フォースマスター 200[ForceMaster 200]

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

KEY FEATURE キーフィーチャー

軽量コンパクトデザイン。

キーフィーチャー

自重わずか395g※2。電動リールにおいてアンダー400gはシマノだけのラインナップ※3。フォースマスター200/200DHではこのウェイトを活かし、ワンハンド操作のためにボディバランス、形状を一から検証。コネクター位置を変更するなどパーミング面積を20%※1コンパクト化することに成功しました。その結果、人差し指でリール前面をホールドすることを可能にし、手のひらで包み込むような安定感のあるパーミング性能を獲得。ロッドワークの快適さだけにとどまらず、NEWタッチドライブなど多彩な機能へのアクセスもストレスフリーを目指しました。軽いだけで満足しない。その軽さを釣り人のアドバンテージと成し、かつてないワンハンド操作を実現するためのボディ。それがフォースマスター200/200DHが突き詰めたデザインなのです。
※1:15 ForceMaster300DHとパーミング面積の比較
※2:2020年12月時点の予定
※3:2020年12月時点

親指一本で操る先端機能。

キーフィーチャー

仕掛けの投入からタナ取り、そして巻上げ。船釣りの一連の操作を、ロッドを握る手の親指だけで、意のままにコントロール可能なNEWタッチドライブとスピードクラッチを搭載。NEWタッチドライブは中間速設定機能を備え、好みのスピードで瞬時に巻上げることができます。スピードクラッチはスプールを指で押さえたまま、スムーズ&スピーディなクラッチ切替が可能となります。

手巻きと電動の融合。

キーフィーチャー

電動ライトゲームは、比較的水深の浅いエリアもフィールドとして交差することがあります。そんな場合にメリットを発揮するのがフォースマスター200/200DHのハイギア化を実現したポテンシャル。15フォースマスター300DHから最大巻上長を30%向上させ、ハンドル1回転最大66cmの巻上げが可能になりました。素早い巻きアワセやリズミカルな誘いが可能になり、手巻きリールならではの釣りを楽しんでいただけるのもフォースマスター200/200DHの魅力です。

ストレスフリーの高速回収。

キーフィーチャー

MUTEKI MOTOR+の新たな搭載も大きな進化の一つ。15フォースマスター300DHと比較して、最大巻上速度が約20%向上し195m/分のハイスピードを達成しました。手巻きハイギアリールの回収速度の目安が約150m/分であることからその差は歴然。手巻きリールでの回収に比べ、疲労感も少なく集中力の持続にもつながります。状況によっては、ひと流しの時間内で同船者を先駆ける多回数の仕掛け投入が可能となります。

釣果向上を担う多彩な機能を結集。

キーフィーチャー

水深(糸巻量)に影響せず、ほぼ完璧な等速巻きを実現する電動等速巻制御を搭載。電動巻上げをしているときにクラッチをOFFにすると自動でモーターがOFFになり、クラッチをONにすると再び電動巻上げをレスポンス良く開始する「モーター&クラッチ連動機能」を搭載。ハンドルスピード表示機能はその日のアタリスピードを手巻きで探り、電動で巻上げ速度を再現することが可能。これら3つの機能は電動鯛ラバはもちろん、関東のマルイカ、タチウオや日本海のアカイカ、関西のサビキマダイなど、多くのフィールドで釣果向上に貢献します。
※モーター&クラッチ連動機能の設定をONにしてご使用ください。モーター&クラッチ連動機能の詳しい解説はこちら

キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー

IMPRESSION インプレッション

小さなボディに釣るための機能が満載です。

インプレッション

富所 潤 JUN TOMIDOKORO

パーミング面積が15フォースマスター300DHから20%小さくなったことで、リールを握り込んだ時に非常に小さく感じますね。たとえば鯛ラバは同じ姿勢で持ち続けることが重要です。そのような場合、手に合わせて握り込めるコンパクトさはとても安定させやすい。メタルスッテやタチウオはワザを効かせた細かい操作をするため、リールを包み込めないとタックルが手から落ちそうになるので、しっかりとしたパーミング性能は欠かせません。手の小さい方や女性でも安心して握り込むことができるし、リール自重も軽く、これまで手巻きでやっていた釣りも電動でできるようになりました。そういった意味でフォースマスター200のボディサイズは大きなメリットです。
タチウオをジギングで狙う場合、100m以内のフィールドならフォースマスター600よりもこちらをお勧めしたいですね。またテンヤタチウオの場合、手巻き状態でのハイギアの恩恵も大きい。僕が考案した手巻きを使った“巻掛け”では速く巻上げてアワせたい。このギア比ならレスポンス良く掛けることが可能です。また、アワセの瞬間を手動で後は電動(タッチドライブ)の巻上げに委ねるのが効率的です。
メタルスッテは近年潮の速いポイントが増えてきて、重いスッテの使用頻度が高まっています。それに加えてシーズン初期は深場で釣れることが多くなり、水深60mから場所によって80mが狙いとなります。そのような状況ではスッテの釣り自体は面白いんだけど手で巻上げるのが辛いという方もいらっしゃいます。誘う時は手巻きでやって、巻上げには電動がほしい。そんなご要望にお応えできるのもフォースマスター200。重いスッテや深場の釣りでも電動によって回収のストレスが減れば、カラーチェンジが頻繁に行え、手返しも良くなります。
また鯛ラバで有効となるのが電動等速巻制御とモーター&クラッチ連動機能とハンドルスピード表示機能です。最初は手巻きでスピードを探り、パターンを見つければ、電動に切り替え、手巻きと同じスピードで巻上げることが可能。そして電動等速巻制御によって水深が深くなろうが浅くなろうが同じスピードで誘うことができるので釣りの再現性が高まります。さらにフォール中のモーター音を解消したモーター&クラッチ連動機能がレスポンス良いタッチ&ゴーを実現しました。フォースマスター200は、常に親指が同じ位置でサミングできるようスプールに面取り加工がなされていて、ラインの量に関係なくフォール時のテンションのかけ方を一定にすることができます。フォールスピードを操り、ワンステージ上の電動鯛ラバゲームも楽しめます。

関東近郊ではライトな釣りで本領を発揮。

インプレッション

松本 圭一 KEIICHI MATSUMOTO

手巻きリールの釣りの領域を電動リールで攻略することを可能にしたのがフォースマスター200だと捉えています。PE0.8号といった細いPEラインも糸がみしにくく、NEWタッチドライブにより中間速が使える。ドラグも滑らかで、スピード・パワーも充分です。軽量でコンパクトなボディは手にフィットするだけでなく、NEWタッチドライブやクラッチなどの操作系統に簡単に指が届くので非常に使いやすいですね。さらにどんなロッドを組み合わせてもワンハンドでの高い操作性を発揮できると思います。またe-エキサイティングドラグサウンドも搭載されているので、使っていてとても楽しく、疲れ知らず。関東近郊のライトゲームでは、ほぼパーフェクトな性能だと思いますね。
手巻きリールの守備範囲で電動リールを使う。メリットは何があるでしょうか?筆頭はストレスフリーの回収ですが、タチウオやマルイカなど一定のテンションで巻上げる方が有利な釣り物があります。またロッドキーパーに掛けて電動で巻上げることで両手が空きます。その間、次の投入のためのエサの準備ができ、一層の手返しアップが図れるなど、電動リールならではの特性を活かした戦術を取り入れることが可能です。
フォースマスター200の糸巻量はPE0.8号270m~1.5号150m。ライトラインがメインとなるマルイカ、深場カワハギ、ライトアジ、ライトヒラメが主なターゲットです。また、浅場のタチウオや外房のヒラメ、イサキで電動を使いたいけれど、ちょっと大げさかな?と思われてきた方でも、軽量コンパクトなフォースマスター200なら手巻きリール同様に扱えるので、導入しやすいと思いますよ。

テクニカルな攻めを可能にする操作性。

インプレッション

鈴木 新太郎 SHINTARO SUZUKI

これは今までの電動リールとはまったく違いますね。手巻き時のギアがハイギアになったことで手動の両軸リールと同じ感覚で使うことが可能になりました。なぜ真っ先にこのことを強調するかと言えば、コンマ何秒、1cmでも1mmでも速く巻きたい場面があるから。NEWタッチドライブの巻上げ性能はとても優秀ですが、指を移動させるよりも右手をハンドルに添える方がやっぱり速い。たとえばヒラメ釣りは、起伏の激しいところではロッド操作で根をかわすのが基本。しかしラインを手で巻取らなければ回避できない場面もあります。そんな状況下での操作性は、これまでの電動リールの手動機能とは巻きのレスポンスの次元が違います。もちろん瞬間的なアワセへの対応力も高まるので、この部分の進化だけでも大満足です。
またボディサイズがコンパクトになったことで、指を小さな動作で縦横自在に動かしやすくなり、仕掛け投入からタナ取り、そして巻上げ操作が快適です。シマノのゲームロッドシリーズとのマッチングもより良くなりました。巻きのパワーやスピードも申し分ありません。手動の両軸リールと同じ感覚で使える小型電動リールは求められてきたモデルだと思います。外房のライトヒラメをはじめ、イサキ、アジ、タチウオ、アマダイ、鯛ラバなど、ライトゲーム全般でお楽しみいただけると思います。軽くてコンパクトなフォースマスター200。手巻きハイギアのメリットを中心に語りましたが、電動リールとしてもその心臓部にMUTEKI MOTOR+を備え、凄いパワーとスピードを秘めています。小さいからといって、そのポテンシャルは侮れませんよ。