ライトゲーム XTUNE[LIGHTGAME XTUNE]

CONCEPT MOVIE コンセプトムービー

KEY FEATURE キーフィーチャー

軽量高感度穂先がもたらす恩恵。

キーフィーチャー

手持ちスタイルで仕掛けを操作し、アタリを察知するライトゲームロッドにおいて、穂先性能は最も重要なファクターです。ライトゲームXTUNEでは竿がブレない軽快な操作性と繊細なアタリを明確に伝えるための感度をさらに向上させるため、軽量カーボンソリッドタフテック∞を短くする新たな設計手法を取り入れ、穂先部の軽量高感度化を実現。また、ソリッド部を極細カーボンテープで強化したハイパワーXソリッドを搭載することで耐ネジレ性能を高めました。

響き渡る高感度をグリップにも。

キーフィーチャー

多彩な水中からの情報を、大きく正確に伝えるためには、ロッドパーツの中でもリアグリップが担う役割は決して小さくありません。ライトゲームXTUNEに搭載したカーボンモノコックグリップはカーボン素材の一体成型、かつ中空構造により、これまでにない軽さを追求。同時にそれは、感度の向上へとつながり、新たな情報伝達力を獲得しています。また脇挟みしやすい形状で、釣り人の身体にもアタリが明確に伝わりエキサイティングなシーンを演出します。

握りやすい。疲れにくい。

キーフィーチャー

従来のリールシートは通常のリーリング時や負荷が大きくかかるファイト時、手首に角度がつくことで手首や腕に負担がかかることが避けられませんでした。Xシートエクストリームガングリップは、こだわりの左右専用設計により、手首の角度を負担の少ないまっすぐに近い状態に保つことに成功。投入から仕掛け着底、リーリング時、アワセともに負荷の大小にかかわらず、手元のブレや疲れを防ぐことが可能。また、しっかりと隙間なく握り込めるので、深場からの高負荷時のファイトにおける安定感も高まります。

IMPRESSION インプレッション

高感度を味方につけて、さらにマニアックな世界へ。

インプレッション

松本 圭一 KEIICHI MATSUMOTO

ライトゲームXTUNEは穂先の軽量カーボンソリッドを短くしブランクスに張りを持たせることで、操作性と感度を大幅に向上させたモデルです。実釣面でのメリットは、たとえば天秤タチウオの場合、しなやかさのなかに芯の通った操作性があるから、ワンピッチを15cmで刻む、30cmで刻むといった誘いの変化を細かくアレンジすることが可能になります。また水深があってもシャクリやすく、タチウオが咥えたときの重さの変化を捉えることが容易なので、素速く初動態勢をとれるのも大きなメリットです。
ライトゲームは本来、目感度で釣ることが多いジャンルと言えます。しかしライトゲームXTUNEは新たな穂先設計により、手感度が大きく向上しました。やり込んでおられる方はすでにお気づきだと思いますが、アジにしても前アタリがある。でも竿先を注視していないとわかりにくいですね。ライトゲームXTUNEは穂先の高感度化に加え、カーボンモノコックグリップが搭載されています。この設計により竿先に出る前の微妙なサワリなどがロッドを握る手、脇挟みの身体の部分、あるいはあてがった肘にシグナルとして伝わります。タナが合っていればアジのモゾモゾを感じ取れて身構えることができる。「来る来る。ほら喰った、入った!」って。高感度ロッドっていうのは情報伝達時間が長く、より釣った感が高まるという楽しみが得られるのです。
もう一段マニアックに踏み込むと、アジは喰った瞬間から本来定位していた場所へ戻るために反転する。そして竿先が入るわけですが、この場合、口の横に掛かることが多くバラシの原因につながります。高感度のライトゲームXTUNEならモゾモゾの前アタリ状態からロッド操作でアジを泳がせるようにして反転前に掛けるテクニックも使いやすい。すると上アゴを捉える確率が高まりバラシが減る。船上で鉤を外しにくそうな動作を繰り返していると「あの人、やるな」という目で見られると思いますよ。
ヒラメ釣りでは、生きたイワシは嫌がると暴れます。普通の竿だと竿先がブルブルして、おお、暴れてるってなる。ライトゲームXTUNEなら竿先がブルブルする前にイワシの動揺を知ることが可能です。先手を打って釣果アップにつなげるのはもちろんですが、私は微かな前アタリから、人と魚がコンタクトする時間を、より長く共有できることがライトゲームXTUNEならではの楽しみ方だと感じました。

高感度で海底状況を把握し、しっかりと攻めきれる。

インプレッション

鈴木 新太郎 SHINTARO SUZUKI

ライトゲームXTUNEはタフテック∞(インフィニティ)のカーボンソリッドを短くしたこと、そしてカーボンモノコックグリップが搭載されたことで、手への情報量が格段に増えました。短くなったソリッド穂先のわずかに跳ねた振動が瞬時にカーボンモノコックグリップまで伝わり、そこで振動がさらに増幅されてロッドを握る手に返ってくるような感覚と言えば良いでしょうか。仕掛けを降ろして錘が海底に到達した瞬間、底が硬いのか、柔らかいのかの判断がつく。カーボンモノコックグリップそのものに手を触れている場合はより多くの情報量が得られます。ヒラメ釣りでは砂場や岩場、様々なところを流していく過程で、錘からの情報が穂先から手元にタイムラグなく感じ取れます。手に伝わる情報によって海底がどうなっているかがより鮮明になる。だから、ここで喰うんじゃないかと思えるポイントをしっかり絞り込んで攻めきることができます。誰もがはっきりわかる凄い感度なので、ぜひ体感してほしいですね。
これまで使用したモデルはTYPE64 MH200、TYPE73 M200、TYPE73 MH195の3本。主にヒラメ釣りで使いましたが、そこから得られた印象をそれぞれ述べてみたいと思います。TYPE64 MH200はかなりヒラメ釣りで活躍してくれます。これまでゲームロッドでのヒラメ釣りはTYPE73 MHを推薦してきましたが、このモデルはトータルバランスに優れています。バット部分がしっかりしているから、調子のメリハリが効いていてアワセが決まる。TYPE73 M200もヒラメ釣りの場合は前アタリから喰い込ませるまで違和感がなく、5kg、6kgクラスでも余裕でリフトが可能です。それでもMHよりも柔らかい分、やり取りに緊張感が生まれゲーム性も高まりますね。
TYPE73 MH195は千葉方面なら外房のイサキ、九十九里のウィリー五目に適していると考えます。これまでのライトゲームシリーズよりもブランクスに張りがあり、1m刻みでしかできなかったシャクリが50cm刻みでできる。よりシャープで繊細なコマセワークを可能にしてくれます。
ライトゲームXTUNEのデザインはこれまでのシリーズとはちょっと違う方向性で高級感がありシャープな印象で魅力的です。関東周辺ならM、MH、Hの3本を揃えることで大部分の釣りをカバーできる汎用性の広さを持っています。繊細な釣りもこなし、いざというときには大型魚にも対応できます。ロッドの綺麗な曲がりを見ながら多彩な釣りを楽しんでください。