丹羽 喜嗣 シマノフィールドテスター 新保 明弘 シマノインストラクター

丹羽 喜嗣 プロフィール

新保 明弘 プロフィール

SoareシリーズのNEWモデルで
今まで獲りきれなかったアジを釣り尽くす!

アジングは手軽に楽しめる反面、アジが居るのに釣れないことも多い奥の深い釣り。必ず獲りきれないアジが居て、それをどう攻略するかが楽しさでもある。このアジングの醍醐味を味わうためにSoareの新ルアー、新ロッドを使い、アタリを途絶えさせずに掛け続ける絶技を二人のアジングマスターが公開!

 

丹羽 「ライブテールが特徴!ありそうでなかったストレートワーム」

「既存のSoareシリーズにありそうでなかったスタンダードなストレートタイプです。一番の特徴はシラスのようなシルエットと、細かく動くテール。日中も夜もアジの反応が得られます。漢字で書くと百鯵。これで100尾釣る!という意味が込められています」。

新保 「ビギナーでも簡単に、もうワンバイトが引き出せます」

「細身の小魚っぽいシルエットに、ライブテールがわずかな水流を受けるだけで細かくピリピリ震えます。ただ巻きやフォールで生命感のあるアクションで誘って喰わせることができる。ビギナーの方でも簡単にもうワンバイトが引き出せます」。

Soare モモアジで釣りきるための達人ワザ

「日中は横と縦の誘いを使い分けて獲りこぼしを減らします」(丹羽)

アクションのつけ方は、横も縦も竿先でチョンチョンッと軽くトゥイッチするだけ。

「日中のアジは目でエサを認識。シラスっぽいモモアジはそんな状況でも有効で、喰い気のあるアジはただ巻きやカーブフォールで釣れる。活性が低ければ、スキップヘッドとの組み合わせでトゥイッチ。横ダート後に止めてフォールで誘うと効果的ですよ。あるいはTGファインヘッドでチョンチョンッと誘って止めてスッと落とす。横と縦の誘いで、どちらに反応が良いかを試します」。

●品番 : SS-T12K(1.2g)、SS-T16K(1.6g)、SS-T20K(2.0g)、SS-T25K(2.5g)
●カラー : 各3色
●本体価格 : 400~550円(3本入)

ヘッドにタングステンを採用。コンパクトで重いヘッドで上下にメリハリの利いたアクションがつけやすい。

●品番 : SS-207L(0.7g)、SS-210L(1.0g)、SS-213L(1.3g)、SS-216L(1.6g)
●カラー : 各3色
●本体価格 : 350円(4本入)

ダートさせやすいヘッド形状とダート後水平姿勢でフワッと漂うようなバランス設計の喰わせのダート型ヘッド。

「表層の小魚を意識したアジをPEラインの浮力をいかして攻略」(新保)

「アジがシラスなど表層付近のベイトフィッシュに付いて活発に捕食しているときは、比較的釣るのは簡単。アタリが止まってからどう釣るかが勝負で、PEラインの浮力をいかした釣りも一つの手です。フロロカーボンよりスローなただ巻きやカーブフォールができ、リアルなシルエットとライブテールの相乗効果でバイトを継続できます」。

新保さんPEライン使用時の
タックルセッティング例

丹羽 「コンパクトでもスタビライザーフットの水押しでアピール」

「ボディ両サイドから進行方向に伸びるスタビライザーフットが特徴で、1.6インチとコンパクトですが水押しは強め。これは主にナイトゲームのアミパターンで使用。スレはじめてバイトが減ってきたなというときに投入すると、釣獲ペースを取り戻すことができます」。

新保 「甲殻類やプランクトン捕食時に有効。操作感もわかりやすいです」

「シーモンキーなどプランクトンの仲間をイメージして開発されたワームで、甲殻類やプランクトンを食べているアジに効きます。スタビライザーフットが水を噛んで引き抵抗が得やすく、ビギナーの方でもリグの存在を感じながらスローな釣りが展開できます」。

