HIROTO YAMAMOTO山本 啓人シマノインストラクター

山本 啓人プロフィール幼少時、身近な海でのエサ釣りを経て、ルアーフィッシングをスタート。ソルトゲーム全般に親しむ過程でジギングに出会う。現在は「理論と勘を駆使して考える」釣りであるスロー系ジギングに没頭。その魅力を発信している。

狙いはドラゴン!
近海の幽霊をメタルジグで捕獲せよ!

山本啓人流 タチウオ攻略術

その神出鬼没さから“幽霊魚”とも呼ばれるタチウオ。釣れるときはいとも簡単に釣れるのに、喰い渋ったときの難しさは他の魚の比ではない。“ヒットレンジ”、“ジグカラー”、“誘いのパターン”はもちろん、リーダーを断ち切る鋭い歯もアングラーを悩ませる。しかし、考える要素が多いことに振り回されてはダメ。迷いなくシンプルに攻めてこそ答えが見えてくる。山本啓人さんのタチウオ攻略にそのヒントを探ってみよう。

 

まずはタナを探すこと 基本はワンピッチだ

近海から遠征まで、ジギングで様々な釣りを体験してきた山本さんは、「タチウオジギングは一番難しくて面白い釣り」と語る。
手軽でありながら究めようと思えば奥が深い釣り、それがタチウオジギングだ。 山本さんがタチウオジギングで重視するのは“ヒットレンジ”。曰く「ジグの動きやカラーよりも、まずは潮の変化するタナや、タチウオが反応するタナを探します。とにかくまずはアタリを出すことが先決。そこから少しずつヒットパターンを絞り込んでいくのが僕のやり方です」。

そのために必要になるのは当たり外れのないメタルジグ。沈下が速く、ジャーク時にもフォール時にも余計なイレギュラーアクションをしないもの。あれこれ迷わず、信じて使い込めるベーシックなものが良い。もちろんカラーも条件に特化せず、オールマイティなものを選んでアタリを探っていく。 メタルジグの重さは確実に底を取れることを条件に選ぶ。
「軽すぎず重すぎず、その時の潮流と自分のタックルでヒットレンジを丁寧に探れる重さを選ぶことが大切です」と山本さん。誘いの基本はワンピッチジャークだ。

タチウオジギングでは知らないうちにジグをかじられていることもよくある、と山本さん。「ジグの回収時は必ず歯型の有無を確認してください」。

02T パープルゼブラグロー

太く短いコンパクトなシルエット

ワンピッチジャーク対応の専用設計。釣れる!タチウオ特化型ジグ。

フィールドも使い手も選ばないベーシックの強み!

●品番 JT-S08Q(80g/94mm)、JT-S10Q(100g/101mm)、 JT-S12Q(120g/108mm)、JT-S15Q(150g/115mm)、 JT-S18Q(180g/123mm)、JT-S20Q(200g/128mm)
●カラー 01T ピンクゼブラグロー、02T パープルゼブラグロー、 25T ゼブラグロー、36T スーパーフルグロー、 56T サーベルキャンディ、62T レッドゴールドゼブラグロー、 65T スミヤキリフレクション、66T ドチャートキャンディ
●本体価格 1,040円〜1,240円

底取りも速くヒットレンジを的確に攻略!ビギナーにも使いやすいジグ。

『サーベルチューン ワンピッチ』は、その名の通りタチウオジギングの基本テクニックであるワンピッチジャークに特化したジグ。

重心はやや後方に寄ったセミリアバランスに設定されているため、底取りが速い。また、太く短いシルエットはジャーク時のダートを抑え、適度に水を噛むサイドフラット形状が切り返しの速いフォールを表現。釣り場も使い手も選ばず、幅広いシチュエーションに対応する。
「このジグはジャーク時もフォール時も大きく動き過ぎないため、タチウオがミスバイトしにくく、ラインブレイクが非常に少ないですね。また、シルエットも同ウェイトのほかのジグより一回り小さいため沈みが速く、底取りも楽。適度な引き抵抗でジグの動きを実感できることも、使いやすさの秘密です」。

サイズはタチウオジギングのど真ん中ともいえる80gから200gまでの6種類を設定、カラーもグロー系6色を含む定番ヒットパターン8色を厳選して全国の釣り場に対応。
「カラーローテーションは頻繁に行う必要はありませんが、色によってタチウオの反応が変わることがあるのは事実。気分転換にもなるので、アタリがなければ違う色を試します。その際のキモは、何故その色にするかを常に意識すること。それが次の釣行にも活きてきます」

