HITOSHI SUZUKI 鈴木 斉 シマノインストラクター

鈴木 斉プロフィール シーバスからオフショアのマグロまで、旬のターゲットを追い続けるソルトゲームのエキスパート。鋭い洞察力で確実に獲物を仕留める実力派だ。茨城県出身・在住でシーバス釣りはプレッシャーの高い関東で腕を磨き、経験と知識は豊富。全国各地でランカーを多数捕獲している。

KEYWORD 使いやすくて釣れる! こんなシンキングペンシルがほしかった!
小型で扱いやすくて釣れる!!

スライドアサシン使いこなし術

シーバスの喰いが渋いときに出番が多いシンキングペンシル。ナチュラルな泳ぎでバイトを誘うが、水を受け流す構造上、苦手という人も多いはずだ。「小型で、良く飛んで、扱いやすいシンペンがあれば、もっと釣れるのに」という多くのシーバスマンたちの要望に、シマノの技術が出した答えがこれだ。新型スモールシンキングペンシルの使い方を鈴木さんが解説する。

 

長所を伸ばし短所を補うシンキングペンシルの新機軸

シンペンの苦手意識を克服できる扱いやすさ

実釣は、夜の大規模河川と日中のサーフで実施。晩秋という時季と、シンキングペンシルの特性を活かせるという狙いでのフィールド選択だが、そもそもシンキングペンシルとは、どんなルアーなのか? 実釣を前に改めて鈴木さんに聞いてみた。
「文字通り、沈む鉛筆状のルアーで、リップなど水を噛む突起物はない。レンジは基本、表層付近で、泳ぎは弱いロールなどナチュラル系。僕はトップウォーターやミノーに反応がないときに、喰わせとして使うことが多いですね」
フォローベイトとして?
「そう。ただ、空気抵抗が少ないので飛距離が出て、広範囲をサーチできるというメリットもあります。逆に水中では、水を受け流しやすい。風や流れでラインが引っ張られるとその影響を受けやすく、レンジが上がったり、狙ったトレースコースからズレやすい。巻き抵抗が小さく、何をしてるかわからないから苦手という人も多いですよね」
どんなタイプのルアーも長所と短所があるということですね?
「そうなんですが、シンペンの長所を伸ばし、短所を補ったのがスライドアサシンです」
そのためのシマノの技術は、別記のとおり。気になるのは、アングラーとしての使用感だ。
「一言で表せば、使いやすくて釣れる!です。小型で良く飛んで、水噛みが良いから巻き抵抗もしっかり手元に伝わる。でもシンペンの漂うようなナチュラルな泳ぎは演出できるから喰わせやすい。レンジキープもしやすい。今までありそうでなかった他に類がないシンペンです」
シンキングペンシルの飛距離、喰わせやすさはそのままに、水噛みが良く、扱いやすい?
「というより一般的な同クラスのシンキングペンシルより飛距離が出て、水噛みが良い。だから使いやすくて、釣れるんです」
  • [品番]XL-210R(100mm/23g/シンキング)
  • [カラー]12色
  • [本体価格]2,000円

釣れる機能1ヘッドリップ

凹みが水を噛んでわかりやすい引き抵抗感
水平姿勢で泳ぐように設計され、さらにヘッドの凹みが水を受けて、低速でもわかりやすい引き抵抗を発生。水を噛むから操作性が高く、流れの変化など水中の情報が感知しやすい。流れや横風でラインが引かれても影響を受けにくく、泳層キープにも貢献。

釣れる機能2X AR-Cシステム

小型でも良く飛び、
泳ぎの立ち上がりが早い
ボディは高浮力発泡素材のAR-Cシェルを採用。浮力が強い分、全長100mmで23gと重めのウェイトを搭載し、重心移動のAR-Cシステムとの相乗効果で飛距離を伸ばす。着水と同時にバネでウェイトを適正位置に戻すため、アクションの立ち上がりが早い。

