フォールを意のままに操る!

あるときはジグを海底に送り込む仕掛け、あるときは魚にジグを気付かせる誘い。そしてまたあるときはバイトを演出する動きの変化。
ジギングの場面、場面において、フォーリングはとても重要なカギを握るテクニックだ。これを自在にコントロールすることでヒット率は格段に上がる。
それを検証するため、鈴木斉さん、山本啓人さん、飯田康弘さんの3名が、グラップラープレミアムを手に大阪湾に向かった。

ANGLER PROFILE

  • シマノインストラクター SUZUKI HITOSHI鈴木 斉 プロフィール茨城県出身。幼少時より釣りに没頭。シーバス、ジギング、GTなど多彩な釣りの経験を経て、現在はプロアングラーとして活躍中。技術レベルの高さはもちろんのこと、高い集中力を要求されるヒラマサキャスティングやマグロゲームにおける「ここ一番の勝負強さ」に定評がある。

  • シマノインストラクター YAMAMOTO HIROTO山本 啓人 プロフィール幼少時、身近な海でのエサ釣りを経て、ルアーフィッシングをスタート。 ソルトゲーム全般に親しむ過程でジギングに出会いジギングにハマる。 ジギングでの出会いや、釣り場での楽しさに取り憑かれ、現在は「理論と勘を駆使して考える」釣りであるスロー系ジギングに没頭! その魅力を発信している。

  • シマノオシアモニター IIDA YASUHIRO飯田 康弘 プロフィール福井県在住。幼少時より渓流釣りに親しみ、その後ソルトルアーにのめり込む。シーバスやショアキャスティングなど様々な釣りに精通するマルチアングラーだが、特にライトジギングを代表としたオフショアライトゲームに造詣が深い。

フォール対応ベイトリール グラップラープレミアム

今回3人が使ったリールは、この春登場したばかりのグラップラープレミアム。

ボディサイズはライトジギングに適したサイズで、ラインキャパシティはPE1号-330m。ギア比は1:8.1で、ハンドル一回転の最大巻上長は81cmというエキストラハイギア仕様である。

このリールのスゴイところは、HAGANEボディ、マイクロモジュールギア、Xプロテクトなどシマノのベイトリールの主要フィーチャーをフル装備したうえで、デジタルカウンターと新機構のフォールレバーを搭載していることである。

フォールレバーは、ジグのフォールスピードを自在にコントロールするためのもの。またデジタルカウンターは、ジグのフォールスピード、巻き上げ速度と水深をリアルタイムに表示する。

レベルワインドはスプールの回転と連動するため、ライン角度は常に直線を保ち続ける。このためライン放出時の引っ掛かりがなく、フォーリングは非常にスムーズ。なおかつ、大物がヒットした際のドラグ作動も滑らか。細いラインを使うライトジギングでも、安心してやり取りすることが可能なのだ。

ではこのグラップラープレミアムを使って、どのような釣りを展開するのか?
以下に3者3様のスタイルを紹介しよう。釣り場は寒波の直撃で激シブ状態の大阪湾。エサ釣りの船さえ、まるで釣れていないタフコンディションで、3人のエキスパートはどのように釣りを組み立て、結果を出していくのだろうか?

フォールとシャクリで「喰える獲物」を演出 〜鈴木斉の場合〜

まずは鈴木斉さんの描くイメージを紹介しよう。鈴木さんは、ジギングはもちろんウェーディングのシーバスからキャスティングのビッグゲームまで幅広いジャンルをカバーし、経験値の高さで他を圧倒するアングラー。今回はどんな作戦でタチウオを狙う?

「タチウオでも青物でも、ジグがヒラヒラと落ちていくときにアタリが出ることはとても多いんですが、そのなかにも喰えるスピードと、反応はするけど追い切れないスピードというのが必ずあります。ある程度大きな魚なら、多少スピードが速くても捕食できるのですが、小型魚や喰い気がない魚は諦めてしまいます。それを喰わすには、魚たちに『この獲物は喰える』と思わせるスピードを探り当てていくことです。それをいままではサミングでの指の操作でやっていましたが、グラップラープレミアムのフォールレバーを使えば簡単に行なえて、再現性もある。今回はそういう釣りを楽しんでみたいですね」。

