朱紋峰 嵐月 インプレッション 朱紋峰 嵐月 インプレッション

アラシノヨウニ、ツリマクレ。
管理釣り場、ボート、平場。
真夏の熱釣三幕。

岡田 清、中澤 岳、そして吉田 康雄。
管理釣り場、夏ならではのボートフィッシング、そして平場釣り。
常識外れの酷暑が続いている今年の夏、それでもへら鮒釣りが好きで好きでたまらない名手3人が、暑さをものともせずに、熱い釣りを披露してくれた。
そしてその右手には、今秋、新登場の「朱紋峰嵐月」!
かの名作、「朱紋峰嵐水」の系譜を堂々と受け継ぐスーパーオールラウンダーが、ついにそのベールを脱ぐ。
果たして、その実力はいかに?
三者三様の釣りが、その恐るべき万能性を早くも白日の下に晒す・・・!

管理の“嵐”

管理釣り場の“嵐” 岡田 清in加須吉沼 「朱紋峰 嵐月」8尺

「スパッ!」
ロングムクトップが濃厚な魚影を投影しつつ、先端まで深く深くナジんでいく。そしてその刹那、間髪入れずの切れ味鋭い消し込み。
まるで空振りようがない豪快なアタリで、次々と大型が水面を割る。
釣り場は、名門・埼玉県「加須吉沼」。羽生インター拡張工事により惜しまれつつも閉園した羽生吉沼からのへらも加え、その魚影は暴力的なまでに増幅されており、型も抜群。ならば、短竿チョーチンが面白そう…と、岡田 清は久しぶりに加須の門をくぐった。そして池中央に陣取り、凄まじいまでの釣りを展開するのだ。
竿は「朱紋峰 嵐月」8尺によるチョーチン両ダンゴ。岡田が得意とする短竿&短バリスによるチョーチン両ダンゴで、最盛期の管理釣り場、例会やトーナメントで驚異的な釣果を叩き出すストロング釣法だ。ハリス長10―20センチと言えば、最近では浅ダナでも滅多にお目にかかれない「超短バリス」。この短いハリスと超ロングトップが生み出す相乗効果とは、いったいいかなるものなのだろうか?
「短バリスで深く入れることで、一言で言えば、無駄な動きを全てカットしてタナを直撃している…ということ。夏だからこそ、高活性な釣り場あってこそ許される強気のセッティングだよね」

普通、短バリスというと「ナジミが出やすい」…と思われがちだが、実は単にそうは言い切れないこともあると、岡田は言う。
「活性が高い時に中途半端に短いハリスで挑むと、逆にナジミが出にくいことってあると思うんだよ。ハリスが短いとエサへの下からの突き上げがダイレクトにトップに伝達されて、バウンドするような感じでなかなかナジミが出ないことがある。そういう時は、逆にハリスを長くしてやるとそのバウンド効果が薄まって、素直にナジみやすくなることもある」
ではなぜ、岡田はあえてそこをさらに短い10―20センチという超短バリスセッティングへと突き進んだのか?
「実は今日も、スタートは様子見で35―45センチから入っている。ただそれだとウキの動きが安定しなかったよね。持つときは持つんだけど、いきなり持たなくなったり…。そこで30―40センチ、25―35センチ…と徐々に詰めていって、最終的には10―20センチまできたところで決まりが出た。無駄な動きが全て消え、『深くナジんでズバッ』が続くようになった。たださすがにここまで追い込めるのは加須のへらの活性の高さあってこそ、だね」
エサに関しては、軽いエサ、重いエサ…と試し、「その中間」に正解を見出した。やや大きめにしっかりと付けられたネバボソのダンゴエサは、ロングトップをしっかりと先端まで深くナジませていき、ナジみきったところで目の覚めるようなズバ消し込み。この豪快なパターンで加須吉沼の大型が次々と水面を割って出るのだ。
「トーナメントというとセット釣りのイメージが強いけど、この短竿チョーチン両ダンゴは、十分に『アリ』な釣り方。実際、ビッグトーナメントの決勝でこの釣り方が猛威を振るったことは幾度もある。絶対に押さえておきたい攻め方だよね」
蒸し暑い加須の中央で、岡田の凄まじい釣りは延々と続いたのである。

「しかし、またひとついい竿が出来たよね」
この日、岡田が手にしていたのは、この秋登場した「朱紋峰 嵐月」の8尺だ。
「7~9尺の短尺は分かりやすいシャープ感が押し出されていて、こういった夏のチョーチンには最高だと思う。僕的には浅ダナは『独歩』か『皆空』、チョーチンがこの『嵐月』…という使い分けを楽しみたいと思っている。もちろん、硬いといっても硬式先調子特有のビンビンとした安っぽい爪楊枝のような感触は上手く抑え込まれているから、浅ダナでも十分使える竿だと思うよ。ただでさえ安っぽい軽薄感が出やすい短尺は特に、そこのところの技術の進歩が一番感じられるんじゃないかな。管理釣り場におけるあらゆる釣り方でガンガン使って欲しいね」

シャッ! スパッ!
深くナジんでの豪快なズバ消しアタリに、切れ味鋭いアワセを次々と決めていく岡田。シャープな水切れ感を楽しんでいるかのように、その表情はますます生き生きとしていく。
にわか雨が止み、夏の太陽が顔を出し始めると、岡田の釣りはますますエンジンがかかっていく。
エサを合わせ、そしてハリスを15―25センチから10―20センチまで詰めた時、もはや「勝負あり」。
長いロングトップが濃厚な気配にアオられながらも、ゆっくり、しかし確実に先端ギリギリまで深くナジんでいく。
「このハリス長でここまでウケてくれれば、もうOKだよね。久しぶりに加須に来たけど、正直、ここまでいい状態だとは思わなかった。凄いね」
確かに加須の鬼活性も凄いが、岡田の釣りも凄い。
グラスムクトップと超短バリスのコンビネーションが水中を貫き、小分けしてしっとりとしたタッチに手直しされたダンゴエサをタナまでストレートに届ける。
あとはもう、そこに居座っている大型べらに委ねるのみ。
「うん、今日はスカっと気持のいい釣りだったかな」
シャープさと懐の深さが同居する新竿を手に加須の大型を嵐のように釣りまくり、岡田は納得の表情で釣り場を後にしたのである。

PAGE TOP