エキサイトゲーム CI4+[EXCITEGAME CI4+]

IMPRESSION インプレッション

凄い曲がりと汎用性の高さ。一尾一尾をとことん楽しむ。

インプレッション

松本 圭一 KEIICHI MATSUMOTO

ダブルフットガイドでロンググリップを搭載し、中深場やライト泳がせに照準を合わせたTYPE73 HH195とイサキや真鯛で曲げて楽しめるTYPE64 M200、TYPE64 MH195、各RIGHT/LEFTの6アイテムが追加されました。しかし今回は個々のアイテムの解説ではなく俯瞰的にエキサイトゲームCI4+についてお話しさせていただきたいと思います。なぜならこの竿はとても汎用性が高く自由度が広いから。このフィールドでこの魚種という概念を釣り人で打ち破るところに面白さがある竿だと思うんですよね。
最大の特徴は曲がること。すんごい曲がる。このサイズでこれだけ曲がっちゃうの?っていうくらい。でもハイパワーXフルソリッドが効いているので操作性がスポイルされることはありません。少し余裕があるところで主導権をこちらに残しつつ、とてもエキサティングな感覚を味わえるからたまらないんですよ。また曲がる竿っていうのは支点が手前に来るからやり取りが楽なんですね。でもある程度まで曲げ込むと引きの伝達がダイレクト。専用竿では味わえない醍醐味です。
曲がりにフォーカスすれば、おのずと目感度の竿でしょ。と思われるかもしれませんがカーボンフルソリッドというのは穂先にも使われる素材です。それがブランクス全体に採用されているんだから手感度も十分すぎるほどで、喰い込み性能にも優れています。魚種や仕掛けを絞れば専用竿の効率には譲る部分もありますが、一尾一尾を楽しんで上げてくるのがエキサイトゲームCI4+の真骨頂です。
たとえばアジビシで130号の錘をかける。本来はHHを選択される方が多いと思いますがHでも大丈夫です。どっちでやるかは使い手が決める。7:3調子に上限の錘を使えば6:4調子に近づくし、逆もまた然り。この竿でいろんな可能性にトライして欲しいですね。きっと今まで気づかなかった楽しみが見えてくるはずです。