シャクリで喰わない魚を次のフォールで獲る

「僕の戦略は基本通り、まずジグを底まで沈めてシャクり、アタリがあっても乗らなかったり、レンジを抜けてしまったりしたら再フォールというもの。このとき完全なバーチカルだと、スッと落ちてしまって魚が追い切れないことがあるんですが、それをレバーでコントロールして…分かりやすく言うと、ドテラでジグが少し引っ張られてヒラヒラ動く感じをバーチカルでも出してあげるんです。

クラッチを切ってビューンと落とすのではなく、そのとき魚が好む、追い切れる速度で落としてやることでアタリを取っていく。もちろん、速く沈んだほうが反応が良い時は、レバーを緩めてスッと落とします。あとはその周りにベイトがいるなら、そのなかをゆっくり見せながら落とすというのも一つの手ですね。そういうことがわかれば、同じレンジを同じスピードで誘ってアタリを連続で出していくことができるんです」。

あくまでもベイトを連想させること

「沈下速度はけっこう細かく変えていますよ。反応に応じてパッと落とすか、じっくり見せるかというのは常に考えています。ただ、あまり遅くし過ぎて動きを殺してはダメ。基本的にジグは金属なので、そのまま沈んで行っても魚は見向きもしません。あくまでもベイトを連想させるアクションがきちんと出る範囲内で、スピードを調整してあげることが重要です。ジグをいかに潮になじませて、ヒラヒラと落とすか。喰いが悪い時はジグのウェイトを軽くして沈下を遅くすることも考えています」。

フォールとジャーク、両方でヒット!

こんな想定でジグを落とし始めた鈴木さん。スピードを変えたり、ジグの重さを変えたりと、あらゆる可能性を試して答えを探していくが、激シブの予想通り簡単には口を使ってくれない。しかしそんな中、サーベルチューンワンピッチ150gのレッドゴールドゼブラグローを使って見事に船中1本目のタチウオをヒット。レンジはボトムから5m、フォールスピード8からワンピッチのショートジャークで誘ってアタリを取った。

「速いシャクリではなくて、ゆっくり目に動かしてからヒラッとヒラを打たせて、落ちた瞬間に喰いました」。

そして続けてヒット。今度は上からのフォールに喰い上げてきた。

「タナはボトムから8~9mで、フォールスピードは7。さっきより遅めです。やっぱりタチウオはフォールを見ていて、フォールとシャクリのスピードが合った時に喰ってくるという感じですね。アクションはジグが横を向かないイメージで、ゆっくりと行うのがキモです」。

レベルワインドの連動がスムーズなフォールを実現!

■ リールインプレッション

「フォールスピードは非常に重要ですが、潮の速さとか船の流れ方とか色々なことがあって、一定に調整するのは難しい。
何度も言うように、このリールの最大のメリットは、フォールレバーが付いたことによってそれを自在に、正確にコントロールできることです。それとこのリールはレベルワインドも連動しているのでラインの放出にムラがなく、フォール中の小さなアタリも取りやすい。

ドラグも滑らかに作動してブレイクや身切れ、口切れを防いでくれるので、ライトライン前提のこの釣りでも安心してやり取りができます。
ギアはエキストラハイギア設定ですが、タチウオはとくに、早く巻き上げたほうがバラシが少ない魚なので、このくらいの巻き上げ速度がベストですね」。

細身軽量に強さを秘めたブランクス

■ ロッドインプレッション

「今回僕が使ったロッドはオシアジガーLJです。
このロッドはスパイラルXコアの効果で粘り強く、細くて軽いブランクスのなかに強さを秘めているため、不意の大物もしっかり受け止めて浮かせてしまいます。
また、レスポンスがよく復元力にも優れているため、手首を柔らかく使ったコンビネーションジャークが非常にやりやすいですね。タチウオはもちろん、青物やシーバスなどライトジギング全般に活躍するロッドです」。

ベイトが底に向かって逃げていく動きで誘う 〜山本啓人の場合〜

山本啓人さんは、スロー系をメインに近海から遠征の大物まで数々のゲームフィッシュを仕留めてきたジギングの名手。なかでも大阪湾のタチウオは、山本さんの得意ターゲットであり、その攻略法にも独自のアイデアをたくさん持っている。

「僕はベイトが底に向かって逃げていくアクションというのをずっと意識して来たのですが、グラップラープレミアムはそれを自在に演出できるリール。そこを最大限に活用してフォール主体で誘っていきます。今までのジギングはシャクリが基本で、そのなかにフォールを入れていましたが、グラップラープレミアムを使えばジグを落とした瞬間からターゲットに誘いをかけて喰わせていけます。沈下速度だけではなく、テンションをきつめにかけた時のアクションと、逆にスピードの乗ったフォールとの違いもイメージしてレバーを操作してみたいですね」。

