鈴木 斉 シマノインストラクター 飯田 康弘 シマノオシアモニター

鈴木 斉 プロフィール

飯田 康弘 プロフィール

ライトジギングで釣りまくれ!
NEWメソッド・
ハーフピッチジャーク
登場!

年を追うごとに進化し、新たなテクニックが考案されてきたライトジギングの世界。いま最も気になるメソッドと言えば、低活性打開の切り札となる“ハーフピッチジャーク”だろう。東の名手・鈴木斉さんと北陸の名手・飯田康弘さんが、様々なテクニックでライトジギングの実力と奥深さに迫る!※記事内のタックルはプロトタイプです。

 

ロッド・リール・ジグの3拍子が生みだすアクション
ハーフピッチジャーク

今回の釣行は、飯田康弘さんが考案したハーフピッチジャークと、鈴木斉流ライトジギングテクニックで、年が明けたばかりの海を攻略しようというもの。まずはハーフピッチジャークを飯田さんに解説してもらおう。

従来のジギングはジグをいかに飛ばすか、いかに動かすかを重視して組み立てられてきたと思いますが、ハーフピッチメソッドでは、基本的にジグを飛ばさないと聞いています。具体的にはどのように魚を誘うのですか?
飯田「ハーフピッチジャークを簡単に言うと、“かなり速いピッチでジグで一定の層を刻んでいく釣り”ということになります。言わばハイ&ハーフピッチジャーク。リール半回転でワンジャークというリズムを基本に、アングラーがジグの挙動を100%制御して、レンジを緻密に探っていくスタイルです」。
ハーフピッチ
タックルはどんなものが適しているのですか?
飯田「ハイギアのリールとレスポンス性の高いロッドが絶対に必要です。今回僕が使ったロッドはGAMEタイプLJのHP(ハイ&ハーフピッチ)モデル。B611-HPB612-HPの2アイテムがあります。どちらも従来のライトジギングロッドに比べるとかなり硬いですが、これはジャーク時のジグのブレを抑えるための設計です。通常、ライトジギングというとスローテーパーのロッドを使いますが、ハーフピッチにはこのくらいのアクションがちょうどいい。もちろんただ硬いだけではなく、スパイラルXとハイパワーXで補強されているためネジレにも非常に強くなっています」。
B611-HPとB612-HPの使い分けは?
飯田「「若干柔らかめのB611-HPをメインに、水深があったり、潮流が強かったりして重いジグを使う必要があるときにB612-HPをチョイスします。汎用性が高いのはB611-HPですね」。
リールはスティーレの100XGをメインに使用していましたが、巻き取りの速さを第一に考えた結果ですか?
飯田「その通りです。ハイギアの利点は、ボトムにいる魚へのワンアクション目、ファーストアプローチをしっかりできることと、アクションにメリハリを利かせられることですね。さらにハイギアならそのニュアンスも手元でしっかり感じることができますが、ローギアでそれをやるとジグの動きがイマイチロッドに伝わってきません」。ちなみにスティーレ100XGの最大巻上長はハンドル一回転あたり80cm。つまり、半回転だとワンアクションごとに40cmずつ上がってくることになる。飯田さん曰く、一巻き70cm以下だとロッドワークにリトリーブが追い付かないそうだ。

タングステンコアが実現する多彩なアクション
オシアスティンガーバタフライ TGガトリング

飯田さん曰く「ジグの自発的なアクションには一切頼らない」というハーフピッチジャーク。逆に言うと、無駄に暴れ過ぎないジグのほうが、アングラーが制御しやすいということだ。そうした特性を盛り込んで出来上がったのが、オシアスティンガーバタフライTGガトリングである。

「TGガトリングはタングステンコンポジット、左右対称・後方重心のジグ。タングステンのコアがテール寄りに入っているため沈下が速く、それを軸に多彩なアクションの演出が可能です。左右非対称形のようなジグの自発的な動きがないかわりに、アングラーが能動的にジグを操ることができるため、細かく刻んだり、リーリングジャークでゆっくり泳がせたりするような使い方に向いています」。

