AKIHIRO SHINPO 新保 明弘 シマノインストラクター

新保 明弘 プロフィール

漁港から尺メバル狙いまで対応
Soare NEWモデル メバリング完全活用術

メバル釣りは、足場の良い漁港で手軽に楽しむこともできれば、ゴロタ場の尺メバル狙いやテクニカルなデイゲームなど様々なスタイルがある。「そこに新しいタックルを導入すれば釣りの引き出しが増え、釣果も面白さも向上します」という新保さんが、メバリングにおけるSoareシリーズのNEWモデル活用法を完全解説!

 

※ロッドはプロトタイプです

Soare NEWモデルの登場でメバリングの幅が広がる!

 

SoareシリーズのNEWモデルは、2016年夏から続々とリリースされている。
「奇をてらうのではなく、メバルの習性に合わせて、本当に釣れるものは何かということに重点を置いて開発されています。具体的には、夜のメバルは浮き気味で、ナチュラルなものを見て追って喰うから、釣り方はスローなただ巻きが基本。状況によってはカーブフォール。逆に日中はスローなただ巻きだとルアーを見切られるのでリアクション狙い。この基本メソッドは、メバルの習性が変わらない限り通用しますからね」。
 つまりSoareのNEWモデルは、メバリングの基本メソッドに準ずるということになる。
「その中に既存のアイテムにはない要素が含まれています。ルアーならレンジや速度、波動の強弱など魚に気づかせて喰わせる部分で、今までのルアーではできなかった隙間を埋めることができます。ロッドに関しても感度や操作性の向上で、自分の釣りが必ず進化します。SoareのNEWモデルを使うことで釣りの幅を広げ、釣果アップに結びつけることができますからね」。

「名前のとおりアジ用のストレートタイプですが、小魚のようなシルエットとライブテールのアクションは、漁港周りの一般的なメバル釣りにも有効です。ナイトゲームでは、ジグヘッドリグのただ巻きやカーブフォールで、普通に使ってください。ライブテールが細かく震えても波動はそこまで大きくないので、メバルを驚かせることもありません。メバルを探すというより、居るのがわかっているところで喰わせ系の一手として効果的です」。

●品番 : SS-T12K(1.2g)、SS-T16K(1.6g)、SS-T20K(2.0g)、SS-T25K(2.5g)
●カラー : 各3色
●本体価格 : 400~550円(3本入)

ヘッドに高比重のタングステンを採用。同じ重さでも一般的なジグヘッドよりヘッドがコンパクトで水を受けにくく、スッと落ちるフォールの速さでリアクションが引き出せる。

●品番 : SS-207L(0.7g)、SS-210L(1.0g)、SS-213L(1.3g)、SS-216L(1.6g)
●カラー : 各3色
●本体価格 : 350円(4本入)

水を切ってダートさせやすいヘッド形状で、ダート後はストンッと落ちずに水平気味の姿勢をキープ。緩急のメリハリでリアクションバイトを引き出しやすいジグヘッドだ。

For night game

「タダ巻きやカーブフォールで
喰わせの一手が増やせます」。

「新しく出たスフェーラヘッドとのコンビなら、カーブフォールさせながらロッドでサビいてスイミング。スフェーラヘッドはヘッドが大きめなので、違和感のないシルエットを考えると1.3gまでがマッチ。モモアジの胸ビレは、フォール中の姿勢安定にも役立ちます」。

For day game

「細身でダートしやすい。サイトで
リアクションバイトが誘えます」。

「モモアジは細身で水切れがいいので、日中のリアクションの釣りにも使えます。ジグヘッドはダートさせたいときはスキップヘッド。チョンチョンッと上下にメリハリのある動きも加えたいときはTGファインヘッド。喰わせやすいサイズ感で、サイトフィッシングにも有効です」。

For night game

「よりスローな釣りが展開でき、ゴロタ場の尺メバル狙いでも活躍します。」

「スタビライザーフットが水を噛んで引き抵抗が感じやすく、操作性が高いのが特徴の一つ。漁港周りなど一般的なメバル釣りでは、よりスローに一定層を引きたいときや、よりスローにフォールさせたいときにオススメです。また、スタビライザーフットの水押しによるアピールもあるので、ゴロタ場の尺メバル狙いにも使えます。ゴロタ場でよく使うTGファインヘッド2.5gなど重めのジグヘッドにセットしても、水を噛むからシャローをゆっくりただ巻きで探れます。ゴロタ場の流れのよどみや潮目で、エビやゴカイが泳いでいるときも効果的です」。

ビギナーからエキスパートまで使い勝手良し!

