“ヒットパターンの共有”で釣果を上げる!赤澤康弘×阪本智子、フォールタイラバ実践テクニック

着底後等速巻きをしているとマダイがヒットするという鯛ラバの常識に一石を投じるシマノの新・鯛ラバメソッド、フォールタイラバ。フォール時から鯛ラバに対してマダイのまとわりつきが始まっているのであればフォールでも喰わせられるはず。この命題を解決すべく進化させたタックルで到達した新境地では、確かに「フォールと巻き上げ」その両シーンでマダイのヒットチャンスが広がっていた。
「鯛ラバはシンプルな釣りながらとても奥が深いです。しかし、少しずつ謎が解明されつつあります」と、赤澤康弘さんはフォールタイラバに熱い思いを寄せる。

安定感抜群の炎月リミテッド

赤澤康弘さんと阪本智子さんのフォールタイラバ実釣の舞台となった鹿児島錦江湾の湾口から佐多岬沖エリアの水深は100m以上。
ドテラ流しだと150mはラインが出ていく状況のためロッドは、パワーのある炎月リミテッドB610M-S RIGHT (乗せ調子モデル)を選択。
リールは炎月プレミアムで挑む。
まずは錦江湾の湾口のポイント。

潮は緩くドテラ流しでも水深100mに対しラインが130mほどで着底する状況。つまりバーチカルに鯛ラバが落下している。こういう時は迷わず、炎月フラットバクバクを使う。

使い方はこうだ。
従来、着底までフリーフォールで鯛ラバを落としていたのを改め、着底前10m付近から速度を緩めて、マダイに鯛ラバを見せていくのだ。つまりフォールスピードを意識することが重要なのだ。炎月フラットバクバクはスロージグのようにヒラヒラと落ちてハイアピール。フォール段階でヒット率が高まりをみせるフォールタイラバのコンセプトにもすごくマッチしている。
実際の釣りを見てみよう。着底後、すぐに巻き上げ開始。ここは最大の喰わせのチャンスだ。だからある程度巻き上げたら再びフォールさせ着底、巻き上げを繰り返す。

わずか数回目、炎月フラットバクバクにゴツゴツゴツとマダイ特有のアタックが伝わってきた。
朝まづめの真鯛は炎月フラットバクバクの定番カラーオレンジゴールドに反応が良かった。

「落とし始めはノンサミング。着底前10mからフォールスピード6〜7だったものを4に緩めました。着底後、スピード3で7〜8m巻き上げ、そこからスピードアップさせて5でヒットしました」

フォール・巻き上げスピードの再現を実現する炎月プレミアム

このフォールと巻き上げのスピードはリール炎月プレミアムを使う人同士で再現できるから短い時合であってもチャンスをものにすることができる。逆に、ヒットパターンが見つからない時は、複数人で違うスピードを試してみてヒットしたスピードに合わせていくのもアリだ。

「これだと釣りが組み立てやすくなりますし、その日の状況でいろいろな答えが見つかりますね」
赤澤さんのヒットパターンは、フォールが4、着底後の巻き始めは3。それから、5にスピードアップといったメリハリの効いたもの。落ちてくるものや底から浮かび上がるものに興味を示すマダイにアピールできるスピード設定だ。
赤澤さんのヒットパターンを参考にして阪本さんもマダイのヒットを導き出すことに成功。

「赤澤さんのおっしゃった通り、巻き上げスピードを3から5に変えてみたらすぐにアタリました」

魚が反応している層で鯛ラバのフォールと巻き上げスピードの変化をつけてマダイをヒットさせるフォールタイラバ。ヒットスピードを再現できれば、立て続けにヒットさせることも可能だ。
「なるほど。いろいろ試してヒットしたスピードを他の人も参考にできますね」と阪本さんも納得。

ここで改めて等速巻きの重要性を赤澤さんが教えてくれた。
「等速巻きでは、同じスピードで巻き続けるよりもラインに一定のテンションをかけ続けながら巻き取ることが大事です。そうすることで魚やそのほかの海のノイズが伝わってくるんです」

<使用タックル>