X AR-C AR-C重心移動システム 貫通ワイヤー

釣れる機能3貫通ワイヤー

太軸フックでランカー狙いも!
ラインアイ、フックアイは貫通ワイヤーで一体化。ST-56やSTX-58の#4など太軸フックが搭載可能で、ランカー狙いや磯のヒラスズキ釣りで強引なやり取りにも対応する。サーフ、磯で不意の青物がかかっても安心してファイトできる。
  • 使い方の基本表層で泳層を保ちながら
    水中を漂わせるように巻く
    「基本的な使い方は、表層でレンジキープしながら、水中を漂わせるようにゆっくり巻きます。通常のシンペンと一緒ですが、水噛みが良いスライドアサシンは、その感覚がつかみやすい。流れに押されるときは速く、流れに逆らうときはよりスローに巻くなど、状況に応じてリトリーブスピードを調整します」
  • 想定ベイトフィッシュイワシ、イナっ子に
    マッチ・ザ・ベイト!
    「全長100mmで、海ならイワシパターン。河川ならイナっ子パターンにマッチ・ザ・ベイトさせやすい。地域や時季によって、チアユ、トウゴロウイワシ、キビナゴなど10cm前後の小魚は多いので、年間通して各地で活躍するはずです」
  • 使用フィールド港湾から磯まで幅広い
    シーバスフィールドをカバー
    「使用するフィールドは、一般的なシンキングペンシルと同じ。使用レンジや飛距離を考えると大規模河川下流部、干潟、サーフなど広大なシャローエリアが得意です。水噛みが良く、流れの中でも操作しやすいので、港湾部の橋の明暗など流し込む釣りもしやすく、逆風でも飛ぶので磯のヒラスズキ釣りの喰わせの一手にもなります」
  • アクションヘッドリップが水を噛み、ワイドなS字スラロームでアピール!
    アクションは、ヘッドリップと水平姿勢バランスにより低速でも素早く立ち上がり、アピール力のあるワイドなS字スラロームで泳ぐ。「フォールも水平姿勢で、ヒラヒラとロールしながら落ちる。橋脚や磯際など、縦のストラクチャーの際で落とし込んで喰わせることもできます」
実釣ケース1
夜の大規模河川

流れを読み切りました!

Hitルアー 02Tボラノコシロ
  • [品番]XL-210R(100mm/23g/シンキング)
  • [カラー]12色
  • [本体価格]2,000円

ベイトがたまる流速差で漂わせるように巻いて喰わせる

低速巻きでレンジを保ち流れの変化がつかめる

実釣は、晩秋の千葉県東部の大規模河川の下流。支流の合流部ですぐ上流に河口堰がある。狙いは?
「夕マヅメに絡む下げで、潮位が下がると本流の堰が開いて流れが出る。流れが出るとベイトのイナっ子が動いてシーバスが喰うタイミングになるんですが、晩秋の本流の流れは冷たい。その反転流が支流の合流部にかかり、水温が高い支流にベイトが入って、シーバスも付いてくるという読みです」
ベイトがイナっ子ならスライドアサシンがマッチ・ザ・ベイト。だが、鈴木さんはレスポンダー129F AR-Cを結んだ。
「まだ流れがない。イナっ子は流れの強弱の変化にいるので、流れが緩い中でも流れの変化が見つけやすいリップ付きを選びました」
本流と支流の合流部の砂州から扇状に広く探り、流れの強弱を確かめながら表層を漂うイナっ子のように巻くが、アタリはない。
「この数日、寒波がきて、冷たい北風が吹いて水温が下がった。活性は低いですね」
だが、本流の堰が開き、流れが出はじめると、釣況が好転。
「支流河口の沖に潮目が出てきました」
本流の反転流がきいてきた証拠だ。このタイミングで、レスポンダー129Fで80cmのランカーをキャッチ。鈴木さんは、すぐにスライドアサシンに結び替える。
「流れがきいてきたので。レスポンダー129Fより遠くの潮目が撃てますからね」
冷たい北風が吹く中、30分もかからずに2尾目をキャッチ。
「飛距離が出て、流れに乗せかながら漂わせるように巻ける。スライドアサシンの強みが、結果につながりましたね」

河川ナイトゲームのヒットパターン

速い流れから緩い流れに
入った直後にバイト

本流と支流の合流部で、全体的にシャローフラット。下げ潮で本流の堰が開くと上流から冷たい流れが発生。その反転流が支流の河口付近に影響するタイミングでヒットした。「水温が高い支流側にイナっ子が動く。スライドアサシンで釣れた1尾は、速い流れから緩い流れに抜けた直後に喰いました。飛距離が出て、流れの強弱がわかりやすい巻き抵抗だから獲れた1尾です」

