HOTTA MITSUYA 堀田 光哉 シマノインストラクター

堀田 光哉 プロフィール 静岡県在住。ヒラメ釣りブームの牽引役として長年活躍し、地元の遠州、駿河をはじめ、房総や茨城はもちろん全国各地のサーフを釣り歩く。常に一歩先を行くヒラメゲームを提案し続けている。

タイプ・サイズ 使い分け 徹底解説
サーフヒラメ、喰わせのジグヘッドリグ!
サンドライザーワームシリーズ

熱砂シリーズから新たに誕生したジグヘッドリグ、熱砂サンドライザー&熱砂ワームシリーズ!サーフヒラメエキスパートである堀田さんが開発に携わった、喰わせのルアーの効果的な使用方法を解説!

高バランスで扱いやすく豊富なバリエーション!

熱砂シリーズからヒラメ用のジグヘッド&ワームが新登場。その実力とは!?
「使ってすぐに実感できるのが、ジグヘッドとワームの組み合わせのバランスの高さ。ただ巻きをしているだけでボディがしっかり振動して手元で感じやすいから、どこをどう引いているのかわかりやすい。あらゆるレベルのアングラーに対応したルアーだと言えますね」
開発にも堀田さんが携わっているそうですね。
「無理難題も言ったんですが、今回、最終プロトを使用してみて、高いクオリティに仕上がっていると実感しました。ヘッド部には様々な工夫がなされていますが、大きな特徴はワームセッティングがしやすい点。セットがシンプルなのに、使用中ズレにくい!」
あと、ワームもリリースされるんですね。
「3タイプのワームから、その日の状況にマッチしたタイプを選択できます。だから、今まで反応しなかったようなヒラメの活性に合わせて攻略できる、応用範囲が広いジグヘッドリグだと言えますね」
扱いやすいけど、ヘッドとワームの組み合わせ次第で多くの使い方ができる。そんなビギナーからベテランまでカバーしたジグヘッドリグを、堀田さんが実際にフィールドで試しつつ解説!

サーフシチュエーションとヒラメの活性に合わせて
セッティングしやすい万能型のジグヘッド&ワーム

  • 01ジグヘッド

    01ジグヘッド 02ワーム3種

    熱砂シリーズからジグヘッドリグが
    ついに登場!

    サンドライザーを始めワーム3タイプを組み合わせて使用するサーフ用ジグヘッドリグが登場。ジグヘッドで要望が多かったイージーセッティングをメインに、様々な点で誰でも扱いやすいアイテムになっているのが特徴だ!

    • [品番] OO-218R(18g)、OO-221R(21g)、OO-228R(28g)、OO-235R(35g)
    • [カラー] 各10色
    • [本体価格] 1,370円
  • 02ワーム3種

    シャッド、グラブ、
    ツインピンテールの3タイプ!

使い分け1ジグヘッドサイズ ×
サーフシチュエーション

シャローとディープ、さらに流れや風に
サイズを選んで対応できる!

状況にあわせたワーム交換を可能にするイージーセッティング!

まずヘッドの熱砂サンドライザーですが、サイズは4つ。その使い分けは?
「一番軽い18gはシャローエリアでポイントが近いときに使っています。21gは、ある程度飛距離も出るので、遠浅エリアを中心にオールラウンドに使えます。28gは向かい風が吹いている場合や潮流が速いポイントで使用。35gなら水深があるフィールドでボトムをしっかりと探りたい場合にオススメですね」
水深と飛距離に加えて、潮流や風などサーフの様々な状況に合わせて使い分けるということですね。
「ジグヘッドリグは、自宅できれいにセットするのが基本ですが、サンドライザーの特徴はセットがしやすいこと。現場のサーフシチュエーションに合わせてワーム交換をスムーズに行えるのは大きなメリットと言えるでしょう」
ワームの本来のポテンシャルを引き出すには、まっすぐにセットすることが必須だ。
「先端がななめにカットされたシャープポイントのおかげで、ワームを刺しやすいんですね。しかも、ワームキーパーが2つ、前後に間隔を取って設定されている。だから、ワームホールド力が高く、フルキャストしてもズレにくい。ワームのズレを気にしながら釣りをするのは結構なストレスになるんですが、この不安を解消してくれましたね」

