さらに遠くへ、より正確に、もっと投げやすく!!投竿選びの基礎知識

キャスターの体格とパワーで決まる投竿の長さと硬さランク

COLUMN2 投げ竿の錘負荷に関する疑問を解消!!

実は竿の錘負荷に統一基準はありません

投竿の選択時に一般的な目安とされているのは、どんな硬さ(錘負荷)のアイテムを選ぶかということでしょう。これについてシマノではFX(23号)、EX(25号)、DX(27号)、CX(30号)、BX(33号)…と「標準錘負荷」を示し、同時にFXだと18~25号、EXで20~30号…というように各竿が対応する錘の幅を「錘負荷」として表記しています。

この錘負荷について、投げ釣りを始めたばかりの方から「同じ30号の竿ならどれも同じようなものだと考えれば良いの?」といった内容のご質問をいただくことがありますが、同じ号数表示でも製品によって反発力や使用感など特徴や性能はまったく違ってきます。投竿の表示号数、錘負荷の表記には統一基準というものはなく、竿の○○号といった表示はメーカーによって意味するところはかなり違ってくるものです。

たとえば、他社の30号を長年使っておられた方が「初めてシマノのCX(30号)を振ってみたが、曲げ難くて投げづらい調子だ」とおっしゃるケースがありますが、これはロッドの調子とは別の問題です。その方がイメージしている30号の竿とシマノが設定している基準は根本的に違い、パワーと使用錘(シンカー)がCXにはマッチしなかったということでしょう。

シマノの場合、「NAGE並継 ロッドセレクト早見表」のように各人の体格とパワーに合った投竿選択の基準を考えています。他社の30号を使ってきたのにCXが思い通りに曲げられないという方には、ぜひともDX+もしくはDXを振っていただきたいと思います。きっとイメージに近いキャスティングができ、なおかつそれまで以上の飛距離が得られるはずです。

意外とフトコロの広い投竿の錘対応幅

シマノの投竿における標準錘負荷の表示基準は、硬さランクに対応したパワーの成人男性がフルキャストしたときに最大限の反発力を生み、効率よく遠投できると想定される錘の号数を示しています。そしてCXの場合だと30号をピークに25~35号の錘でもそれに近い投擲が可能であり、錘負荷の範囲より軽い錘、重い錘だと普通の投げ方では投げ難くなります。

ただ、これはあくまでも硬さランクに対応したパワーの方が普通に投げることを想定しての基準であり、スポーツキャスティング(遠投競技)の選手がスイング投法等で強大なパワーとスピードでキャスティングする場合には適合する錘の考え方もかわってきます。たとえば、X2、X4、X6などといった非常にかたい竿のラインナップがありますが、これに15号、25号、30号の錘で最大限に曲げて超遠投するような遠投種目も存在し、X2(40号標準錘負荷)に15号の錘を使用するケースもございます。

また、シマノの標準錘負荷についての基準は前述の通りですが、同じ硬さランクであっても各モデルの性格は大きく異なります。たとえば、シマノの並継投竿にはキススペシャル、スピンパワーSC、スピンパワー、サーフランダーという4モデルがあり、いずれも表示の標準錘負荷で最も遠投性能を発揮する点はかわりませんが、使用素材と設計によって各モデルで反発力や調子の特性による使用感は大きく異なります(その詳細については改めてご紹介させていただきます)。

なお、よくあるご質問に「錘負荷25~35号とある硬さランクの投竿で、40号の錘をフルスイングしたら折れる恐れがあるのか?」というものがありますが、通常の使用においてシマノの投竿がその程度の錘のキャスティングで折れることはありません。実際、急潮流の釣り場でCXの竿に40~50号といった錘で潮が速い時間帯をしのぐことがあるというベテランもおられますが、それでトラブルがあったことはないそうです。ただし、そのような使用法は補償の適用外ですし、糸ガラミで竿が不自然に曲がったり、何かにぶつけるなどして竿が傷ついているケースだと、たとえ標準負荷の錘でも折損する恐れがありますからご注意下さい。