フローティングベストの基礎知識 Service

自動膨脹式フローティングベストの基礎知識とQ&A

フローティングベスト特性比較

こちらのページでは、固形浮力材タイプと膨脹式浮力材タイプのフローティングベストについて、それぞれの特性を比較しております。

安全に関わる重要注意事項

対応釣種
固形浮力材タイプ
(浮力材に独立発泡材を使用した製品)
膨脹式浮力材タイプ
ラフトエアジャケット
ベストタイプ・ウエストタイプ
コンビネーション
フローティングベスト
(磯用固形浮力材
併用タイプ)
幅広い釣種で使用できます。 磯場など摩擦の激しい所では気室を傷つけ救命衣が膨脹しない恐れがありますので使用は避けてください。 磯場での釣りでも使用できるよう気室外側に固形浮力材を配置。ただし、落水時に短時間で救助困難と想定される場合は、着用しないでください。
着用時の調整
固形浮力材タイプ
(浮力材に独立発泡材を使用した製品)
膨脹式浮力材タイプ
ラフトエアジャケット
ベストタイプ・ウエストタイプ
コンビネーション
フローティングベスト
(磯用固形浮力材
併用タイプ)
フロントファスナー、バックル類をしめ、セーフティーベルト(股ベルト)などの止め具を確実に装着してください。
バックルをしめ、救命衣が体に密着するよう調整し、引き手が救命衣の外に出ている事を確認してください。 フロントファスナー、バックル類をしめ、セーフティーベルト(股ベルト)などの止め具を確実に装着し、引き手が救命衣の外に出ている事を確認してください。
装着が不十分だと転落時に脱げたり、水面上に顔が出なくなったりして大変危険です。 装着が不十分だと落水時に脱げたり、水面上に顔が出なくなったりして大変危険です。
落水後の対応
固形浮力材タイプ
(浮力材に独立発泡材を使用した製品)
膨脹式浮力材タイプ
ラフトエアジャケットベストタイプ・ウエストタイプ
/コンビネーションフローティングベスト
(磯用固形浮力材併用タイプ)
万が一の落水時、浮遊姿勢調整の必要はありません。
自動膨脹は水感知式による補助機能のため、まず、手動膨脹で気室を膨脹させてください。手動策を引くための力が足らず膨脹作動させることのできない人は使用できません。着用時はいつも引き手が救命衣の外に出ており、手で引くことができる位置にあることを確認してください。また、ウエストタイプなど浮力姿勢の調整が必要なタイプもございます。
落水後の処置と使用可能な期間
固形浮力材タイプ
(浮力材に独立発泡材を使用した製品)
膨脹式浮力材タイプ
ラフトエアジャケットベストタイプ・ウエストタイプ
/コンビネーションフローティングベスト
(磯用固形浮力材併用タイプ)
本体に損傷がない限り、濡れた場合は自然乾燥させて何度でも使用できます。ただし固形浮力材の浮力は経年変化で徐々に低下しますので、ご購入後2~3年を目処に、製品の買い換えをお勧めします。
膨脹装置を一度作動させると、炭酸ガスボンベ・スプール・安全ピンセット(当社指定アフター交換パーツ)の交換をしないと使用できません。製品の種類により対応する炭酸ガスボンベの充填量が異なりますので、必ず正しいタイプをご使用ください。また、装置を作動させていなくても、ご購入後3年を目処に、ボンベとスプールの交換をお勧めします。

アフター交換パーツ
■ラフトエアジャケットベストタイプ・ウエストタイプ:
BP-001A
■コンビネーションフローティングベスト(磯用固形浮力材併用タイプ):
BP-090D

定期点検
固形浮力材タイプ
(浮力材に独立発泡材を使用した製品)
膨脹式浮力材タイプ
ラフトエアジャケットベストタイプ・ウエストタイプ
/コンビネーションフローティングベスト
(磯用固形浮力材併用タイプ)
固形浮力材に傷や潰れがないか定期的に目視点検してください。浮力材の損傷は浮力に影響します。
気室や膨脹装置の傷、ボンベの緩み等定期的な自主点検と、ご購入後1年に1回、お近くの販売店を通じた膨脹装置の詳細点検(有料)を推奨します。

使用性比較(メリット比較)

装着感
固形浮力材タイプ
(浮力材に独立発泡材を使用した製品)
膨脹式浮力材タイプ
ラフトエアジャケットベストタイプ・ウエストタイプ
/コンビネーションフローティングベスト
(磯用固形浮力材併用タイプ)
固形式の浮力材をボディ前後、首に配置しているため動きに違和感はあるかもしれません。 装着感 作動時のみ膨脹するため、固形浮力材タイプと比べて
ソフトな着心地
普通 良い
携帯性
固形浮力材タイプ
(浮力材に独立発泡材を使用した製品)
膨脹式浮力材タイプ
ラフトエアジャケットベストタイプ・ウエストタイプ
固形式の浮力材が入っているため折りたたむ事ができません。 携帯性 作動時のみ膨脹するため、折りたたんで携帯できます。
ただし、取扱い説明書に規定された方法で折りたたんだ、気室収納状態で運搬移動してください。また、飛行機への持込に制限のある場合があります。
普通 良い
サイズ
固形浮力材タイプ
(浮力材に独立発泡材を使用した製品)
膨脹式浮力材タイプ
ラフトエアジャケットベストタイプ・ウエストタイプ
/コンビネーションフローティングベスト
(磯用固形浮力材併用タイプ)
3~4サイズ対応しているため、ご自身にあったサイズを選択可能です。 サイズ 使用サイズに制限があります。また、適用サイズ内でも引き手手動策を引くための力が足らず膨脹作動させることのできない人は着用しないでください。

■ラフトエアジャケット
ベストタイプ:ウエスト回り130cmまで(VE-051Dのみ129cm)
ウエストタイプ:ウエスト回り75~105cm
■コンビネーションフローティングベスト(磯用固形浮力材併用タイプ):裾囲最大 136cm

3~4
サイズ
サイズ
制限あり

※詳しくは製品についている取扱説明書をお読み下さい。

※フローティングベストは、国土交通省検定品と同レベルの基準をクリアする浮力性能を備えた、安心できる製品です。

フローティングベストの基礎知識トップへ戻るアフターサービストップへ戻る