「アルテミアは、水をしっかり噛むから操作感や距離感がつかみやすい。ビギナーの方が手軽に楽しめる漁港周りのナイトゲームに適しています。上級者の方がゴロタ場で尺メバルを狙うときにも、スタビライザーフットによる波動のアピールが有効です」。

For Big mebaru

「フックの強度が高く、尺メバルにも安心して使えるジグヘッドです。」

「フォーリング中にワームの動きをいかしやすいショートシャンクのジグヘッドで、フォーリングで使うワームすべてに対応。ヘッドの凹みがフォール中に発生する水流でワームを動かす効果もあります。使い方は使うワームにもよりますが、モモアジとアルテミアならカーブフォールが軸。ロッドでサビきながら沈み込ませたり、カーブフォール中にチョンチョンッと誘いを入れるのも効果的です。ハリ先は開き気味で刺さりが抜群ですが、僕が気に入ってるのはフックの強度。尺メバル狙いでも安心して使え、2.0、3.0gで流れが絡むゴロタ際をカーブフォールやリフト&フォールで探れます」。

For day and night game

「夜はスローに一定レンジのただ巻き。日中はジャークも効きます。」

「メタルバイブはコンパクトで、ライトゲームのターゲットにちょうど良い大きさ。ジグヘッドリグより一定レンジを引きやすく、強めのアクションで通せます。メバル狙いなら後方のラインアイに結んでスローリトリーブが基本。デイゲームならジグヘッドリグでは届かない沖の潮目に投げて、中層以深に沈めて、ただ巻きやジャーク&カーブフォール。水深のある岸壁は、足元に落として岸壁際のリフト&フォールでリアクションバイト狙いなど、様々な使い方ができます」。

For day game

「日中にスライドアクションで
反射喰いを誘います」。

「TGエースは、メバルでは日中のリアクション狙いの釣りに有効です。使うのは7gまで。メタルジグは小粒にするほどアピールが弱くなりますが、TGエースはシャクリもフォールも派手なスライドアクションで魚に気づかれやすく、スイッチを入れて反射的に口を使わせやすい。この一連の流れは、メバルにも共通します。メバル狙いのコツとしては、ストロークの長いスライドのほうが喰いが良いです。シャクリ後のフリーフォールは長めに入れてください。同時に根魚や小型回遊魚など色々な魚が喰ってきます(笑)」。

Soare XTUNE
S706UL-S THE TACTICIAN ~喰わせの戦術家~
S706UL-T THE GENERAL ~全能の将軍~
S803L-T THE BARBAROS ~尺狙いの戦士~

NEW ソアレ エクスチューンは、スパイラルXやハイパワーXなど既存モデルの優れた機能を踏襲しつつ、新たなスペックを多数搭載してフルモデルチェンジ。よりシャープかつ高感度に進化し、手にすると軽さと同時に張りのある印象を受けるかもしれないが、曲がってほしいときはティップからしなやかに追従。ただ巻きの釣りがやりやすい。開発に大きく関与した新保さんによると「目的に合わせてより性格を絞り込んだ3機種」とのこと。各機種の特徴は新保さんに解説してもらった。
「シリーズ全体で言うと、既存のエクスチューンは5年ほど前に出ましたが、まだ5年や10年先でも十分使える性能を持っています。新しいエクスチューンはそれをさらに超え、10年以上先も第一線で活躍できるくらいの高性能。近未来型メバルロッドと言えますね」。

Soare XTUNEの3大機能

  • Xガイド

    チタン素材の冷間鍛造により、軽量・コンパクトで段差の少ない3D一体構造のフレームを採用した、シマノ独自の小口径傾斜タイプのガイドシステムを搭載。メバルリングでは一般的な極細PEラインを使っても、ティップへの糸絡みを大幅に軽減する。

