HITOSHI SUZUKI 鈴木 斉 シマノインストラクター

鈴木 斉 プロフィール 磯や河川で狙う青物やスズキから、オフショアのマグロまで、幅広いターゲットに対応。状況把握能力に長け、豊富な経験値から導き出す最適解で、確実に結果へと結びつける実力派アングラー。

+番外編+番外編

鈴木 斉のキハダ戦略

キハダマグロは日本のアングラーになじみの深い魚。近年は相模湾の夏の釣りものとして関東のアングラーにも親しまれているが、いまも昔も変わらずその魅力を味わわせてもらえるのが久米島だ。久米島のキハダゲームの特徴は、パヤオと呼ばれる沖の漁礁周りを狙うこと。パヤオはもともと、漁師が魚を寄せるために設置したものだが、久米島ではこれを古くから遊漁に解放。全国のアングラーにキハダ釣り場を提供してきた歴史があり、キハダファンにとっては聖地のような存在なのだ。そんな久米島を舞台に、鈴木斉さんのキハダゲームを紹介しよう。

トップウォータープラグで
パヤオを攻略!

パヤオゲームの概略

久米島をぐるりと囲むように設置されたパヤオは古くから遊漁に解放され、エサ、ルアーを問わず多くのオフショアアングラーの道場的な役割を担ってきた。もちろん鈴木斉さんも、ここで幾多のゲームを経験してきたアングラーの一人である。「久米島にはもう20年以上前から通っていますが、その頃から遊漁に理解があって、マグロの島という感じで釣り人の受け入れ態勢も整っていましたね。パヤオゲームの一番の魅力はいつでも確実にマグロがいて、試したことに対して必ず答えが返ってくること。メジクラスなら、当時の相模湾や駿河湾でもシイラやカツオに交じって釣れましたが、久米島に行けばある程度以上のサイズを狙って釣ることができた。僕も久米島では多くのことを勉強させてもらいましたし、その時の経験はいまも相模湾や津軽海峡のマグロ釣りに活かされています。」ルアーではキャスティング、ジギングどちらも可能だが、今回鈴木さんはキャスティングでキハダマグロを追った。

爆弾のような水柱が炸裂!
キャスティングゲームの必殺ルアー

「キャスティングゲームのキモは飛距離とアクションです」と鈴木さん。パヤオではブイを中心に半径500mもの範囲をキハダが回遊、大型ほどブイを遠巻きにしていることが多いため、ルアーの飛距離は安定した釣果を出すための必須条件となる。鈴木さんが選んだのは、『オシアドリームチューン 160F』。このルアーは、鈴木さんが『オシアペンシル 別注平政 160F』に施していた対マグロ・シークレットチューンを製品化したもの。飛距離をアップするためウェイトを増量し、かつ後方重心化して水に絡みやすくしたモデルである。鈴木さんは『ヘッドディップ 175F』などのペンシルベイトも用意していたが、ここで『ドリームチューン』を選んだ理由は?「『ドリームチューン』は水面にギリギリ浮く浮力、『ヘッドディップ』はハイフロートです。そのためナブラが出たりしてマグロが明らかに水面を割っているなら『ヘッドディップ』、水面直下も含めてアピールしたいときは『ドリームチューン』という使い分けをすることが多いですね」

ナブラ打ちチューン

貫通ワイヤー

チャンスを確実に捉える
シークレットチューン
『ドリームチューン』は通常の『別注平政 160F』より重く、重心がより後方にあるため素早く、正確にロングキャストを決めることができる。最近はナブラが出るまでキャストをしないスタイルが主流だが、一日に何度もないチャンスを確実にモノにするためにも、この遠投性能は大きな武器となる。また、その重量バランスゆえ風や波の影響を受けにくく、着水点から大きく流されてしまうリスクが少ない点も、『ドリームチューン』のメリットだ。
  • [品番]OT-160Q(160mm/63g/フローティング)
  • [カラー]6色
  • [本体価格]3,000円