Soare アルテミアでアタリを継続する達人ワザ

「アミパターン第二の刺客。スローダイバーのフォローで威力を発揮」(丹羽)

「スローダイバーはリップフットが強く水を押し、ボディもボリュームがあってアピール力はあるけどスレは早い。活性の高いアジを効率良く獲って、アタリが遠のいてきたらアルテミアでフォロー。自分の感覚だと水押しはスローダイバーの半分くらいで、強さを嫌っていたアジがアルテミアに反応。アルテミアでもアタリが減ってきたら、さらにアピールを落としてモモアジでダメ押し」。

アピール

●品番 : SW-114N(1.4インチ)
●カラー : 9タイプ(2色アソート)
●本体価格 : 520円(8本入 4本×2色)

アミパターンのフォールの釣りに対応。ボディに対して大きめのリップフットが水を噛んでスローフォールを実現。強めの波動でアミを捕食するアジにアピールする。

アピール

Soare モモアジ

アピール

Soare アルテミア

「遠投してスローに誘わないと喰わない局面でも活躍します」(新保)

「アルテミアはスタビライザーフットのおかげで引き抵抗が感じやすい。ということは、例えば1.3gのスフェーラヘッドにモモアジを刺すより、アルテミアのほうがスローフォールやゆっくりと一定層のただ巻きが可能。重めのジグヘッドで遠投して、よりスローな釣りがしやすいです。シルバーラメなどクリアラメ系カラーを選べば、小魚捕食時にも効きます」。

丹羽 「ワームの動きを最大限引き出すフォール特化型のジグヘッドです」

吸い込みも良好!

「フォール時にワームの威力を最大限発揮させるために開発。ヘッドの凹みが内側に巻き込むような流れを発生し、その流れがワームに波及。ハリはショートシャンクで、要は背骨が短くなるから、ワームが動きやすくなります。また口の中に吸い込まれやすく、ワイドゲイプの開き気味のハリ先が上アゴを瞬時とらえてしっかり貫きます」。

新保 「吐き出される瞬間もかかりやすい。ハリの強さも魅力です」

吸い込みも良好!

「ハリ先がやや外向きで、アジが口の中に吸い込んで吐き出そうとしたときに、ハリ先が口内のどこかに初期がかりしやすい。アワセがワンテンポ遅れてもフッキングに持ち込む確率が高まります。ハリは強く、尺アジをかけてもびくともしません」。

Soare スフェーラヘッドでMore Biteを引き出す達人ワザ

「ディープレンジをジグヘッドリグで攻める釣りにも対応します」(丹羽)

「スフェーラヘッドは0.6gから3gまであって、1.6gまでは潮の流れにもよりますが水深15m未満で使用。水深15m以上は2~3g。従来はキャロライナリグなどを使っていたディープレンジを重めのジグヘッドリグで攻める、今、西日本を中心に流行っている釣りにも対応します」。

「ジグヘッドを使い分けてフォールにバリエーションを持たせます」(新保)

「同じ1.2gのカーブフォールでも、ミニドラッグヘッドは水を受けて沈下速度が遅く、潜行角度は浅め。逆にTGファインヘッドは、ヘッドがコンパクトでミニドラッグヘッドより沈下が速く、急潜行。その中間がスフェーラヘッド。ジグヘッドの使い分けで、フォールの見せ方を変えて釣果が伸ばせます」。

ヘッド前面が水を噛んでスローカーブフォールを実現。ミニドラッグヘッドのフックはモモアジ、アルテミアにもジャストサイズだ。

●品番 : SS-203N(0.3g)、SS-206N(0.6g)SS-208N(0.8g)、
SS-210N(1.0g)、SS-212N(1.2g)
●カラー : 各2色
●本体価格 : 450円(4本入)

丹羽 「イレギュラーなアクションで
リアクションが誘いやすい」

「3.5g、5g、7gはアジングタックルで使えて、誘い上げでもフォールでもボディを横(水平)にするようなイレギュラーなアクションをともないやすい。日中にボトム付近に沈んだアジに、トリッキーな動きとフラッシングで反射的に口を使わせることができます。ジグヘッドリグに反応しないアジが獲れます」。

