コンプレックスXR[COMPLEX XR]

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

KEY FEATURE キーフィーチャー

フィネスを究めるC2000サイズとオールマイティな2500サイズで バスフィッシングの新たな扉が開く。

キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー
キーフィーチャー

マグナムライトローター

キーフィーチャー

回転慣性を低減化しローター剛性を強化。
左右非対称のローター構造を採用し、操作性と感度の向上を求めて、異次元の回転軽さを実現したマグナムライトローター。さらにラインローラーの軽量化、ベールのチタン化、ローター肉厚の最適配置を行い回転慣性の低減に成功しました。

ハイレスポンスドラグ(C2000 F4タイプに採用)

キーフィーチャー

ファイト中の魚のスピード変化に対するレスポンスが良いドラグ。特殊なドラグ機構を採用。例えばボート際でファイトスピードを急に上げるスモールマウスバスなどの魚に最適。ファイト中の糸切れを防止。

ラピッドファイアドラグ(C2000 F6タイプに採用)

キーフィーチャー

ドラグノブの回転数に対するドラグ力の変化が大きく、ストラクチャー周りで魚を止めたいとき、足元で急に突っ込まれたときなど、瞬時にドラグ調整をしたいシチュエーションで非常に有効な機能です。

IMPRESSION インプレッション

4lb以下のライトラインなら
C2000番一択。
軽さがもたらす恩恵は計り知れない。

インプレッション

加藤 誠司 SEIJI KATO

[C2000 F4/F4 HG]
僕の場合、4lb以下のライトラインを使う釣りではハイレスポンスドラグを搭載したC2000番を愛用しています。その理由は「軽いから」。このクラスのタックルで使うルアーは、軽量のドロップショットやネコリグ、ジグヘッド、ワッキー、ノーシンカーワームなどで、ロッドを立てて操作する釣りがほとんど。軽いリールは細かい操作をしやすいし、合わせもクイックに決まります。「コンプレックスXR」は軽量なのに剛性感があって巻きごこちもシルキー。カッチリとした操作感が気に入っています。

インプレッション

パワーフィネス系の釣りなら2500番。
ラピッドファイアドラグで
守りながら攻める。

インプレッション

小野 俊郎 TOSHIRO ONO

[2500 F6/F6 HG]
近年のスピンニングタックルは、フィネスとパワーフィネスに2分される傾向があります。フロロのライトラインでフィネスに攻めるならC2000番、PEラインを用いたパワーフィネス系の釣りなら2500番というのが僕の使い分けかな。「コンプレックスXR」の2500番に搭載されているラピッドファイアドラグはドラグノブの回転に対してドラグ力の変化が大きく、バスに突っ込まれた際に「守」と「攻」を瞬時に切り換えられます。ドライブセクションが一新されて、巻き上げは滑らかかつパワフルです。

インプレッション