「ギリギリの浮力で表現する対マグロ類戦略」

HITOSHI’s VOICE

「マグロ類はヒラマサのようにルアーを大きくダートさせて釣る魚ではなく、むしろナブラのなかで、どれだけ移動させずにアピールできるかがカギになります。そこで『別注平政 160F』にウェイトをプラスして動きをセーブし、なおかつPE8号タックルでもナブラまで届く飛距離を確保したのがこの『ドリームチューン』です。浮力は水面にギリギリ顔を出すくらいに設定してあり、小さなロッドワークでお辞儀をするようにアクション。この時のきらめきでマグロにアピールするため、横に引っ張る必要はありません。また、重量があるため着水時の自走もなく、潮や風にも流されにくいためナブラでの“滞在時間=マグロ”に見せる時間を長く取れるのも大きな特徴ですね。ヒラマサもマグロも狙えるルアーは数多くありますが、これはマグロ類を釣るためだけに作り上げた専用ルアーです。」

強度を確保するためのソリッドプレート構造 ボディ底面にフルTGウェイト 小型低重心化と飛距離を両立 TG タングステン

リアルイワシサイズにフルタングステンウェイトを搭載!
イワシをイミテートした90mmのボディにフルタングステンウェイトを搭載したジグミノー。小型低重心で飛距離と泳ぎを両立し、タダ巻きでもミノーのようにタイトなアクションを実現。アンダーハンドキャストしかできない激戦区の乗合船や、太PEで小型ルアーを扱いたいときにも最大限の効果を発揮する。
  • [品番]OL-290Q(90mm/54g/ヘビーシンキング)
  • [カラー]6色
  • [本体価格]3,500円
金属音を減らし、違和感を
低減する目的の直アシスト設計。
直接アシストフックを結ぶ事で違和感となりうる金属音を低減。ただ巻きでは小刻みなウォブリング、フォールはラインテンションによってスライドやバイブレーションがランダムに入る様に設計しており、イワシの群れの中で目立たせる事を目的にデザインしています。

「小さなボディにマグロ攻略の必須要件を凝縮」

HITOSHI’s VOICE

「マグロゲームで苦戦するのは捕食しているベイトが小さいときです。ルアーが小さいから飛ばない、届く距離まで接近すればプレッシャーがかかってしまって喰わない。そんなジレンマから、“もっと飛んだら釣れるのに!”という想いを解消するために開発が始まりました。ただし、ただ重いだけで動かないならオモリでいい。ルアーである以上リアルな外観を備え、フォールでもアクションし、なおかつ大型魚に耐えるフックシステムを搭載できることが条件。そのすべてを高いレベルで満たしたのがこの『マンマサーディン』です。使い方は着水後3mほどフリーフォールし、アタリがなければリトリーブし、再び落とすというのが基本パターン。『マンマサーディン』は巻きでも良い動きをするので、巻きで誘ってフォールで喰わせるイメージで使ってみてください。」

遠投性を重視してロングロッドを選択

この日鈴木さんが選択したロッドは、『オシアプラッガー フルスロットル』のS82MHとS88H。メインに使用するS82MHは守備範囲の広いマルチプレーヤー。パワーと遠投性能がありながらも長すぎず、柔らかいため小型ベイトパターンにも対応しやすく、喰い渋り時のショートバイトもきっちり乗せていくロッドだ。「S82MHは柔軟性があって、ロングキャストもピンポイントキャストもOK。ナブラ撃ちにも対応できて掛けやすく、バレにくいロッドです。10㎝台のトビウオやイカなど、小型ベイトを捕食しているときはハイアピールの動きには反応しにくいですが、そんな時でも繊細に狙っていくことが可能です」。もう一本のS88Hはシリーズ中で最も長く、最もパワーのある飛距離特化型ロッド。MAX150グラムのプラグをフルキャスト出来る遠投性能でバイトチャンスを拡大する。「最近はショートロッドで攻めていくスタイルも人気ですが、飛距離がほしいときはやはりロングロッドが有利。誰よりも飛ばしたい状況に遭遇したときは、迷わずS88Hを選びます。」

