『ルアークロス ウェブマガジン』鯛ラバ記事まとめ


ソルトルアー専門の人気WEBマガジン『ルアークロス』から、鯛ラバ関連の記事をピックアップしました。
各アイテムを使いこなして、めざせ釣果アップ!

炎月第2世代の鯛ラバゲーム タイガーバクバクで心臓バクバク!?

鯛ラバゲームの最大の魅力は、極めてシンプルなスタイルで魚の王様・真鯛を手にできる手軽さと、究めれば究めるほどに深みを増す奥の深さを併せ持っていることだろう。もちろん、新しい炎月もその方向性に一切ブレはない。新登場の鯛ラバ『炎月タイガーバクバク』を手に、赤澤康弘、庄山英伸、阪本智子の3人が響灘に挑む!初登場から丸10年の歳月を刻んだ炎月の鯛ラバタックル。円熟を経て二回り目に突入したアイテムの数々は、いわばその第2世代である。伝統を受け継ぎつつも進化を止めないNEW炎月、まずはその第一弾となるタイガーバクバクについて、講師役の赤澤康弘さんに解説してもらおう

詳細はこちらをチェック
朝一投入から、時合い突入まで。 達人のネクタイローテーション完全解説。

『炎月 スルスルパーツ』の登場によって、これまで面倒だったネクタイ交換が驚くほど簡単にできるようになったいま、鯛ラバの達人たちは形状、カラーの異なるネクタイをどう使いこなすのか。朝一から時合いまで、鯛に口を使わせて止まないネクタイのローテーションを完全解説。
詳細はこちらをチェック
最も過酷な鯛ラバフィールド屋久島で 炎月を最終テスト!

HAGANEボディにマイクロモジュールギアを搭載し、タフネスと滑らかさを高い次元で満たした鯛ラバ専用機・炎月100PG/ 101PG。そして狙い澄まして釣るための“掛け調子”を追求したロッド・炎月SS追加モデル。ふたつのアイテムの最終テストを行うため、佐々木洋三、赤澤康弘の両名が大ダイで有名な鹿児島県・屋久島に飛んだ。

詳細はこちらをチェック
激流『明石海峡』を制する、”等速巻き”+直進安定性の威力!

底取りがしやすく、直進軌道も安定するタングステンコンポジット。ヘッドの下部に、鉛より重いタングステンが配置されていることで、鉛モデルより着底が早く、底取りがしやすい。乗合船などで、他のアングラーより早く沈めることができれば、それだけチャンスも増える。「底取りがしやすいだけでなく、巻き上げ時にも直進軌道が安定する。これは“等速巻き”が求められる鯛ラバでは非常に重要ですね」

詳細はこちらをチェック