむ釣りをメインスタイルにする折本隆由さん。
同フィールドでの秋シーズンは、鯛ラバが威力を発揮する
シャローエリアのキャスティングゲームが楽しめる。
ここでは茨城県日立沖をモデルフィールドに、
横方向の鯛ラバゲーム、その全体像を紹介する。

一つテンヤと同船で楽しむ折本流の鯛ラバゲーム

折本隆由さんさんの鯛ラバゲーム、ホームグラウンドは関東エリアだ。このエリアに鯛ラバ専門の乗合船は多くはない。そこで折本さんが利用しやすい形態としておすすめするのが、常磐沖や九十九里沖、外房沖で数多くみられる、一つテンヤの看板を掲げる船に同船して楽しむスタイルだ。これなら誰でも思い立ったときに、鯛ラバゲームが楽しめる、というわけだ。

「僕は鯛ラバをマダイを釣るためのひとつの手段と考えています。関東では一つテンヤと二刀流で楽しむスタイルはポピュラー。状況に応じてそれぞれの出しどころをアングラーが選び、結果につなげていく、という考え方です。エサとルアーの間に壁はない。ゲームをするなかでベストなアイテム、釣り方をセレクトするのが僕の基本スタイルです。
ただ、注意点がひとつ。一つテンヤ船で鯛ラバゲームを楽しむ場合には、鯛ラバ使用がOKかどうか、予約時などに確認してください」

一つテンヤを看板にする船を利用する以上、一つテンヤを楽しむ釣り人との関係性は無視できない。
「一つテンヤは点の釣り、鯛ラバは横方向の釣りと考えると分かりやすい。真下を釣る一つテンヤと同じ舞台、同じ釣り方で勝負しない、というのが原則です」

手堅い釣果をもたらしてくれる一つテンヤだが、鯛ラバが有利なケースもある。具体的には深場を狙うときや潮の流れが速いとき。水深が浅いため横方向に釣りを展開したいとき、などだ。

常磐、九十九里、外房沖の秋シーズンは、数、型ともに楽しめる。2ケタ釣果を目標にできる、そんな数釣りシーズンでもある。浅場を釣ることが多い関東エリアの秋シーズンは、積極的に鯛ラバをキャストして広範囲に攻めていく釣りが有効でもある。

ここでは秋のシャローエリアでの釣りを想定した、茨城県日立沖での実釣を紹介する。今秋、折本さんが期待しているのが、「炎月 タイガーバクバク」ライトウエイトモデル。人気シリーズに30gと45gといったキャスティングゲームに使いやすい軽量アイテムがラインナップされているのだ。折本さんはこの30gと45gを中心に、既存ウエイトを織り交ぜ、攻めの鯛ラバゲームを展開していった。

船の流し方に対応して、釣り方やタックルを選択

お世話になったのは日立久慈港「大貫丸」。全体的に釣果が伸び悩む夏の関東エリアにあって、好釣果が目立っていた船だ。

「日立沖は外房の大原沖などに比べると、魚が動くイメージがあります。タイミングが合うと大ダイが連発することもあり、サイズ、数ともに期待できますね」

日立久慈港から北上すること約50分。水深10 m強の浅場からスタートした。折本さん愛用の「探見丸」には、ボトムから浮いたベイトフィッシュの群れが映し出されていた。大貫翔平船長によればシラスの可能性が高い、という。イワシサイズであれば理想的だったが…。

多彩なウエイトラインナップを誇る「炎月 タイガーバクバク」。その選択術に絶対的な基準は存在しないと折本さん。
「水深は大きなセレクト基準。でも、潮流の速さや風の強さ、船の流し方などの要素も考慮して、微調整が必要です」

水深10〜40mでは30〜80g、40〜70mでは60〜150g。この間で、使いやすいウエイトを選択していくのが基本だ。
「いま釣っている水深は10mちょっとと浅いですが、ここを45gのヘッドとカーリータイプのネクタイを使って、横方向に攻めるイメージで釣っています。水深が浅く、あまり潮の流れもない状況なので、もう少し軽いヘッドにしてもいいところですが、飛距離を重視して45gを使っています。アンダーハンドキャストでの飛距離や、とくに乗合船での一つテンヤの釣り人とのオマツリを考えると、軽ければ軽いほど良い、とは言えません」

取材日は、終始、風と潮の流れともに弱く、ドテラでの流しとなった。
「速めのスピードの流しとなることが多いドテラ流しでは、水深次第で真下を釣っていくのも手。でも、パラシュートアンカーを入れる状況では、どんどんキャストをしていくべきだと思います。水深、潮の流れ、風によって船の流し方をさまざまに変える一つテンヤの船では、流し方によって釣り方を変えていくのが重要。どんな状況にも対応できるよう、僕はいつも30gから150gまでのヘッドを持参しています」