サンドライザーの特徴

ダブルワームキーパー ワームを刺しやすいシャープポイント ヘッド トリプルフック フックワイヤー

  • 特徴 1イージーセッティング

    ワームをすぐ刺せてズレにくい!
    ワームを刺すだけで簡単にセッティング可能。ダブルワームキーパーの先はシャープなので刺しやすく、しっかりとワームをホールドしてズレにくくなっている。さらに熱砂ワームシリーズは専用のホールもあるので簡単に刺せる。
  • 特徴 2ヘッド形状

    下部が水を受けて流れを感じやすい
    ヘッド形状は下部が平らになっていて、水の抵抗を受けやすい設計。これにより流れをしっかりと感じやすくなっているので、ルアーの位置や流れの変化を感知!
  • 特徴 3フック&ワイヤー

    2本のフックとワイヤーが
    フッキング率を向上
    フックはトリプルフックが2本。そして、それを繋いでいるのがワイヤーなので柔軟。フックの動きを損なわずフッキング率を向上。さらにバレにくさにも貢献している。

ヘッドサイズ別の有効シチュエーション

軽 シャロー&近距離 重 ディープ&遠距離

軽いヘッドほど近距離シャロー、重いほど遠投&ディープ!
ヘッドのサイズは18g、21g、28g、35gの4サイズ。それぞれサーフの状況に合わせて使い分ければ、サーフゲームを有利に展開できる。軽いほど近距離ポイントでシャローエリアが良く、重いほど遠くのポイント&ディープエリアの攻略が可能となる。
  • スーパーシャロー

    18g
    シャローエリアや
    近場が得意
    軽いのでシャローエリアでの使用に適している。特に遠投が必要ないポイントに良い。
  • オールラウンド

    21g
    遠浅エリアを中心に
    汎用性が高い
    4つの中では一番オールラウンドに扱えるサイズ。ポイントがある程度沖にある遠浅エリアでの使用率が高い。
  • ディープ対応

    28g
    速い流れや
    向かい風でもOK!
    21gよりもディープな場所で良く、さらに速い流れのポイントや向かい風のときでも効果的。
  • ディープ対応

    35g
    足場の高いポイントやディープエリア、
    強風時でも使える!
    より深いディープエリアや足場が高いようなポイントでも扱いやすい。また、風が強いときでも釣りやすい。

使い分け2ワームタイプ × ヒラメ活性

3タイプのテール波動の強弱で
ヒラメの細やかな活性にマッチング可能!

波動アピールの違いで使い分けていこう!

ワームはテールの形状が異なる3タイプをリリース。
「それぞれ、波動の強弱で使い分けています。グランデシャッドは名前の通りシャッドテールタイプのワームで、ブルブルと波動が強いのでアピール力も高い。ヒラメの活性が高いときや広くアピールさせたいときに使います。ワーニングラブも同じく名前通りグラブテール。シャッドよりも波動アピールは抑えめで、テールサイズは小さめにしています」
その理由は何でしょう?
「グラブテールが大きすぎるとキャスト時の空気抵抗が大きくなる。だから、ワーニングラブはテールを小さめに設定しているんです。良く飛んで程良いアピール力がある。3タイプのワームの中では中間の波動になっています」
では最後にツインラッシュは?
「こちらは2本に分かれたピンテール。ゆらゆらと揺らめくテールなので波動もナチュラル。低活性のヒラメにも効果的です」
他に特徴ってありますか?
「タフなマテリアルを使用しているので、フグの猛攻でも壊れにくい。あと、味と匂いが練り込まれているから、渋った状況での使用でも威力を発揮します」

ワームタイプで反応は
大きく変わってくる!!
同じポイントでもヒラメの活性や状況次第で喰う、喰わないといった反応の違いが出る。そして、ワームのタイプを変更することでその反応を大きく変えることも可能だ。