「強」と「滑」を融合したSWリール
絶対的な強さを追求すべくシマノのリールテクノロジーを結集したSWリールのフラッグシップ。『X-SHIP』、『Xリジッドギア』、『Xタフドラグ』の採用でシルキーかつ強力な巻き上げとスムーズなドラグ性能を両立し、防水の要には『Xプロテクト』を配置。先端技術の融合で過酷なゲームを制す。
  • [品番]
    4000XG、5000XG、5000HG、5000PG、6000XG、6000HG、6000PG、8000HG、8000PG、 10000PG、14000XG、18000HG、20000PG、30000
  • [本体価格]92,000円〜146,100円

飛距離とパワーに優れた高反発キャスティングロッド
誰よりも遠くに飛ばし、波風が強い状況下でも正確にプラグを操り、パワーファイトで確実に獲る高反発キャスティングロッド。ブランクスには『スパイラルX』と『ハイパワーX』を融合し、軽さを維持しながら高強度&高耐久を両立。ヒット後は曲げ込むほどに溢れるパワーでターゲットをしっかり制御する。
  • [品番]S74ML、S77M、S80M、S82MH、S83H、S88H
  • [本体価格]49,500円〜59,000円

鈴木 斉タックルデータ

TACKLE DATA

あと一歩のナブラも射程内!
『オシアペンシル160F』登場

各地のフィールドでヒラマサの誘い出しをリードしてきたオシアペンシルに、さらなる飛行姿勢や飛距離の向上を図るべく『AR-C重心移動システム』を搭載した160Fが登場!より遠く、より正確なアプローチでオフショアプラッギングを新たなステージへと導く。

 

AR-C重心移動システムを搭載!!
『オシアペンシル150F』の立ち上がりの
良さはそのままに、飛行性能が向上。
アンダーハンドでも飛ぶ!

パイロットルアーにも勝負ルアーにもなる相棒!
オシアモニター 山正丸・山口徹 船長

『オシアペンシル』はとにかく使いやすくて、どんな場面でも活躍してくれる相棒のような存在です。ヒラマサやブリはもちろん、GT、キハダ、クロマグロと、このルアーでどれだけ魚を釣ったか分からないほどです。最も気に入っているところは海が荒れていてもベタ凪でもよく水に絡み、アクションミスがほとんどないことですね。外房のような激戦区では、これは大きな武器になります。パイロットルアーにも勝負ルアーにもなり、耐久力があってバラつきもない。この価格でこのクォリティだから、お客さんにも自信を持ってお薦めできます。私が多用するのは150F。185Fも使いますが、ちょっと大き過ぎることもある。今回発売になる160Fは、150と185の間を埋めるサイズとしてずっと欲しかったもの。プロトタイプでは、すでに21㎏のヒラマサを釣っています。『オシアペンシル』は従来も飛行姿勢がきれいでよく飛びましたが、『AR-Cシステム』の搭載で、あと一歩のナブラにも届くようになったのはかなりのメリットですね。

  • AR-C
  • 貫通ワイヤー
  • [品番]PB-160Q(160mm/65g/フローティング)
  • [カラー]6色
  • [本体価格]3,000円

飛距離は最大のアドバンテージだ!

オフショアのトップウォーターゲームには、大きく分けて二つのアプローチがある。一つは“ナブラ撃ち”、もう一つは“誘い出し”と呼ばれる方法だ。“ナブラ撃ち”はターゲットがベイトの群れを追って海面で激しくボイルする状況で、喰われているベイトの種類とサイズを見極め、それにマッチしたルアーをセレクトしてバイトを引き出していく。いっぽう“誘い出し”は、ボイルもナブラもない状態で、文字通りターゲットを水面まで誘い出す釣法だ。いずれの場合もルアーの飛距離は最優先事項。状況によっては日に何度もチャンスが来ないこともあり得る釣りだけに、いつ、どこで湧くかも知れないナブラに瞬時にルアーを届けることができれば、それだけでヒットの確率は高くなる。シマノでは、浮力の限界まで増量した後方重心の『ドリームチューン』をはじめ、『AR‐C重心移動システム』を搭載した『オシアペンシル160F』、『ヘッドディップ』、『クロスAR‐C』搭載の『オシアロケットダイブ 187F』など、どのルアーも飛距離に一切の妥協なし。一瞬のチャンスを逃さない。