動きのほかにこだわりの点はありますか?
飯田「遠くまで光の反射を飛ばすため、多面体構造にはかなりこだわっています。またラインアイは横向きになっています。従来はアイがジグに対してタテに付いているものがほとんどですが、このジグは横向き。これはフックをジグの背中側、もしくは腹側に意図的に固定するための一工夫です」。沈みが速く、大きく飛ばず、狭いレンジを細かく刻むという特性から、メインの対象魚はマダイ、シーバス、ヒラメなど。タチウオやイサキにも効果がある。TGコンポジットのためシルエットもコンパクト。ハーフピッチの誘いと相まって、フィッシュイーターが一定の水深でベイトを追っているときや、ベイトのサイズ自体が小さい時など、難しい条件下でも口を使わせやすいジグです。
横アイはフック位置が◎ ボディ下のポジションでフックが安定コンパクト化 マイクロベイトパターンに◎ アクションしやすい TGを起点にジグが振れやすい

直線的な動きがひとつのキーワード
ジグ操作のセオリー

実際の釣りにおいては、ロッドの弾力とリールのスピードを使ってジグに瞬間的な動きを出していく、と飯田さん。
「瞬間的かつ直線的な動きとストップのメリハリは、この釣りのひとつのキーワードです。スッと動いたジグが止まった瞬間にバランスを崩し、多面体のフラッシングが光を拡散して魚にアピールする、そんなイメージです」。

動きの質はロッドの角度で調整する。ロッドを水平に構えると、アクションはマダイやタチウオが好む大きな動きになり、竿先を下げるほど動きは滑らかになってシーバスが反応しやすくなる。さらに、小さなシャクリとフォールを交えた斜めの誘いは青物やサワラに効果があるとのこと。何をイメージして動かすかも、釣果を左右する要素と言えそうだ。

 

基本テクニックを大切に!
鈴木斉流ライトジギングの王道

いっぽう助っ人役の鈴木さんは、得意のライトジギングということでハーフピッチに限定せず、速巻き、ジャークのほか、ドテラ流し風にラインを寝かせた誘いも交えて自分流の組み立てで対象魚に迫る。

POINT 1
ジグウェイト選定の基準

「ジグのウェイトを決めるには水深も大事ですが、潮の流れと船の流れを見極めて重さを合わせていくこと。まずはここが重要です。バーチカルに狙うか、ドテラで流すかによってもウェイトの選定は異なります。ドテラ流しで広く探っていくなら、シャクったあとのジグが、潮に乗って船から離れていくウェイトがベターですね」。

まず底を取ることはバーチカルもドテラも
一緒ですね?

「もちろん。ジグをボトムにしっかり沈めることはジギングの基本です。沈める途中で当たることもあるので、フォーリングアクションが制限されない範囲でサミングすることもポイントになります」。

POINT 2
シャクリの基本はワンピッチ

「ラインが止まったら着底の合図。すぐにシャクリに移ります。基本はワンピッチジャーク。ロッドの弾力を使いながらリズミカルに誘うのですが、僕はその幅も意識しています。ライトジギングの場合は小刻みに、1メーターを1回でシャクるのではなく、2回シャクるくらいの感覚。反応が出ているレンジをより細かく、丁寧にシャクリ、少し上まで誘ってあげることを心掛けています」

POINT 3
スピードと喰わせの「間」を演出

「シャクリのキモは速いか、遅いかですね。同じワンピッチでも速さによって、明らかに差が出ることがありますから。探見丸の反応が中層に出ている場合はそこまで速く巻き上げて、反応の前後をゆっくり探るのも良いですね。あとはリーリングをメインにシェイクを加えたり、誘い上げからのフォールで喰わせたり。どのケースでも、動きのなかに喰わせの『間』があることが重要なので、そのタイミングをアングラーが作ってあげることです」。

基本を軸にした自由なアレンジ

「ジギングには“こうやらなければいけない”というようなことはありません。まずは底を取ること、その次にどこまで誘うかということ。この二つを軸に、あとはその時の活性にシャクリの速さを合わせ、反応が出ている周辺で喰わせの「間」を作ること。喰わなければシャクリの幅を変えるなどして対応すれば結果が出ると思います。基本テクニックは大事にしつつ、そのなかで自由に試してみてください」。

鈴木さんにシーバスがヒット!
飯田さんも定番ゲストのホウボウを連発

実釣は、前日の激荒れでウネリが残る敦賀沖が舞台。底荒れと水温低下で魚の活性が一気に下がる条件だったが、そういう状況でも2人はライトジギングの対応力を存分に発揮。午前中はボトムでシーバス、根魚を狙い、後半は中層から表層で盛んにボイルするサゴシをキャッチしていった。

鈴木さんコメント
(シーバス)