熱砂ワームシリーズの特徴

  • 特徴 1タフ素材を採用

    張りのあるワーム素材を採用しており、タフボディなのが大きな特徴。ワームの天敵ともいえるフグのバイトでも壊れにくく、さらにズレにくいのでストレスを軽減してくれる。

  • 特徴 2浮力が高い

    ワーム素材自体が高い浮力を持っているので、流れの中でも安定したスイミングを可能にしている。さらにボトムなどでの姿勢を安定させてくれる効果もある。

  • 特徴 3味と匂いの
    集魚効果

    ワームには味と匂いが付いており、集魚効果も高い。ヒラメのバイトを誘発するだけではなく、喰ってから離されにくい効果もある。

波動アピール

熱砂 SURF CONCEPT GRANDESHAD 4インチ
ブルブルと強い波動で広くアピール!
シャッドテールが強く水を押す波動を出して、広範囲にアピールしてくれる。高活性のヒラメや、ラン&ガン時など広くアピールさせたいときに効果的なワーム。
熱砂 SURF CONCEPT WANINGRUB 4インチ
中間波動の小さめグラブで空気抵抗低減
波動は他の2つの中間で、どんな活性のヒラメにも効きやすい。さらにグラブテールが大きすぎず空気抵抗を抑えているので、飛距離的にも充分。遠浅シャローエリアでも活躍。
熱砂 SURF CONCEPT TWINLASH 4インチ
ナチュラルな波動が低活性ヒラメに◎
2本に分かれたピンテールは、他のワームに比べてナチュラルな波動。低活性なヒラメ相手や、ピンスポットでじっくり誘いたいときなどに効果的。

ワームの使い分け方法

ヒラメの活性が高ければ
波動を大きく
逆に低活性時は
ナチュラル波動が効く
ベイトフィッシュを盛んに追って高活性のヒラメには、ワームの存在を強くアピールできる波動の大きいグランデシャッドが効果的。逆にそれほどアクティブではなく活性が低いときは、ナチュラルな波動のツインラッシュが効く。ワーニングラブはその中間にあたる。

高活性 グランデシャッド ワーニングラブ ツインラッシュ 低活性

こまめなワームローテーションが
ヒラメを釣るコツです
「常に言っていることなんですが、ルアーローテーションは大事。どの状況でどのルアー、ワーム、カラーとは一律に言えませんが、変えることが大事。ワームもこまめにローテするのが釣果を伸ばすコツです」

使い分け3ジグヘッド × ワーム 
アクション方法

高バランス&レンジキープ力を活かし
多彩なアクションで誘える

トゥイッチやジャークなどアクティブな誘いも効果的

熱砂サンドライザー&熱砂ワーム、実際の操作方法を教えてください。
「ヘッドとワームをそれぞれ解説しましたが、組み合わせて使用するとバランスの高さを実感しやすいと思います。基本のただ巻きはもちろんですが、バランスが良いのでトゥイッチやジャークなどを加えても効果的です」
アクションのバリエーションを大きく分けると?
「まずはただ巻き。ワームが高浮力なのでレンジキープもしやすいのが特長ですね。そして、ただ巻きにトゥイッチを加えれば、バイトを誘うことができます。3つめはストップ&ゴー。巻いて止めて…を繰り返していきます。4つめはリフト&フォール。ボトムまで落としてからロッドを立ててリフトアップ。ジグヘッドリグの定番アクションですね。あとはジャーク&フォール。ブルブル…とワームの波動でアピールさせてからフォールさせます」
アクション方法は実に多彩。多くの誘い方でヒラメへアピールすることが可能なのだ。
「今、あえて離岸流を21gのサンドライザーを使っています。シャローなので浮かせてスイミングさせたいからなんですね。28gだとボトムにガツガツと当たってしまう。浮いている感じでアピールしてバイトを誘っているんですが……、んっ? 今、何か当たった!?」
アクション解説中にヒラメの反応が!?

5タイプものアクションが可能でヒラメを多様に誘発

アクション方法は大きく分けて5つ。ジグヘッドリグとしては多くのアクションが可能で、様々な活性のヒラメを誘うことが可能だ。

  • 1ただ巻き

    基本はただ巻きアクションがメイン。ジグヘッド形状で流れを感知しやすいので、ステディリトリーブで流れや反応の違いをチェックしていこう。

  • 2ただ巻き&トゥイッチ

    ただ巻きで反応がなかった場合は、軽くロッドを上下させてトゥイッチを入れていこう。高いバランス力を持つので、ヒラメへ変化のあるアピールを出してバイトを誘発!