反応の良い動きとスピードを探る

山本さんにとって大阪湾はホームグラウンドであるだけに、当日の状況はジグを落とせばだいたい分かる。この日は底から10mをメインレンジと想定し、そのなかでフォールを速くしたり、遅くしたりという答え合わせから釣りをスタートした。

「ロッドの構えは水平にして、ジグを水面に付けた状態でカウンターのスイッチを入れ、クラッチを切るのが僕の基本動作。カウンターには水深とフォールスピードが表示されます。
海の生き物は落ちていくものに無条件に反応することが多いので、これで誘って、あるいは喰わせて、フォールに反応がいいのか、シャクリに反応がいいのかを判断して釣っていきたいと思います」。

ジャークとフォールで連続ヒット 上げも下げも気が抜けない!

しかし予想通り、タチウオは容易には口を使わない。山本さんは考えながらいろいろな誘いを試し、苦戦しつつもファーストヒットを得た。これはフォールで寄せて、ワンピッチで喰わせるパターン。巻きの速度は4だった。

もちろん、シャクリで寄せてフォールで喰わすという逆パターンもあるため、そこは臨機応変に対応するという。そして、その言葉通り、2本目はフォールでヒット!フォールスピードは6だった。

「シャクリ上げて再フォールの際に、フォールスピードを6に変えたらゴツゴツゴツ!と喰いました。このリールを使うと、上げも下げも気が抜けないので休む暇がない。最高に面白いです!」とフォールレバーのスピード調整を駆使して存分に楽しむ。

レンジも絞り込んで無駄のない誘いを実現

しかしグラップラープレミアムのスゴイところはそれだけではなかった。
「今のパターンは巻きが4、フォールが6。次はカウンターで水深を合わせてこのパターンを再現し、数も、型も伸ばしていきましょう」と山本さん。そう、スピードが分かっても、タナが違えば釣れない。水深がカウンターに表示されることで、パターンはより再現性のあるものになるのだ。そしてさらに連続ヒット。
「ね、喰ったでしょ? 今のはタナを正確に当ててのヒット。カウンターの勝ちです! タナが分かって、巻きの速度が分かって、フォールの速度も分かる。頼もしい武器です!」

ギアのノイズがないため、アタリをきれいに拾ってくれます

■ リールインプレッション

「このリールは落としていくときはフォールスピード、巻き始めると巻き上げ速度が表示されるので、どのくらいで落としてどのくらいで巻くのがいいか一目瞭然。ヒットパターンの再現がしやすい。それは他の皆さんも言っている通りです。しかしこのリールで僕がもう一つ言いたいのは、このサイズでマイクロモジュールギアを搭載していること。とにかく巻きが滑らかで、ギアもガッチリ噛みあってノイズがないため、タチウオからのアタリだけをきれいに拾ってくれる。リール自体に感度があるんです。そしてボディはHAGANEボディで剛性が高く、巻きも軽くパワフルだから、不意のドラゴン級が来ても力負けせずにグイグイ巻けます。そんなところにもぜひ注目してほしいですね」。

絶妙なレングスが新次元のアクションを生み出す

■ ロッドインプレッション

「モーティブシリーズには0パワー、1パワー、2パワーが追加されますが、スパイラルXコア、オリジナルのフルホールディングシートはそのままに、近海を強く意識した仕様になっているのが特徴です。パワーを抑えてあるのでジグが動き過ぎることもなく、しなやかに曲がりながらもジグをしっかりスライドさせて、モーティブ特有のミドルのフォール、ミドルのスライドを演出しやすい。
レングスは6’10”と長いですが、このレングスが、ショートロッドよりも長いスライド幅をキープし、同じようなシャクリでもまったく違うアクションを生み出すことができるんです。
使い分けとしては、0パワーは40~50mの水深で100gまでのジグがメイン、1パワーは水深80mまでを100~130gのジグで、2パワーは水深100mまでを140~180gのジグで探る釣りに適しています」。

フォールは次のシャクリへのお膳立て 〜飯田康弘の場合〜

飯田さんは福井からの参戦。記録的な寒波に見舞われたホームエリアから暖かい?大阪湾へ遠征してきた形だが、ここでもまさかの寒波に迎えられて苦笑い。
しかし得意のハーフピッチジャークスタイルでいささかもぶれることなくタナを刻んでいった。

あくまでも“巻き”で喰わせたい!

