TOMIDOKORO JUN 富所 潤 シマノインストラクター

富所 潤 プロフィール

タナを探し、誘い、掛ける!
メタルスッテ3段攻撃。

シンプルな仕掛けで気軽に挑戦でき、しかもゲーム性が高いメタルスッテゲーム。釣果を伸ばすために実戦メソッドとタックルをイカ先生こと富所氏が解き明かす。

 

セフィア XTUNE METAL SUTTE

探って、誘って、掛ける。
メタルスッテゲームを極めるためのロッドだ。

タナを探せ!答えはそこにある。

シンプルな仕掛けで気軽に挑戦でき、しかもゲーム性が高いメタルスッテゲーム。シンプルな仕掛けという点ではアオリイカを狙うティップエギングがあるが、ケンサキイカなどいわゆるツツイカ系を狙うメタルスッテゲームでは攻め方も異なってくる。そのあたりから訊いてみたい。

「メタルスッテゲームの基本は、まず着底させて4~5回シャクってそのままテンションをかけながらステイ。そのままのレンジからシャクリとステイを繰り返しながら、タナを段々と上げていきます。ティップエギングと違うのは、底を取り直さずに、投入した仕掛けを誘いながら表層まで上げてくること。イカはベイトの動きに反応して、ボトムから表層付近まで散っているので、どのタナでアタるか分かりません。タナを探りながら誘い、掛ける!それがこのゲームの面白さです」。メタルスッテだけ、あるいはメタルスッテ+ドロッパーだけで狙うメタルスッテゲームでは、イカのいる層にスッテを通すこと、イカのいる層を探し出すことが重要になるということか。
「アタリがあったレンジにイカがいることは確かなので、そのレンジ周辺を重点的に狙うのはもちろんありです。アタリの取り方ですが、メタルスッテゲームでは、手元にくるアタリはほとんどありません。ティップエギングのように、穂先にかかる負荷が抜けるアタリがメインになります。“小さなアタリをいかに取るか”です。そのため、とにかく穂先をしっかり見てください。ほんの少しでも穂先に変化があれば合わせてください。その“ほんの少しの変化”が、メタルスッテゲームのアタリです」。メタル製のスッテは、イカが触れた瞬間に違和感を感じて離れてしまう。イカがスッテに触った瞬間に合わせる!これが大原則だ。小さなアタリを取り掛ける。この繊細でスリリングな瞬間に、メタルスッテゲームの醍醐味を感じてもらえるはずだ。

“小さなアタリを いかに取るか”です。 ほんの少しでも穂先に変化があれば合わせてください!

異次元の軽さと操作性。

イカがいるタナを探りながら誘い、掛ける!その面白さを追求できるロッドがセフィア XTUNE METAL SUTTEである。イカを誘い、タナを探し当てる上で重要になるのがロッドの操作性だが、セフィア XTUNE METAL SUTTEの操作性はこれまでのメタルスッテロッドとは次元が違うという。「とにかく軽い、単に自重が軽いということではなくて、重心がちょうど手元にくる『ゼロバランス設計』によって、リールを付けた時の手持ちのバランスがものすごくいい。使って感じる軽さが違うんです。仕掛けを投入し、誘う→フォール→止める、この繰り返しにストレスをまったく感じません。操作性がいいので一日シャクっても疲れません」。

[ゼロバランス設計] (メタルスッテモデルのみ)

バランスの最適化による
「本当の軽さ」

トラブルレスと感度が違う。

ナイトゲームが主体となるメタルスッテゲームだが、そこで起きやすいライントラブルについてもこのロッドは抜かりがない。「夜間の釣りはロッドもラインが見えにくいのでどうしても糸絡みが起きやすい。しかしXガイドはほとんど糸絡みがない。ロッドの上にラインが乗っても不思議と絡まないんです」。さらに、ベイトモデルは手元から先端に向けてガイドが下方向にセッティングされたスパイラルセッティングが採用されているのでトラブルレス性能が向上している。「ナイトゲームでも穂先の変化を見極めたいので、白塗り赤スレッドのティップは視認性が抜群です。極小アタリを逃さないことが、メタルスッテゲームの必須条件ですから」。

  • 白塗り赤スレッドのティップは視認性が抜群

張りのあるブランクスで積極的に掛けていく。

ティップは超しなやかソリッド穂先「タフテックα」を搭載しながら、ブランクスはスパイラルXとハイパワーXのダブルX構造によって、繊細なロッドにありがちな“ダルさ”がないと富所氏。「ベイトモデルのB605M-SもスピニングモデルのS605ML-Sも、バットとベリーにパワーがあるので、積極的に掛けていける。掛け合わせで、モタつく感じがまったくない。誘い重視で掛ける面白さを追求したロッドに仕上がってます」。

超しなやか
ソリッド穂先

タナを探す決め手はカウンター付きリール!

タナを探る上で今はカウンター付きリールを使う人が増えている。それほどタナ探しはシビアなのだろうか?「たとえば、水深20mと水深22mというだけでアタリの可能性がガラッと変わります。たった2mの違いが実は大きい。アタリがあったレンジにイカがいることは確かなので、そのレンジ周辺を重点的に狙うのはもちろんありです」。カウンター付きリールが圧倒的に有利でれば使わない手はないと?「同じタナで釣れるのはせいぜい2〜3杯。上から下まで徹底的にタナを探る、これが釣果を分けます。今のカウンター付きリールはグラップラーCTのようにほんとにコンパクトになった。セフィア XTUNE METAL SUTTEはカウンター付きリールを装着しても持ち重り感がないので、従来のリールと同じ感覚で操作できる。使わないと損でしょ(笑)」。

富所さんおすすめセッティング

グラップラーCTは51mmロングクランクハンドル搭載で、大型のケンサキや引きが強いスルメイカも巻き上げやすい。カウンターにLEDバックライトの機能もあるのでナイトゲームでも水深やタナを瞬時に把握できます。
自重が軽いので、軽量ブランクスのSephia XTUNE METAL SUTTEに搭載しても、バランスが良く、軽快な操作性を味わえます。

ベイトセッティング

スピニングセッティング

WEB LURE X MOVIE
細部にまで妥協を許さない最高の性能を追い求めた
メタルスッテ専用ロッド

おすすめ関連記事