松本圭一のキハダ・カツオタックル使いこなしガイド

四季折々の釣り物をシマノの最新タックルで狙う。
今回のターゲットはコマセ釣りで狙う相模湾のキハダ・カツオ。
シマノフィールドテスター松本圭一が最新キハダ・カツオタックルの使いこなし術をお届けする。


▲ リアランサーキハダ175とビーストマスター3000XSでカツオがヒット!松本はこのタックルで20キロ級のキハダも釣り上げている

 相模湾のキハダ・カツオが佳境を迎えている。腰越港の蒼信丸に釣行した8月12日の取材日は、海面から5~15メートルの浅いタナを狙って1~3キロ級のカツオがトップで7本。


 松本はカツオを4本釣り上げた後はキハダ仕掛けに交換し、指示ダナの下方で大物を狙ったがキハダは顔を見せなかった。


 しかし、この日は船中でキハダとおぼしきバラシが何度かあり、大型がコマセに反応している可能性は大。今後に期待の持てる一日となった。


 当日松本が使用したタックルは下図の2セット。

 タックル①はリアランサーキハダ175とビーストマスター3000XS。


 タックル②はビーストマスターキハダ175とビーストマスター6000。


 今回2通りのタックルを準備した理由を聞くと、


 「相模湾のキハダ・カツオは日々状況が変わるので常にタックルを2セット持参して、カツオが主体の場合はタックル①を、じっくり流し込んで大型のキハダを狙うときはタックル②を使います。今回はカツオ主体だったのでタックル①を使いました。


 タックル①のリアランサーキハダ175はUDグラスとカーボンのコンポジット設計で、キハダを浮かせるバットパワーと強度を持ちながら自重は395グラムと軽量です。この竿に中型電動リールのビーストマスター3000XSを組み合わせた軽いタックルで、竿を手に持ってカツオやキハダを狙うのが好きなんです」と答えた。

高速ポンピングでガンガン巻き上げる

 しかし、ビーストマスター3000には大型魚とのバトルを想定したパワーモデル「XP」があるのだが、あえて巻き上げ速度重視型のハイスピードモデル「XS」を使う理由を聞くと、


「キハダを掛けたら最初は走らせて、魚が止まったら電動ポンピングでガンガン引き上げるのが自分のスタイルです。ポンピングで竿を起こして、道糸を巻き取りながら竿を下げるとき、リールの巻き上げが遅いと魚に反撃の隙を与えることがありますが、ハイスピードモデルのXSは抜群に巻き上げが速いので電動ポンピングにピッタリなんです」とアドバイスしてくれた。


 松本の電動ポンピングは、ドラグを3キロ前後に締め、電動巻き上げのフルパワーで常にテンションをかけた状態でポンピングを繰り返す。また、ビーストマスター3000XSの機能には、リールにかかる負荷に合わせて一定のテンションを保ちながら巻き上げる「楽楽モード」と、リールにかかる負荷の大小にかかわらず一定の速度を維持して巻き上げる「速度一定モード」という2つの巻き上げモードがあるが、電動ポンピングでファイトするときは速度一定モードがいいそうだ。

▲ この日はカツオが絶好調。松本は早朝の時合で4本釣り上げた

「今回はタックル②の出番はありませんでしたが、大型のキハダとファイトするときはビーストマスター6000の巻き上げ力がものをいいます。


 キハダにも対応できる軽いタックルでカツオとのファイトを楽しんで、チャンスがきたら最強タックルで大物を狙う。そんな楽しみ方ができるのも、目覚ましい進化を遂げている最新タックルのおかげですね」と松本は言う。


 長い年は11月前半まで狙える相模湾のキハダ・カツオはこれからが本番。最新タックルを駆使して大物を狙おう!

REALANCER KIHADA175 & BEAST MASTER 3000XS

軽量カツオ・キハダタックル
リアランサーキハダ175 & ビーストマスター3000XS


▲ LIGHT KATSUO & KIHADA TACKLE


▲タナ取りや誘いも軽快に行える

カツオ主体で狙う場合はタックルの軽さにこだわるのが松本流

「リアランサーキハダ175」は、しなやかな穂先とキハダを引き上げるバットパワーを備えた最新ロッド。全長1.75メートルの6:4調子で、独自のスパイラルX構造で締め上げた軽量なブランクスが軽快な操作性を実現した。
「ビーストマスター3000XS」は、高回転・高トルクで定評のあるギガマックスモーターを搭載したハイスピードタイプの高性能電動リール。熱に強く滑り出し性能に優れたカーボンクロスワッシャドラグや、仕掛けをタナまで素早く落とせるファイアマッハシステムなど、シマノの最新テクノロジーを搭載。

SPEC - REALANCER KIHADA175

全長 継ぎ数 仕舞寸法
1.75m 2 145.3cm
自重 先径 元径
395g 2.6mm 20.4mm
オモリ負荷 カーボン含有率 価格
80~400号 43% 5万2000円

SPEC - BeastMaster 3000XS

ギア比 最大ドラグ力
3.9 20.0kg
シマノ巻上力 自重
69kg 845g
糸巻き量
(パワープロボートゲーム)
価格
4号400m・5号350m
6号300m・8号200m
12万円


REALANCER KIHADA175 & BEAST MASTER 3000XS

最強キハダタックル
ビーストマスターキハダ175 & ビーストマスター6000


▲ STRONGEST KIHADA TACKLE


▲ 柔軟な穂先は感度抜群

松本が大型のキハダに照準を合わせたときに使うシマノ最強キハダタックル

「ビーストマスターキハダ175」は、しなやかなグラスソリッドをハイパワーX構造で締め上げたグラスワンピースロッド。全長1.75メートルの6:4調子で、小さなアタリを表現する柔軟な穂先と、大物の強引を受け止めるバッドパワーを併せ持つ。
「ビーストマスター6000」は、9000番ゆずりのパワー、耐久性、放熱性をワンサイズコンパクトなボディに収めたシマノ電動リールの最高峰モデル。最大ドラグ力30kg、シマノ巻上力113kgの圧倒的なパワーで大型のキハダを引き上げる。

SPEC - BeastMaster KIHADA175

全長 継ぎ数 仕舞寸法
1.75m 1 175cm
自重 先径 元径
730g 2.2mm 12.3mm
オモリ負荷 カーボン含有率 価格
80~400号 1.2% 11万円

SPEC - BeastMaster 6000

ギア比 最大ドラグ力
3.1 30.0kg
シマノ巻上力 自重
113kg 1355g
糸巻き量
(パワープロボートゲーム)
価格
6号750m・8号600m
10号500m・12号350m
15万円