テンヤタチウオ攻略

西日本船釣り見聞録

Vol.3

テンヤタチウオ攻略

FISHING TACKLE
SABERMASTER SS TENYA

庄山 英伸

HOME > Vol.3 テンヤタチウオ攻略

9月上旬、今回は大分県の西細港から、シマノフィールドテスター 庄山英伸さんがタチウオ釣りに釣行。

大分県西細港出船

当日は午前5時30分に出港。豊後水道へ船を走らせた。風もあまりなく波も穏やかだ。周辺には、タチウオ狙いの船も多く数十隻は確認できた。
今回、庄山さんが使用する竿は、「サーベルマスターSSテンヤ 82 HH170 RIGHT」、電動リールは「フォースマスター600DH」。テンヤは今年新たに発売された「サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ 50号 スーパー夜光」と「サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ 50号 紫ゼブラ夜光」だ。
1時間30分ほどでポイントに到着。水深は約200m、船長の指示ダナは100~150m。船長は魚探でポイントを見極め細かく移動し、その都度ベイトがいるタナを指示してくれる。さらに庄山さんは、探見丸でリアルタイムの映像も確認している。
早速、ゲキハヤのスーパー夜光にイワシをセットする。ゲキハヤは従来のワイヤーで巻いてエサを固定するタイプとは違い、エサを挟むだけで固定できるので、すぐに仕掛けを投入することができるのが魅力だ。そのため釣りの効率が格段にアップする。

サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ 50号 スーパー夜光で釣り効率アップ

サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ 50号 スーパー夜光で釣り効率アップ

指幅5本サイズ筆頭に
数楽しむ

仕掛けを投入し、タナまで落とし数回シャクって誘い、アタリを待つ。すると庄山さんが「グンッ」と竿を大きく煽るが、上がってきたのは、この時期の厄介者であるカナトフグ(サバフグ)だった。
それを見た船長はすぐさま移動。カナトフグは特殊な前歯でラインを切ってくるので、釣り効率もダウンしてしまう。
気を取り直して次のポイント。仕掛けを投入し、何度か誘いを掛けると竿を「グイっ」と振り上げアタリをとらえた。上がってきたのは小ぶりだが本命タチウオだ。
サイズアップを狙い仕掛けを投入。タチウオは大物ほどアタリが小さくなる。エサを何度もつついたり、喰いついてもすぐに離したりとヒットさせるのは難しい。
しかし、その繊細な見極めを可能にしてくれるのが、サーベルマスターSSテンヤ 82 HH170 RIGHTだ。かすかなアタリをダイレクトに察知し、竿先部分の目感度情報を積極的に掛けていくことができる。数回シャクって誘いをかけると、竿先が「ククッ」と小さな前アタリをとらえた。同時に庄山さんも本アタリに備えている。すると竿先を押さえ込むような本アタリに「グンッ」と竿を大きく振り上げ、タチウオをヒットさせた。
船上にフォースマスター600DHの巻き上げ音が鳴り響く。そして上がってきたのは指幅5本の良型だ。
庄山さんは「誘い上げているとヒットしてきた」と話す。