しっかりした引き感でボイルを撃つヘッドディップ。
オシアペンシルは鰯ダンゴで威力を発揮。

浮力を抑えた設計でターゲットを誘う『ドリームチューン』、『ロケットダイブ』に対して、『ヘッドディップ』はファットなボディによる強い浮力と、しっかりした引き感が特徴。175Fはイカなどの大型ベイトを捕食しているときや、マグロが水面でナブラになっているときに効果的。140Fはハイシーズンの乗合船やスモールベイトパターンなど、制約の多い条件のなかでもしっかり飛距離を稼ぎ、釣果を出していくための設計。どちらも一回一回きっちりとスプラッシュを演出して、バイトを誘うのが基本操作だ。また、ナブラ撃ちのスペシャリスト『オシアペンシル』は、フローティング(F)からエキストラファーストシンキング(XS)まで異なる浮力タイプを揃えた定番ペンシル。115XSは相模湾の鰯ダンゴを想定したもので、素早い沈下とリアルな外観でベイトの群れに同調。115、150という35㎜刻みのサイズ展開が、マッチザベイトのシビアなパターンに活きてくる。

浮力と浮き姿勢がルアーの性格を左右する

ルアーのアクションは、ヒラマサ狙いであればホウキを掃くような大きなストロークでルアーをダイブさせ、そのまま水中でローリングアクションを演出する。このタイプは浮力が強く、キビキビとキレの良い泳ぎでターゲットを誘うものが多い。これに対してマグロ狙いの場合は、ルアーを激しく動かして誘うよりも、ロッドティップを小さくあおって移動距離の短いアクションを演出するのが基本。ヒラマサ狙いのシャープなアクションと異なり、弱ってフラフラした瀕死の小魚というイメージであるが、これを実現するのが浮力を抑えたヘビーウェイト設計と、後方重心の浮き姿勢である。シンキングペンシル、あるいは「沈下系」と呼ばれるタイプにおいてもこれは同じ。マグロ狙いではフォール、または控えめなアクションを多用し、弱ったベイトを演出することが基本だ。浮力の強い『ヘッドディップ』、浮力を抑えた『ドリームチューン』と『ロケットダイブ』、そして水面下をカバーする『オシアペンシル』と『マンマサーディン』。それぞれの特徴を最大限に活用し、システマチックなオフショアキャスティングを構築してみたい。

ヒラマサとマグロ、異なる使用方法に対応する2種類のアクションを両立!

OCEA ROCKET DIVE 187F AR-C NEW
40T フラッシュシルバー 41T サガミゴールド
NEW COLOR
  • AR-C
  • 貫通ワイヤー
  • ●全長:187mm
  • ●重量:85g
  • ●タイプ:フローティング
  • ●NEWカラー:2色
  • ●価格:4,000円

高浮力のファットボディでスプラッシュを演出!

OCEA HEAD DIP 140F/175F AR-C NEW
140mm 40T フラッシュシルバー 41T サガミゴールド 175mm 40T フラッシュシルバー 41T サガミゴールド
NEW COLOR
  • AR-C
  • AR-C DUAL
  • 貫通ワイヤー
  • ●全長:140mm/175mm
  • ●重量:69g/97g
  • ●タイプ:フローティング
  • ●NEWカラー:2色
  • ●価格:3,000円〜4,300円

定番の『オシアペンシル』に新色追加!

OCEA PENCIL 115HS/115XS/150F/150S NEW
115mm 08T ウォータークリア 09T フラッシュシルバー 150mm 08T ウォータークリア 09T フラッシュシルバー
NEW COLOR
  • 貫通ワイヤー
  • ●全長:115mm/150mm
  • ●重量:42g/46g/60g
  • ●タイプ:シンキング/トップウォーター
  • ●NEWカラー:2色
  • ●価格:2,200円〜2,500円

おすすめ関連記事