アンタレスDC[ANTARES DC]

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

KEY FEATURE キーフィーチャー

未到の聖域へ

キーフィーチャー

誰よりも遠くへ飛ばすこと。
それがアンタレスに課せられた使命。
水煙を上げて弾き出されたルアーは伸びやかな弾道を描き、
未到の聖域に斬り込む。
限界など、通過点にすぎない。

キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー

さらなる進化を遂げた高精度DC

キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー

4×8 DC
高速CPUでブレーキ力を緻密に管理。
NEWアンタレスDCは、従来をはるかに上回る情報量をCPUで処理し、ブレーキ力を緻密にコントロールする。ルアーの空気抵抗や風などに起因する失速を速やかに感知して、ブレーキ力を自在かつ細やかに管理。ベストなブレーキセッティングを決めやすいことに加え、バックラッシュを抑制しつつも、スプールの回転ロスを最大限に抑え、かつてない遠投性能を実現した。フルキャストはもちろん、軽めのキャストでもその効果は歴然。低慣性MGLスプールⅢとの相乗効果によって、安定したパフォーマンスを発揮する。

DC初搭載
低慣性がもたらす上質なキャストフィール

キーフィーチャー
キーフィーチャー

MGLスプールⅢ
立ち上がりが軽く、伸びのある弾道を実現。
従来よりも薄肉化、ナロー化することにより、さらなる低慣性化に成功。回転の立ち上がりが軽く、スムーズに最高速へと達する。4×8DCとのコンビネーションによってキャスト後半も失速せず、伸びのある弾道を実現した。
キャスト精度が飛躍的に向上。
可能な限り薄肉化した低慣性S3Dスプールが不要なガタ付きを抑制、サイレントチューンと融合することで優れたコントロール性を発揮。サミングに対するレスポンスもよく、ピンポイントへ低い弾道で正確にルアーをプレゼンテーションすることが可能。

振動を抑制し、回転ロスを排除

キーフィーチャー

NEWアンタレスDCの圧倒的なキャスト性能に新採用のマグナムライトスプールⅢが大きく貢献していることは間違いないが、そのクイックかつ滑らかな回転を支えているのが、S3Dスプールやサイレントチューンといったシマノ独自のベイトリールテクノロジーである。スプール自体のブレや回転部のガタつきといった各所の振動を徹底的に抑え込むことで、回転ロスの排除、静穏性の向上、爽快なキャストフィールを実現。極限まで低慣性化されたマグナムライトスプールⅢの性能を最大限に引き出すことを可能にする。

S3Dスプール

キーフィーチャー

回転ブレを低減する高精度スプール。
切削方法を全面的に見直すことによりスプール精度を格段に向上させたS3Dスプール。キャスト時の静穏性が向上(当社比)し、そのブレのない滑らかな回転がさらなる飛距離を生み出す。

サイレントチューン

キーフィーチャー

ガタ付きを抑え、静粛性と滑らかさを向上。
ベアリングの内外径や軸受外径にOリングを入れることにより、シャフトやフレームとの密着度を高めてガタつきを低減。スプールの回転ロスを排除し、高い静穏性と滑らかな回転フィーリングを得られるサイレントチューン。

IMPRESSION インプレッション

失速直前で発揮される“ひと伸び”が
正確なアプローチを可能にしてくれます。

インプレッション

伊豫部 健 KEN IYOBE

新たなアンタレスDCを最初に使った印象は、DCがしっかり効いてライントラブルを抑えつつも、自分が思い描いたとおりに飛んでくれるということ。逆風時などはブレーキが強く掛かる場面ですが、以前まではポイントの手前で失速していたような状況下でも、“あとひと伸び”があるんですよ。これが緻密な制動管理ができる4×8DCの威力なんでしょうね。スプールが薄肉化されて飛距離も伸びたように思います。キャストしたときの伸びやかな弾道は、やはりアンタレスですね。

インプレッション

爆発的な飛距離を自然に得られる。
広範囲をサーチする釣りに
欠かせない1台です。

インプレッション

秦 拓馬 TAKUMA HATA

21アンタレスDCをテストで使って、まず飛距離が飛躍的に伸びたことに驚きました。キャストフィール自体は、良い意味で前モデルと変わらないんです。でも新旧のアンタレス DCを投げ比べてみると飛距離が数mレベルで違う。マグナムライトスプールⅢは飛距離アップに貢献しているし、4×8DCもしっかり効いているのですが、この飛距離を自然に得られるのが素晴らしい。ロングキャストで広範囲をサーチしていくような釣りにおいては、僕にとって欠かせない1台になりそうです。

インプレッション