ワンピッチジャークに特化したタチウオ専用ジグ。「沈みが速くて動かしやすく、ミスバイトも少ない」。

コストパフォーマンスの高いタチウオ専用PEライン。

タチウオ専用設計の4本編PE。“タフクロス工法”採用で低伸度を実現。魚から見えにくいステルスカラーを採用。高切れを防ぐマーキングレス仕様。

●品番 PL-S64Q
●長さ 200m
●カラー 10m×5色(ステルス、ピンク、ライトブルー、イエロー、ホワイト)
●本体価格 2,290円

タチウオ専用!価格を抑えた4本編PE

タチウオジギングには専用設計のラインが必要!という声に応えて開発した、4本編のPEライン。200m巻きで本体価格2,290円と買い求めやすい価格ながら、『EX8シリーズ』で定評のあるタフクロス工法を採用して高強度・低伸度・耐磨耗性を実現。表面には滑りやすく糸捌きがしやすいシリコンコートを施し、ディープレンジからのアタリも確実に捉える。

また、ラインカラーには独自のステルスパターンを採用。タチウオに近い部分には見えにくいステルスや水中で吸収されやすいピンクを使用し、アングラーに近いリール側のカラーは水面と同調しやすいイエローやホワイトに着色されている。

さらにミスバイトのリスクを低減し、高切れを防ぐため、タチウオやサワラのバイトマーカーとなりやすい1m/5mごとのマーキングも排除。アングラーからの視認性と、タチウオからの見えにくさを両立した。
「ラインはタチウオから見えにくく、人間からは見やすいものが理想です。もちろん、魚からまったく見えないということはありませんが、少しでも目立たないものなら、それだけ釣果も上がりやすい。『サーベルチューン EX4 PE』は、そこをよく考えたライン。低伸度で強く、サワラや青物が来ても安心です」

●品番 300HG(右)、301HG(左)
●本体価格 34,000円

●品番 150HG(右)、151HG(左)
●本体価格 27,500円

タチウオジギングにはベイトタックルがベストマッチ。『グラップラー 300HG/301HG』は最大巻上長84cmでラインキャパシティはPE2号380m。『グラップラーCT 150HG/151HG』は最大巻上長70cmでラインキャパシティはPE2号150m。

軽快かつパワフル!タチウオ用両軸リール

タチウオのヒットゾーンは広く、一日のなかでも上下に目まぐるしく変動するため、レンジ対応力に優れたベイトタックルが絶対に有利。想定される水深に対して十分なラインキャパシティがあり、滑らかさとパワーを備えていれば申し分ない。
『グラップラー 300HG、301HG』は『マイクロモジュールギア』、『X‐SHIP』に高剛性『HAGANEボディ』及びカーボンクロスワッシャを装備したハイレベルな仕様。外観はパーミング性に優れるロープロファイルボディで、70mmのハンドルには『CI4+』のラウンドノブを採用している。

糸巻き量はPE2号×380mを誇る大容量とギア比6.2の巻き上げはタチウオ・青物のライトジギングからスロー系ジギング、ディープの鯛ラバまで、幅広いシーンに対応。

ヒット後はエキサイティングドラグサウンドが感動的なファイトを演出する。 『グラップラーCT 150HG、151HG』はカウンター機能を装備し、様々な釣りに応用できる軽量リール。水深を瞬時に知ることができるため、船長の指示するタナに合わせてジグを操作することが容易。『探見丸』を併用することでさらに正確な情報を得ることが可能だ。糸巻量はPE2号で150m。自重290gと軽く、ライトなシーンを中心にその真価を発揮する。

タナを狙い、掛けるタチウオ専用ジギングロッド

“低活性時にこそ釣れる性能”を突き詰めたロッド。可動域が広く変幻自在のジグアクションを生む6フィート6インチのレングスに、小技が効くレギュラーファストテーパーの設計。ブランクスには『ハイパワーX』と『スパイラルX』を搭載。感度、操作性、粘り強さに高いフッキング性能を兼備しドラゴン級にも余裕で対処。

●品番 B66L、B66ML、B66M、B66MH
●本体価格 36,000円〜37,000円

『ハイパワーX』搭載。繊細かつ大胆にタチウオを撃つ!

オフショア用BBシリーズ初となる『ハイパワーX』を搭載。中弾性カーボンの粘りと繊細なティップがジグの動きをマイルドにコントロールし、フッキング時には強靭なバットが瞬時に反応する。初級~中級のアングラーにも扱いやすいオートマチックな操作性は、上位機種にも引けを取らない。

●品番 B66L、B66ML、B66M、B66MH
●本体価格 17,000円〜18,000円