松田竜也の“イカセブン”使いこなしガイド

四季折々の釣り物をシマノの最新タックルで攻略する。
今回はシマノフィールドテスター松田竜也が、最新ヤリイカ&スルメイカ竿の「イカセブン」で好期を迎えた相模湾のヤリイカに挑む。


▲ 風が強く波があった早朝は180でスタート。早々に乗せてヤリイカをキャッチ

▲ 松田は大きなシャクリで誘い、ヤリイカの小さなアタリをとらえる

 秋から初夏までロングシーズンで楽しめて食味もよいヤリイカは、船のイカ釣りで1、2を競う人気ターゲット。今年は各地で順調に釣れており、三浦半島葉山あぶずり港の長三朗丸へ釣行した当日も、洲ノ崎沖の水深160~200メートル前後で胴長15~25センチが14~40杯の釣果。松田は撮影で度たび手を止めながらも15杯を釣り上げてヤリイカの乗りを楽しんだ。


 当日松田が使用した竿は、最新ヤリイカ&スルメイカ竿の「イカセブン」。今回は松田が開発にも携わった最新イカ専用竿の特徴と魅力を紹介しよう。

▲ 風が弱まった後半は165にチェンジして4杯掛けを決めた

▲ 150には直結仕掛けをセットして狙った

独自のスパイラル構造が生み出す軽快な操作性

 「新しくなったイカセブンの最大の特徴は”軽快な操作性„です。竿を軽快に操れるから積極的に誘うこともできる。その操作性を実現するための、シマノ独自のテクノロジーが集約されたイカ竿なんです」


 イカセブンの4アイテムはすべて9:1の先調子。150、165、180の3アイテムはオモリ負荷80~150号で、150Hのみオモリ負荷100~180号と硬めの設定だ。


 ベースは軽量なカーボン素材で、ブランクスの内側と外側に、カーボンテープをそれぞれ逆方向に、かつ斜めに巻き付けることで剛性を持たせ、ネジレとつぶれを克服した独自の三層構造「スパイラルX」を採用。


 穂先はグラスソリッドにカーボンテープをX状に巻き付けた「ハイパワーXソリッド」を採用し、グラス素材ならではの柔軟性による目感度アップに加え、ネジレを抑えることで小さなアタリを感知する伝達力を高めている。


 「スパイラルXはネジレが抑えられて、竿を動かしたときのロスがなく、軽快な操作が可能になります。この竿は、しっかりシャクれて仕掛けもよく動くし、アタリも分かりやすいですよ」

4アイテムを駆使して様ざまな状況に対応

  それぞれの竿の使いこなし方について聞くと、


 「150はヤリイカとスルメイカの直結仕掛けを想定した感度重視のショートモデルです。165 は直結とブランコ仕掛けに対応したオールラウンドモデルで、長さを生かした誘いやすさがあります。しっかりシャクって誘いながらアタリを取るならこの竿ですね。


 最も長い180は、ヤリイカのブランコ仕掛けにピッタリです。波が高くて船が大きく上下に動くときでも、竿の長さでカバーできます。H150は、直結仕掛けで、水深200メートル以上の深場で大型のスルメイカを狙うためのパワーモデルです。穂持からバット部までパワーを持たせてあるので、深場でもしっかり仕掛けが動きます。


 初心者はオールラウンドモデルの165、直結仕掛けを極めたい人はぜひ150を使ってください」と松田はアドバイスしてくれた。


 ヤリイカは今シーズン好調な駿河湾~南房に加え、春以降は外房、九十九里、茨城方面へと釣り場が広がり初夏までのロングラン。最新ロッドでヤリイカの乗りをたっぷり楽しもう!

IKA7 SEVEN

感度と操作性を高めた最新ヤリイカ&スルメイカロッド
「イカセブン」

2017年10月に発売された「イカセブン」は、様ざまなシマノ独自のテクノロジーを搭載した最新ヤリイカ&スルメイカロッド。全4アイテムはいずれも9:1調子で、カーボン素材をスパイラルX構造で締め上げたブランクスを採用。細身で軽快な操作性を実現した。

  • ▲グリップエンドが長めの設定で、脇でしっかりホールドできる
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) オモリ負荷(号) カーボン含有率(%) メーカー希望
本体価格(円)
H150 1.50 2 104.0 190 2.0/12.2 100~180 79.5 37,500
150 1.50 2 104.0 190 1.8/11.3 80~150 79.0 37,000
165 1.65 2 119.0 200 1.8/12.0 80~150 78.5 37,500
180 1.81 2 134.0 210 1.8/12.6 80~150 80.2 38,000
  • ▲穂先は感度と耐久性を高めた「ハイパワーXソリッド」を採用
  • ▲リールシートは、強度に優れるC I4+を採用した「フィッティングサポート18C I4+」を搭載

大きな三面ミラーで強烈アピール!「 ツレヅレ針」

「ツレヅレ針は、太めのシルエットと大きな3面ミラーがイカに強烈にアピールします」と松田。サイズは11センチ、シングルカンナを使用。直結仕掛けを自作するならハリス8号がちょうどいいとのこと。

  • ▲カラーは左からケイムラ、ブルー、マリンブルー、ピンク、グリーンの全5色。価格は各190円
  • ▲ブランコ仕掛けは5本ヅノと7本ヅノと、誘い角(赤白ウキスッテ)を加えた全4種類を発売。価格は1750~2070円
  • ▲カンナは5本立て、イカを掛けやすい独自のカンナ角度を採用
  • ▲ツレヅレ針のカンナは掛かり抜群