サーベルマスターSSテンヤ 82 HH170 RIGHTの竿曲がり

サーベルマスターSSテンヤ 82 HH170 RIGHTの竿曲がり

アタリを見極める面白さ

その後もタチウオを数尾追加して、アタリが遠のいたのでポイントを移動した。
次のポイントで仕掛けを投入し、同じく誘いを掛ける。しかし、当日は中型のタチウオが多かったようで、喰ってきたと思って竿を振り上げるも、なかなか掛からないシーンが多かった。
やはり小さなアタリで見極めが難しく、船長が「竿先がクククっと小さなアタリをとらえたら、誘いアクションを続けて上層に誘って喰わせてみて」と庄山さんにアドバイス。
そして、小さな前アタリを見逃さず、アドバイス通りに上層へ誘い込むと、大きく竿を振り上げヒットさせ、指幅4.5本ほどのタチウオをゲットした。
そこから少しの間タチウオが入れ喰いで上がってきた。ここでもゲキハヤの手返しの良さに加えフォースマスター600DHの性能が光る。
新たに搭載されたタッチドライブは、親指のみの簡単な操作で巻き上げの変速ができるので、喰い上げや急激な締め込みに即対応でき、掛けたタチウオを逃がさない。
こうした、ゲキハヤ&フォースマスター600DHの抜群なコンビネーションで、時合いを逃さず庄山さんは数を稼いだ。
そして終盤、竿が当日最大の曲がりを見せるも、海面近くで惜しくもハリからはずれてしまった。庄山さんも「今のは大きかった!」と、悔しそうな表情を見せた。
その後は納竿までに数尾を追加して帰港時間となり納竿した。
庄山さんは帰港後、船長に「アタリをとらえるのは難しいが、アタリを出すパターンを自分なりに見つけていくのはとても面白い!」と話し、船長も「そのパターンをより早く見つけることが大事ですね」と、アドバイスをくれた。
さまざまな誘いのパターンや繊細なアタリを見極め掛ける楽しさ。奥深いテンヤタチウオの面白さを改めて知ることができた釣行となった。

探見丸CV-FISHで海の状況をリアルタイムに把握

探見丸CV-FISHで海の状況を
リアルタイムに把握

良型をゲットした庄山さん

良型をゲットした庄山さん

FISHING TACKLE

ForceMaster 600DH

フォースマスター600DH

探見丸CV-FISH

探見丸CV-FISH

タックル
ROD
SABERMASTER SS TENYA サーベルマスターSSテンヤ 
82 HH170 RIGHT
全長 1.70m
継数 2本
仕舞寸法 88.7cm
自重 130g
テンヤ号数 30〜60号
MORE INFO
REEL
ForceMaster 600DHフォースマスター600DH
ギア比 5.1
最大ドラグ力 8.0kg
自重 500g
糸巻量PE[タナトル8] 2号300m
3号200m
ハンドル長 55mm
MORE INFO

シマノ電動リールをさらに詳しく紹介する
「Get the Dream」はこちら

Get the Dream
テンヤ
サーベルマスター 船テンヤ ゲキハヤ 50号
・スーパー夜光
・紫ゼブラ夜光
MORE INFO
ミチイト
タナトル 8[TANATORU 8]2号
MORE INFO
探見丸
CV-FISH
MORE INFO

ロッド
このロッドの特徴は、アタリを感じて積極的に掛けていく、たとえそれが水面下150mの深度でも確実にハリ先まで力を伝えるバットパワーと手感度、目感度すべてを駆使してアタリを釣り手に伝えるロッド設計にある。
このモデルは、Xシートエクストリームガングリップ搭載で手の平に伝える感度も優れ、さらに手持ちで一日誘うテンヤタチウオでも疲れにくい。
小型電動リールフォースマスターシリーズとの組み合わせでは、パーミング性の高さも相まって、テンヤタチウオの操作性も一段と高まってくる。
ほかにも、バーサタイルな82 MH180や喰わせ系の73 M190、ハイレスポンスのショートロッド91 H160など、釣りのスタイルや誘い方に合わせて選ぶことができる。
リール
今回使用した「フォースマスター600DH」は、コンパクトかつハイパワーなのはもちろん、親指1本であらゆる操作を可能にした電動リールだ。
新たに搭載されたシーソー型の感圧スイッチ「タッチドライブ」は、初期設定では上を押せば減速、下を押せば増速させることができ、1回押すごとに1速ずつ変速が可能。また、押す時間の長さで巻きの強さを調整でき、ストレスなく釣りが楽しめる。
さらに、海底の状態や魚の反応があった水深などを数値とアイコンで表示可能な簡単魚探機能「NEW海底・魚群水深表示」の採用により、ひと目で海の状況を把握可能。
あらゆる、新機能を搭載した「フォースマスター600DH」で、最新の船釣りを体感できる。
※海底水深表示機能は探見丸親機搭載船に限ります。また、魚群水深表示機能は、アキュフィッシュ対応の探見丸親機搭載船に限ります。