  • カーボンモノコックグリップ

    カーボン一体成形されたリアグリップは、既存モデルより大幅にシェイプされシャープな印象。大幅な軽量化と感度の向上を実現するシマノ独自のテクノロジーだ。

  • ブリッジライクシート

    リールシートの空洞部が見た目から軽さをイメージ付ける斬新な形状。手のひらにフィットし、軽さと感度の高さを実感できる。カーボン強化素材のCI4+を採用。

グリップ周りは細部にも
こだわりが!

感度の高さとシャープな掛け調子を追求したソアレ エクスチューンアジングも、グリップ周りは同様の新機能を搭載する。だがロッドを立てて操作することが多いアジングは、ロック方式にダウンロックを採用。逆にティップを下げて巻くことが多いソアレ エクスチューンはアップロックを採用し、握りやすさとナットの緩み防止を両立している。

どちらのグリップもフィット感が良いです!

新保流ソアレ エクスチューンの使い分け

S706UL-S “THE TACTICIAN”

「2g以下のジグヘッドでただ巻きの釣りを成功に導きます」。

「ティップにタフテックαを搭載し、2g以下のジグヘッドでもリグの重さをしっかり感じながらリトリーブが可能。リトリーブ中にリグとの距離感がつかみやすく、手前5mでただ巻きからスローなカーブフォールに切り替えようとか、見せ方が変幻自在につけやすいです。また、高感度でアタリが出るということは、メバルに違和感を与えることになりますが、S706UL-Sは違和感を吸収しつつ、アタリをしっかり伝える絶妙なティップのしなやかさに味付けされています」。

S706UL-T “THE GENERAL”

「尺メバルにも使えるオールラウンドな一本です」。

「ティップはソフチューブトップで、感度を持たせながらしなやか。ジグヘッドリグからプラグまでメバルリングで使うルアー、リグが幅広く使えます。また、バットも強いので、尺クラスのメバルにも十分対応。プロトタイプの実釣では32cmを釣っているし、4.5kgのヒラスズキも手にしています。感度が良いから大型メバル狙いでプラグを使っても泳ぎの振動が手元に伝わりやすく、潮の流れの変化など水中の様子も把握しやすい。アタリの探知能力も非常に優れています」。

S803L-T “THE BARBAROS”

「強いけど曲がりはメバルロッド。尺メバルなど大型狙いに特に有効」。

「かなり硬めのメバルロッドですがソフチューブトップを搭載し、喰い込みで違和感を与えにくく、曲げるとメバルロッドのしなやかさが感じられます。2g以上のジグヘッドリグやキャロライナ、4g以上のメタルジグやプラグなど重めのリグやルアーを使い、ロングキャストが必要なゴロタ場やサーフの釣りで活躍します。また長さと硬さは、足場の高い釣り場や、足元に根が張り出すよう磯で、操作性やファイトの優位性が実感できます。強さの中にしなやかさを秘めたメバルロッドを求めている人におすすめです」。

3タイプのティップの曲がり方を比較

「しなやかなティップに強いバットというのが一目瞭然ですね」

  • S508L-S

  • S706UL-T

  • S706UL-S

実釣現場で「ちょっと重めですけど、これは約200gくらい」と新保さんの手持ち感覚で計測したスプレー缶を負荷に、即興でティップの違いによる曲がりを比較。「張りのあるハイレスポンスソリッドを搭載したソアレ エクスチューンアジングS508L-Sと明らかに違いますよね。タフテックαのS706UL-Sのほうが、同じレングスでソフチューブトップのS706UL-Tよりティップがより入っています。でも、いずれもベリーからバットにかけては、負荷をしっかり受け止めている。ソアレ エクスチューンシリーズ全機種が、尺クラスをかけても十分対応できるパワーを備えています」。

WEB LURE X MOVIE
メバリングシリーズ
進歩する尺メバルハンティング 32cmを捕獲!

新保さん使用タックルセッティング例

おすすめ関連記事