「探見丸にビッシリ映っていたベイトが散って、まばらになったタイミングで喰いました。ジグはTGガトリング100gのピンクシャイナー。速巻きからのフォールでしたね」。

鈴木さんコメント
(サゴシ)

「ヒットパターンを掴んでからは入れ喰いですね。キャストして5mほど沈め、軽いジャークを入れながら誘うとすぐにヒットします。小刻みなシャクリがとくに良いようです。ジグはTGガトリングの60gと40gで、タックルはGAMEタイプLJのS632にツインパワーXD 4000XG、ラインはPE1.5号にフロロ4号と8号をつないだシステムです」。

飯田さんコメント
(ホウボウ)

「ボトムから5~6mを集中的に探ってヒットしました。アタリは渋いですが、喰う前にジグの後ろに魚が付いたような違和感をキャッチできるので対応しやすいですね。これもレスポンスの良いロッドとハイギアリールのおかげです」。

GAMEタイプLJ
インプレッション

「緻密に細分化された専用ロッド」(鈴木)

「いまはジギングもかなり細分化され、なおかつ従来のようなざっくりした感覚ではなく、非常に緻密。新しくなったGAMEタイプLJにもスタンダードモデル、マイクロチューンモデル、それとHPがあります。スタンダードは通常のライトジギング用。普通のジギングより軽く、柔らかくシャクってとにかく喰わせるロッド。マイクロチューンモデルは通常のライトジギングよりさらに小さなジグを使って口を使わせるためのロッドです。小型魚だけでなく、大きな魚も対象で、喰い渋ったときや、小さなベイトを選んで喰っている魚を狙って釣ることが可能です。HPモデルはテンポの速いハーフピッチジャーク専用ロッドです。どちらのモデルも感度、パワー、軽さに特化していて、今まで以上に繊細に誘うことができるのが魅力ですね」。

「GAMEタイプLJに合わせるリールですが、スタンダードモデル・スピニングの1番、2番パワーにはツインパワーXDの4000、C5000番がベストマッチ。ベイトロッドはグラップラーの300HG、またはコンクエストの200HGといったサイズがおススメです。マイクロチューンモデルの0番パワーは、スピニングならツインパワーXDのC3000番など小型のリールがいいですね。ベイトはコンクエストの200番、あるいはそれ以下のサイズでも適応します。セッティングの際の参考にしてください」。

ツインパワーXD
インプレッション

「とにかくタフ!トルクと滑らかさが安心感につながっています」(鈴木)

「このリールはとにかくタフですね。ツインパワーでも十分にタフだったのですが、このリールはギアの強度がさらにアップ。Xプロテクトも搭載して防水性能が増しているため、オフショアジギングはもちろん、ショアジギング、ヒラスズキなど、よりハードな使用が可能です。ドラグもカーボンクロスワッシャ採用で滑らかさと耐久性が向上しています。トルクの向上が巻き上げをいっそう力強くし、滑らかさがシャクリの安定感につながっている。それを実感できるリールですね」。

グラップラー300HG インプレッション

「内容満載。ホールド感も良いです」(鈴木)

「マイクロモジュールギア、X-SHIP、HAGANEボディで剛性が高く、しっかりつくられている。6.2のハイギア仕様で青物にも対応し、それでいてシャクリも巻き上げも非常に滑らか。ファイトも楽。ロープロ設計でホールドもしやすい。僕は手が小さいほうですが、ロッドと一緒にしっかりパーミングできるためジャーク時の力のロスが少なく、アタリや違和感も、すべて掌で感じることが出来、なによりアワセがガッチリ決まります。もちろん手が大きい人にも、今まで以上のホールド感が得られるでしょう。ハンドルは長さが70ミリあって、楽に巻くことができる。小さいボディでありながらパワーもあり、大物にも余裕をもって対処できると思います。エキサイティングドラグサウンドを搭載していることもプラスになります。ホントに内容満載ですね。僕だったらブリのジギングをメインに使いますが、ライトジギングから普通のジギング、それにちょっとしたスロー系ジギングまで、幅広く使えるリールです」。

WEB LURE X MOVIE
ライトジギングで釣りまくれ! NEWメソッドハーフピッチジャーク&王道ライトジギング

セレクト タックルデータ

02.鈴木斉 ライトジギングタックル(スピニング)

03.鈴木斉 ライトジギングタックル(ベイト)

おすすめ関連記事