進化したタックルをさらに強化
-赤澤康弘、島根県大田沖で100cmに挑戦!-

赤澤康弘×鈴木斉 “大鯛”特別対談でも語っていたように、赤澤康弘さんの現在の目標はメーターオーバーの真鯛一択。怪物級の大物を狙って獲るためのタックル&タクティクスを究めるため、考えつく限りの準備を行う毎日だ。
そんな赤澤さんが大田市・温泉津(ゆのつ)の盛漁丸を訪れ、大鯛にチャレンジした。

初めての釣り場に期待度MAX!

今回、大鯛狙いのフィールドとして白羽の矢が立った温泉津は、日本海の豊かな自然に恵まれた釣り場。赤澤さんがここを訪れるのは初めてだが、誠涼丸の藤川船長とはフィッシングショーの会場等で毎年言葉を交わす旧知の仲。さらに、赤澤さんと交流のある鯛ラバマスター数名がすでにこの地に何度も足を運んでおり、赤澤さん自身もずっと行きたいと思っていた場所なのだ。

美しい温泉津の朝。

事前に聞いていた情報では、ポイントとなるのは水深50~70mの砂地で、近くに漁礁がある場所。ベイトも多く、大鯛狙いのテーマにはピッタリの条件である。赤澤さんは「常に80cm以上、出来れば100cmを狙っていきたい。実際にはそんな簡単に釣れるサイズではないことも分かっているけれど、まずはそういう魚がいる可能性がある海域に鯛ラバを落とすことが大事」と、この地を選んだ理由を語った。


狙いは大鯛のみ!最低でも70㎝というのが今回の目標。

大鯛は日本各地の沿岸に生息する。太平洋側にも名釣場が多数存在し、過去にも大きな鯛が数多く釣られてきた。しかしこと90cm、100cmとなると、釣り場は自ずと限られる。ただ生息しているだけでなく、実際に釣れている場所を絞っていくと、その可能性がより高いのは日本海ではないか? これまでの釣果を見ても、95cm、100cmというサイズは日本海で獲れているケースが多いからだ。温泉津もそうした可能性がある海域で、真鯛が多く生息すると同時に漁師さんが真鯛を積極的に獲っていないこともあり、大鯛が残る率が高いのではないかという読みもある。
ちなみに秋は、赤澤さんのなかではどういう季節?「そうですね、晩秋、水温が低くなってくると大鯛が釣れるというイメージもありますが、初秋の時期なら数釣りの印象ですね。そこから水温が低下してくると越冬のために大鯛が動き出す。温泉津沖で大きな鯛が釣れるのは乗っ込みの時期と、あとは秋から冬にかけての実績が高いらしいです。今回はその期間の間に何度かトライするつもりでいて、今回がその一回目です」。

PEは1・2号
大鯛を意識したタックル

船長に聞いた話では、90cmを超える大鯛の引きはそれ以下の真鯛とは全然違い、まるで青物のように強く、速いらしい。もちろん居着きの個体もいるだろうが、青物と一緒に海流に乗ってやってきて、鯛ラバをひったくる奴もいるのではないか、というのが船長の見立てだ。
期待も高まる半面、「そうした大鯛を狙って釣ろうと考えると、いまの仕掛けでは不安があるのも事実です」と赤澤さん。2018年は九州で92cmを釣り上げたが、そのとき組んでいたPE1号にリーダー4号、あるいは5号のシステムではもう限界とも感じているのだ。

「たしかにタックルは進化していて、エクストリームガングリップやレベルワインドの連動などの機構で力が掛けやすく、糸への負担も少なくなっているのですが、それでも100cmオーバーをと考えたら、仕掛けの根本的な強度が足りない気がする。そこが不安なんです」。

そこで今回のタックルに関しては、PE1・2号(マスターシップ船)に炎月フロロリーダーの6号を3ヒロ(約4・5m)というセッティングで臨むという。リーダーは普段より長め。それは、底取りを重視するより大鯛の引きに耐えるクッションとしての役割を優先させたいという理由。まさにショックリーダーなのである。
ロッドは炎月リミテッドのB610ML-Sと、B610M-S。どちらも乗せ調子で、キューマル(610M-S)を含めてハチマルオーバーを何本も獲っている信頼のスペックだ。

「松山沖で83cmを釣ったときはMLを使いましたが、大物にのされてどうしようもないという感じはまったくなかったんです。だからラインやフックはいつもより強くしますが、ロッドに関しては使い慣れたこのクラスで十分に太刀打ちできると思います。そもそも竿の強さは魚の大きさではなく、潮の速さやヘッドの重さで使い分けるものだと思っていますから」。

なおリールはB610MLにはオシアコンクエストCTの200HG、B610Mには同300HGをセット。ラインシステムは前述の通りである。



大鯛のアタリに力負けしないようしっかり握り込む。ハンドルノブの握り方にもこだわっている。

鯛ラバはタイガーバクバクの各サイズに集魚ワームをセット。ハリもフッ素加工の大きなものを使い、PE 10号を使ってアシストラインを自作してきた。



鯛ラバはタイガーバクバクをメインに各種・各サイズを準備。大鯛を意識してネクタイはボリューミーなもので揃え、アシストラインはPE10号のロング仕様。大鯛に飲まれた際のリスク回避だ。

「ノーマル品はアシストラインにシーハンターの8号を使っているんですが、僕はPEを使います。ボトムの甲殻類など硬いものを食べて歯が丸くなっている瀬戸内の真鯛と違い、柔らくて栄養価の高いイカやイワシを捕食している日本海の真鯛の歯は、摩耗せずに尖っていると思うから。そんな歯の尖った魚に対して、最も有効なのがPEじゃないかと思っています。PEならファイト中に歯に触れても切れることはないだろうと。さらにヘッド喰い﹆玉喰いといって、大鯛は鯛ラバを丸呑みしてしまうことが多い。そこで、ヘッドから出ているアシストラインを標準より長くしてリスクを減らしています」。

赤澤康弘使用タックル


使用タックルは炎月リミテッドB610ML-SにオシアコンクエストCT200HGのセットと、B610M-Sに300HGの2パターンを準備。ロッドのパワーは潮の速さやヘッドの重さで使い分ける。いずれもラインはPE1.2号(マスターシップ船)に炎月フロロリーダーの6号を3ヒロ(約4・5m)結節。

今回お世話になった誠涼丸の藤川昭宏船長は釣り船のほかサーフショップも経営する根っからの海の男。赤澤さんとはフィッシングショーなどで毎年言葉を交わす旧知の仲だ。