新保 「ただ巻きもOK! 多彩なアクションで様々な活性のアジが狙えます」

「シャクリやフリーフォールでスライド。ただ巻きやカーブフォールでヒラヒラ泳ぐ。活性の高いアジがいればタダ巻き。シャクリ後、喰わせの間を長く取りたければカーブフォール。より派手なアピールで反射的な喰わせるなら、チョンチョンっとシャクった後、フリーでスライド幅の広いフォールなど、アジの活性に合わせて多彩な誘い方ができます」。

Soare XTUNE Ajing
S508L-S “THE SWASHER” ~近距離戦の闘士~
S604L-S “THE FENCER” ~掛けの剣客~
S610L-S “THE SWORDMASTER” ~掛けの剣匠~

今まで釣り残していたアジを獲るために、ルアーと同様に重要な役割を果たすのがロッドだ。2016年秋、シマノのアジングロッドの最高峰ソアレ エクスチューンアジングが登場。開発に携わった丹羽さんが求めたアジを釣り尽くすためのこだわりとは? 丹羽さんが新たなアジングソードの魅力を明かす。

「高感度な掛け調子をベースに個性を持たせた3機種です」(丹羽)

「ソアレ エクスチューンアジングを一言で表せば、従来のソアレ エクスチューンのシャープさをブラッシュアップしたと言えます。ティップは、高感度で操作性に優れるハイレスポンスソリッドを搭載。シマノ独自のXガイドを新たに採用し、ティップ部の糸絡みも大幅に軽減されています。グリップ周りもブリッジライクシートやカーボンモノコックグリップなど、軽量化と感度を増幅する新機能を搭載。わずかな流れの変化など、水中の情報を手元に伝えてくれます。繊細なアタリを感知して、シャープにかけることができる3機種ですが、各機種に最先端のアジングで欠かせない尖った個性も持たせています」。

S508L-S “THE SWASHER”

ジグヘッドリグの釣りを極めるための短剣

「S508L-Sは、シンプルにして奥が深いジグヘッドリグの釣りに本気で取り組むために開発。軽量ジグヘッドリグの釣りは、近距離戦が主流なので6フィートを切るショートレングス。短さは持ち重り感をなくし、操作性と感度の向上に寄与します。繊細な操作からバイトを誘い出せて、手元に伝わる感度はずば抜けて良い。でも単なる硬いロッドではなく、負荷に対して素直に曲がるのでバラシも少ない。感度を削ることなく、曲げることに成功したロッドです」。

S604L-S “THE FENCER”

“掛け”と“乗せ”を併せ持つオールラウンドな剣客

「6’4’’は、アジングロッドでは王道のレングス。あらゆるリグに対応し、操作性と遠投性の高さを兼ね備えています。高感度で掛け調子が基本ですが、ティップは負荷に対してややもたれる感じの、乗せテイストを残しています。こうすることで流れの速さや重さ、リグの存在感など水中の様子がティップを介してわかりやすく、リグをサビき中のバイトも弾きにくい。S508L-Sより広い範囲を繊細にサーチできます。アジの活性が高いときは、ノリが良いから釣りが楽です」。

S610L-S “THE SWORDMASTER”

水深10m超えのディープに斬り込むための一本

「S610L-Sは、二つの特性を持っています。一つは、S604L-Sとよく似たジグヘッドリグからキャロまですべてをカバーできるスーパーヴァーサタイルな一面。もう一つは尖った特性で、3g前後の重めのジグヘッドリグでディープレンジにアプローチ。レングスが長めで張りがあるので、深場に落としたジグヘッドリグを的確に操作でき、高感度な掛け調子でわずかなバイトを感じてフッキングできます。水深10m以浅はS508L-S、S604L-S。10m以深はS610L-Sという使い分けができます」。

WEB LURE X MOVIE
アジングシリーズ
今まで獲りきれなかったアジを釣り尽くす!〜デイアジング攻略〜

丹羽さん使用タックルセッティング例

おすすめ関連記事