ヘッドカラーのセレクトはどうだろう?
「ヘッドのカラーよりヘッドの大きさやシルエットを気にしていますね。タイガーバクバクのヘッドは鉛なのにシルエットが小さく見えるのが良い。ネクタイやラバーに関しても、オレンジ、赤、グリーンといった基本色を中心に、そのときどきでマダイにお伺いを立てていきます」

アタリは非常に多い。キャストごとに当たってくる状況だ。しかし、いわゆるチャリコ、手のひら大サイズなのだろう。鯛ラバではフッキングに至らないが、一つテンヤを楽しむ釣り人たちは次々に抜き上げていた。ほどなく、折本さんにも1㎏には満たないものの、綺麗なマダイがヒットした。

「着底してから3回巻いたところで喰ってきました。歯の先端が丸まっています。甲殻類を主食にしていると思います。ボトムに張り付き気味かも。ちょっと鯛ラバには厳しい状況かも知れません」

型は小さいながらもアタリが続く一つテンヤに対し、鯛ラバは時間の経過とともにアタリが少なくなってきた。折本さんの予想が当たっているのか?

マダイとの遭遇確率を上げるためのキャスト

釣れている、といっても手のひらサイズが中心。そこで船長はこの日の深場、40mラインへの移動を決した。深場といっても浅い。十分にキャストで探れる水深だ。

「ミヨシが空いていたので、移動しました。キャスト距離を稼ぎ、ほかの人の仕掛けが入っていないところを狙うようにしています。キャストして広範囲からマダイを引き上げてくる感じです」

炎月 タイガーバクバク」45gと60gを状況によって使い分けていった。しかし、一つテンヤの釣り人も40mラインでは途端にアタリが途絶えた。厳しい状況。
しかし、こんな状況を打破するにも、キャストして広範囲に探ることが重要と折本さん。そこで、キャストからリトリーブまでの全般に対するアドバイスあれこれを聞いてみた。

まず、乗合船ではキャスティングはアンダーハンドキャストが基本。オーバーヘッドではトラブルを起こしやすい。オマツリに注意し、潮上に向けてキャストするのがセオリーとなる。

「僕はリーダーを短めにしています。具体的には40㎝前後にして、キャストトラブル回避を図っています。オルブライトノットで結節していますが、引っ掛かりの少ないFGノットなどもおすすめです」

タラシを長めにとり、振り子状にしてキャストするのが特徴だ。「タラシが短いとトラブルが多発します。長めに垂らしてロッドの反発力を十分に生かし、キャストするといいですよ」

キャスト後は着底させるのが基本。余分な糸フケが出ないよう、フェザーリングをしながら落とすことも大切だ。

一回の投入でいつまでも底を取り直すことなく、数回程度で早めに回収、またキャスト動作に移る。頻繁な入れ替えが、フレッシュなマダイに出会う確率をアップする。どのくらいのレンジまで巻き上げるか、何回底を取るかなどは、船の流れるスピードや潮流の速さ、向きなどによって調節していく。

「鯛ラバを引く角度が大切。なるべく斜めに、長く引ける状況を作り出すことを心掛けていきます。理想は足下から前方に払い出していく状況で、ラインが水面に対して45度の角度で入っていく感じ。横方向にヒットレンジの通過距離を長く取るイメージです」

リトリーブスピードはスローからミディアム程度で釣ることが多い。いわゆる等速巻きが基本で、イレギュラーなパターンはない。しかし、イワシが回遊しているときは、カーブフォールも多用する。

釣れないときこそ、とにかく投げる。飛ばして距離を稼ぎ、投入回数を多くしてマダイと出会う確率をアップする。釣れないときこそ、積極的な攻めを展開するのが折本流だ。

その後も10m台の超浅場、40m台の浅場(この日は深場と位置付けたが)を繰り返し移動、攻め続けたが、状況が好転することはなかった。チャリコサイズやゲストは登場したものの、前日まで好調に釣れていた2㎏前後のマダイは顔を出してくれなかった。

「全体的に横方向への動きに反応が鈍い感じでしたね。視線が上に行っていない印象です。自分が釣ったマダイも着底からすぐの立ち上がりで食ってきましたし。こういう状況のときはどうしても一つテンヤに分がありますが、反対に鯛ラバが有利な状況もあります。またの機会に挑戦したいですね」