Stephano SS

カワハギ最先端に迫る。

キャスティングも視野に入れたタフなカワハギリール。
最先端の釣りを、より多くのアングラーへ。

カワハギリールに求められるハイスペックを、
さらに多くのアングラーに体感していただきたいとの想いを込めたリールがStephano SSです。
コアフィットボディとXドラグでコンパクトにバランスを向上させたボディは、自重160gの軽量化を達成。
ギア比7.2のハイギアとX-SHIPで授けられた滑らかな回転、51mmのS-タービンハンドルによる操作性は
まさに上位機種Stephano譲り。

さらにキャスティングの釣りを見据えたブレーキシステムSVSが
バックラッシュを防ぐ心強い味方となります。
ボディフレームにはアルミニウムを用いて剛性・耐久性をアップ。
HAGANEの設計思想を色濃く反映させてタフな完成度を高めることで、
だれもが最先端の釣りを体感できるようになりました。

101HG

100HG

Special Voice

軽さとワンハンド操作が切り拓く
コンマ数秒のヒットチャンス

このリールは軽さと操作性に惹かれますね。自重160gに加え、コアフィットボディでバランスがよく数値以上に軽く感じます。そしてS-タービンハンドルの操作性がお気に入り。有利なのはクラッチを切って仕掛けを落とし、ロッドを握る側の手の指で弾いて戻せること。ハンドルノブをつまんで回すのとでは時間的に大きな差です。1秒も違えば餌が取られるかどうかが変わる。それに糸の出し入れもこの操作ですね。棚を探っていくときにワンハンドで指で弾いて誘いながら巻いたりする。アタリが出ればそのまま合わせてしまうんですよ。

飯田 純男

誘いのストロークに合うギア比7.2
キャスト時の餌がずれにくいSVS

自分の構えだと海面から頭上へ誘い上げる距離が2m10cm。オモリを立てたまま位置を変えず糸フケを取るには、自分の限界であるハンドル3回転でこの距離を巻く必要があります。それに合うギア比が7.2。ハイギアすぎると仕掛けに負担がかかることもありますが、このギア比ならストレスなく巻けて負担も少ない。喰い上げ時も問題ありません。それとSVS。バックラッシュを防ぐのはもちろんですが、キャスト時の仕掛けの弾道が滑らかで餌がずれにくく、刺した状態のまま届けやすいのも特徴です。横の釣りを組み立てるには非常に重要ですよ。

鈴木 孝

SPECスペック

品番100HG(右)
ギア比7.2
最大ドラグ力(kg)3.0
自重(g)160
PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
1-200、1.5-150、
2-100
ナイロン糸巻量(号-m)2-110、3-80
最大巻上長(cm/ハンドル1回転)72
スプール寸法(径mm/幅mm)32/22
スプール下巻ライン(PE号ーm)1-100(※1)、1.5-100(※2)
ベアリング数 S A-RB/ローラー4/1
ハンドル長(mm)51
本体価格(円)28,000

VARIATION IMAGEバリエーションイメージ

100HG

※1スプールの下巻きライン部(上ライン)
※2スプールの下きライン部(下ライン)まで下きした場合の糸巻量です。
最大巻上長は、スプール最外径による計算値となっています。

FEATUREフィーチャー

  • X-SHIP

    回転性能の心臓部であるギアシステムを一から見直し、ギアの最適設計、支持性能の向上、回転抵抗の排除をおこなうことでパワー伝達効率を向上させ、ギアフィーリング、強度、耐久性のアップを手に入れることができました。

  • HAGANEボディ

    “HAGANE”とは最新テクノロジーに強さを付加し、本当に使い込めるリールを作るための設計思想。精密な内部機構を強固に支える剛性の高い“HAGANE”ボディを採用することで不意の衝撃に耐え、たわみを最小限に抑えることで巻上げる力を確実に伝えます。

  • SVS (ブレーキシステム)

    スプール回転の敏速な立ち上がりと、バックラッシュを抑え、キャスト時の伸びを高めるシマノの遠心力ブレーキ。縦に探って反応がないときに、キャストして横に探るエキスパートが増えつつあるカワハギ釣りにおいても、今や求められつつある機能です。

  • S-タービンハンドル

    親指でスプールを押さえながら、リールシート下側から回り込ませた指でハンドルを回転させることができ、理想のクラッチON/OFF、チョイ巻きまでも可能にすることで、糸フケを瞬時に解消。釣りの精度を格段にアップさせることができます。

  • コアフィットボディ

    通常はハンドル側に配置されるメカニカルブレーキのノブを、パーミング側に移すことでコンパクト化したボディのこと。パーミング時のフィット感とバランスがアップし、カワハギ釣りにおける操作性をより高めることができました。

  • スーパーフリースプール

    クラッチを切った際、スプールを支えるのは2つのベアリングのみ。ガタツキを抑え、なおかつスプールフリー性能を極限まで軽くしたシステムです。狙いの水深まで、素早い仕掛けの到達を可能にし、手返しのアップにつながります。