「僕の釣りは”ハーフピッチジャーク”と言って、基本的に巻きで釣るピッチの細かい誘いを展開します。ですからフォールレバーの活用に関しては、巻きでのアタリを引き出すための仕込みとして使うのが最も効果的だと思います。今回試したいのは、まずハーフピッチのシャクリで誘い、喰わなければフォールでゆっくり見せて的確に魚にアピールして、次のシャクリで喰わすというパターン。ほかの人よりゆっくり目に落として、次のシャクリに備えてみようと思っています」。

フォールで喰わせることはあまり考えていないということですか?

「そうですね、やはり巻きで喰わせることにはこだわりたいので、フォールでどう見せて、次のシャクリにつなげていくか? そういう使い方がメインです。またそのために、あえて“喰わせないためのフォール”を演出するのも面白い。グラップラープレミアムにはそんな活用法もあると思っています」。

フォールレバーの効果を実感!

このように、一般的なタチウオジギングのセオリーとは異なるスタイルを身上とする飯田さんだが、ハーフピッチのキレの良い動きには喰い渋りのタチウオもたまらずバイト。フックは口にガッチリ刺さっていた。狙いとは逆にフォールで喰ってきた魚だが、これもハーフピッチのキレと、TGガトリングのフォールアクションの相乗効果が引き出したバイト。

飯田さんは「やりました。フォールレバーを使っての喰わせに成功しました!」とその効果を実感していた。ちなみにこのときのヒットパターンは、フォールスピード7。それまでは速めに落としていたが、少しゆっくり落とそうと思い、レバーを操作した直後のバイトだったという。

ヒットゾーンを細かく刻める理想のリール

■ リールインプレッション

「僕のスタイルとグラップラープレミアムの相性というと、フォールを自在に操れることはもちろんですが、カウンターで水深が分かることも大きいですね。ハーフピッチは広い範囲を探るより、タナを細かく刻んでいくことがキモなので、カウンターと探見丸を併用してしっかり魚の反応を捉え、そこを正確に攻めていける点は大きな武器になります。また、今回使ったXGはギア比も高く、キビキビとしたジグアクションを連続で演出する僕のスタイルにとてもよくマッチします」。

マニュアルの操作感を味わってもらいたいロッド

■ ロッドインプレッション

「ロッドはオシアジガーLJ B61-1HP。フル1ピースのブランクスにスパイラルXコアを搭載しているのですごく粘りがあり、そのうえにしなやかな筋肉を纏っている感じ。人間でいうと、頭のてっぺんからつま先まで体幹がしっかりしている、そんな感じのロッドです。ネジレ、ブレがほとんどなく、ハーフピッチでジグをキビキビと動かし続けるには最適のアクション。
もちろんこの体幹ゆえ、大物がヒットしてもしっかり粘って対処。負荷を掛けた状態でも安心して巻いてくることができます。レスポンス性が高く、基本的にはマニュアル操作のロッドなので、思い通りにジグを動かす操作感をぜひ味わってもらいたいですね。ハーフピッチ、ハイピッチといったキレのあるシャクリを駆使して、シーバス、マダイ、タチウオ、青物など近海の釣りを楽しんでください」。

動きで誘い、口にフッキングするのが理想

■ ジグインプレッション

「TGガトリングは、シルエットは小さいけれど水を撹拌する力が強いんです。ここまでずっと言っているように、僕はとにかく動きで喰わせたいので、動きのキレをもっと出したい時はワンランク軽いサイズを使うこともあります。タチウオではスレ掛かりも多発しますが、自分のスタイルではあくまでも口に掛けることにこだわるため、やや小ぶりなTGガトリングを使い、フックも普通のジギング用アシストフックを普通にセッティングしています」。

同じグラップラープレミアムというリールで、同じようにフォールレバーを操りながら、3人のエキスパートがそれぞれに異なる視点からフォーリングを活用していたのがお分かり頂けただろうか?

それはすなわち、フォーリングがただジグを沈めるだけの動作ではなく、そのなかにヒットを導くカギがいくつも隠されているということ。ここで3人が披露してくれたパターンだけでなく、まだまだたくさんの方法論があることだろう。グラップラープレミアムのフォールレバーを使いこなせば、きっと次なる扉を開くカギが見つかるはずだ。

協力:K’S、海新丸

WEB LURE X MOVIE
ライトジギング革命!
グラップラープレミアム~フォールを操りタチウオ攻略~