  • 3ストップ&ゴー

    定番アクションのストップ&ゴーも効果的。リールを巻いてから止めて
    フォール、このフォールが喰わせとなってヒラメを誘発!

  • 4リフト&フォール

    ストップ&ゴーとは異なり、ボトムまで落としてからロッドで大きくあおってリフト。この連続したリフト&フォールが喰わせと誘いとなり、ヒラメのバイトチャンスを増やす。

  • 5ジャーク&フォール

    ゆっくりしたリフトではなく、速めにロッドをジャークしてからフォールさせる。よりリアクション効果を出せるので、活性が低いヒラメにも効果的。ただ巻きから始まり、ただ巻き+トゥイッチ。さらにストップ&ゴーで連続したフォールの喰わせ。そして、リフト&フォールといった定番アクションに加えて、ジャーク&フォールといったリアクションに特化した誘い方も使っていくなど、多くの釣り方が可能だ!

    ❶ただ巻き ❷ただ巻き&トゥイッチ ❸ストップ&ゴー ❹リフト&フォール ❺ジャーク&フォール

釣れた組み合わせはサンドライザー21g ×
グランデシャッド4インチ
釣行当日は雨と風が出始めてきて状況は悪化。波も高めになったときにサンドライザー21gとグランデシャッド4インチへチェンジ。キャストして着底後すぐにヒットした。

離岸流の中を何度も通して喰わせきる!

実釣解説中に見事ヒラメをゲットした堀田さん。その釣れたジグヘッドとワームの組み合わせは、サンドライザー21gとグランデシャッド4インチ。
「離岸流を何度も通していたんですが、この組み合わせに変えてキャスト後すぐに喰ってきました」
定番の離岸流ポイントだが、波動アピールの高いグランデシャッドが効果あり!活性自体は高かった?
「ベイトを喰いにきていたんでしょうね。口にガッツリとフッキングしています」
この日は徐々に波が高くなり、流れの強い離岸流の中ではバレる可能性もあった。
「フックのワイヤーは柔軟性に富んでいるので、波や流れの中でもバレにくいんです。それにあらためて見てみるとワームがまったくズレていませんね。魚は結構暴れていたんですけど、ホールド力がやっぱり高いんですね」
釣れたときはもちろん、今回の釣行では一度もズレやトラブルがなかった。
「ワーム素材もやはりタフですね。釣れたあとはガサガサになったりしますけど、滑らかで傷などはありませんね。このまますぐ使用できるから釣りがスムーズ」
基本性能が釣果に直結。そんなヒラメ捕獲劇となった。

スペシャルテク ×
カラーセレクト

独特なヘッド形状とワーム浮力による
高バランスボトムステイで喰わせUP!

ボトムステイで低活性ヒラメにもアピール!

「釣れたのはキャストしてボトムに落ちた瞬間でした。ストップ&ゴーやリフト&フォール、ジャーク&フォールなどで喰ってこない場合、止める時間を長く取ってボトムステイ。これが効果的な場面も多いんです」

ボトムでステイをすると波がある場合は倒れやすいのでは?
「もちろん状況次第ですが、サンドライザーはヘッド前面の形状がボトムでも立ちやすいフラットな設計。さらにワームが高い浮力の素材ですから、ボトムステイでも安定しやすいんです。そして、テールが微細にゆらめいて誘ってくれるんです」
第6のアクションはボトムステイ!
「あとバレにくいと言いましたが、フレキシブルなワイヤーのおかげでフッキングも向上しています」
確かに、釣れたヒラメの口にはフックがふたつとも、しっかり掛かっていた。
「そして実は、ワームカラーをピンクからグローに替えてすぐ喰ってきたんです。天候がローライトで濁りも多少あったからグローにしたんですが、ワームカラーも10色とバリエーションが豊富。こういったカラーの組み合わせをローテーションしていくのも大事なテクニックのひとつですよ!」

高いフッキング力と釣れてもズレないワームキープ力も魅力高いフッキング力と釣れてもズレないワームキープ力も魅力

ヘッドカラー×ワームカラーの組み合わせ次第でローテーション数が大幅UP!

ワームもヘッドもカラーは10色とバリエーション豊富。組み合わせることで、様々なカラーローテーションが可能になっている。
「今回釣れたのは曇天でのグローカラー。目立ちやすい理由もあるかもしれませんが、反応が薄い場合は頻繁にカラーローテーションを行うことでバイトを引き出せることがありますよ!」

01T ヒラメゴールド 04T ピンクグローベリー01T ヒラメゴールド 04T ピンクグローベリー

01T サンライズピンク 02T サンセットゴールド 03T ブルーイワシ 04T ヒラメキウイ 05T ハワイアンレッド01T サンライズピンク 02T サンセットゴールド 03T ブルーイワシ 04T ヒラメキウイ 05T ハワイアンレッド 06T グローホワイトサンド

06T グローホワイトサンド 07T サーフイワシ 08T アロハピンクグロー 09T ゴールデンビーチ 10T ハイビスカスピンク 07T サーフイワシ 08T アロハピンクグロー 09T ゴールデンビーチ 10T ハイビスカスピンク

どうしても喰わない低活性ヒラメにはボトムステイ!

喰い渋った低活性ヒラメには、サンドライザー+熱砂ワームのボトムステイが効果的!堀田さんのシークレットメソッドだ。
「ボトムで立ちやすいヘッド形状。さらに高浮力ワームで姿勢を保ちやすいから、ボトムステイで誘いやすいんです」
ボトムで立ちやすい平らな形状 高浮力

リール&ライン
その他サーフ用追加アイテム

新しいステラ&NEWライン、ピットブルで、
ジグヘッドリグの微かな流速変化をキャッチ!
熱砂ルアーシリーズに、NEWカラー登場!

魚の反応を瞬時に感じ取る直感的な操作をサポート!

熱砂サンドライザーと熱砂ワームシリーズ。その釣り方を紹介してきた堀田さんだが、今回の釣果は新しくなったステラとPEラインのピットブルの効果も大きい!?
「波があるときは特にラインがまっすぐにならず、手元にルアーの動きが伝わりにくいんです。でも、8本編のピットブル8は水切りが良く、ラインメンディングがシャープに行なえます。軽くロッドを動かしただけで、次々に覆いかぶさってくる波を切ってくれるからストレスが少ないんです」
サーフでこそ効果は大きいとのこと。
「あと、ステラはやはりスムーズな巻きごこち。これによって直感的にルアーを操作しやすく、何かに当たったり魚の反応といったノイズを瞬時に感じ取れる。このフィーリングは変わらず釣りをサポートしてくれます。他にもプラグとジグで新カラーが追加されましたが、ワームと同じくカラーバリエーションは大事。常に反応を変えていくのが釣果のコツです」

サーフでは波の中でのラインメンディングが重要になってくる。8本編ラインのピットブル8は、素早く波を切って余計なラインのたるみを解消しやすくなっている。

「NEWステラの滑らかな巻きごこちは、サーフの複雑な流れの変化を感じ取りやすいんです。また、あらゆる微細な反応やルアーの位置も把握しやすいので、ここで止める巻く…といった細かい操作が直感的に判断できるんです」

[本体価格] 79,800円〜85,900円 
※写真は4000XGです。

4本編、8本編、12本編と3つのバリエーションがある新PEライン。4本&8本編は逆方向の撚りで均一に編んでいくVT工法により強力をUP。さらに12本編で採用されているタフクロス2工法は締め込みながらラインを疎編み化。超低伸度化して感度を高めている。

[カラー] 各2色 
[本体価格] 1,230円~4,040円

  • ■ピットブル4
    [品番]
    PL-M54R(0.4〜2.0号 150m)、
    PL-M64R(0.4〜2.0号 200m)

  • ■ピットブル8
    [品番]
    PL-M58R(0.6〜2.0号 150m)、
    PL-M68R(0.6〜2.0号 200m)

  • ■ピットブル12
    [品番]
    PL-M52R(0.6〜2.0号 150m)、
    PL-M62R(0.6〜2.0号 200m)

WEB LURE X MOVIE
サーフヒラメ、喰わせのジグヘッドリグ!
熱砂サンドライザー&ワームシリーズ 徹底解説!

堀田 光哉タックルデータ

TACKLE DATA

おすすめ関連記事