反転流 水温高 ヒットポイント 支流 立ち位置 水温低 堰 本流 冷たい水門からの流れ

巻き方のコツ

引き抵抗をなるべく
一定に保ってリトリーブ

「スライドアサシンは、巻きが重く感じるところはゆっくり。巻きが軽くなったら、流れを抜けたので巻きスピードを上げます。巻き抵抗を一定に保って巻けば、レンジと泳ぎが安定。その中で意図的にリトリーブを変えれば、アクションに変化をつけて喰うきっかけを与えることができます。これは河川、サーフなど、流れがあるところは共通です」

シャローで流れが緩いときはレスポンダー流れがきいてきたらスライドアサシン

「水深1mもないシャローエリアで流れが緩いときはレスポンダー129F。潜行深度は50cmまでで潜りすぎず、リップがあるので弱い流れの変化をサーチできます。流れがきいてきてレスポンダーに反応がないとき。飛距離がほしいとき。ベイトが小さいときは、スライドアサシンに替えます」

  • [品番]XM-S29N(129mm/19g/フローティング)
  • [カラー]12色
  • [本体価格]2,200円

  • [品番]XL-210R(100mm/23g/シンキング)
  • [カラー]12色
  • [本体価格]2,000円
実釣ケース2
日中の遠浅サーフ

80cm OVER!!

Hitルアー 01Tカガヤキマイワシ
  • [品番]XL-210R(100mm/23g/シンキング)
  • [カラー]12色
  • [本体価格]2,000円

飛距離と巻き感でポイントサーチと喰わせを両立

荒れたサーフで飛距離も泳ぎも安定

実釣2日目は、茨城県南部の遠浅サーフ。鈴木さんのホームグラウンドの範囲内だ。当日は北東の風が吹き、海は荒れ気味。
「先週まではイワシが接岸して、シーバスやヒラメが良く釣れていたそうです。今は、そのピークがすぎたみたいですけど」
そのせいか、下げ5分の朝方のサーフに、釣り人はまばらだ。
「向かい風で波が高く、海面が荒れ気味で流れが見えない。そういうときにもスライドアサシンの飛行性能と、流れの強弱がつかみやすい水噛み性能が役立ちます」
沖へ遠投。スライドアサシンが帰ってくる方向から横の流れを読んで立ち位置を変え、最終的には着水点からなるべく真っ直ぐルアーが帰ってくる払い出しを探す。
「払い出しがあれば、巻きが重くなるのですぐわかります」
鈴木さんは足を止めた。払い出し発見か? すると数投後にセイゴがヒット。
「イワシが居るからセイゴもいるんでしょうね。巻いてて重いんで、場所も合っているはずです」
魚の反応がある払い出し発見! 同じ場所で干潮2時間前には、57cmのヒラメが、スライドアサシンを襲った。
「一番岸寄りで波が立ち上がるファーストブレイク付近で、ゆっくり漂わせるように巻いたら喰い上げてきました」
そして圧巻は、午前10時すぎの干潮から上げはじめで、白日のシーバス80cmクラス2連発!
「スライドアサシンは、払い出しの流れの中で、ゆっくり引いてもしっかり水を噛んで泳ぐからアピールできる。でもサイズは小さいから喰わせやすい。遠浅のサーフでも武器になります」

日中サーフのヒットパターン

払い出し周りで水中を漂うようにリトリーブ

鈴木さんは広いサーフから沖へ払い出す流れ見つけて、57cmのヒラメと80cmクラスのシーバス2尾という結果を出した。
「広いサーフで回遊しているイワシは流れの変化に立ち寄って、それを狙ってシーバスやヒラメが集まってきます。スライドアサシンは流れの変化がつかみやすく、サイズ感も泳ぎもナチュラル。払い出し周りで水中を漂わせるように巻けば喰います」

荒れ気味の遠浅サーフの表層を巻き切れる

「スライドアサシンだから荒れ気味の遠浅サーフを攻略できました」という鈴木さん。その理由は?
「飛ばそうとしてルアーを重くすると、底層を引きすぎる。沈めないようにするとリトリーブが速くなります。ベイトに合わせた10cm前後の小型ミノーは、軽いから荒れた波に弾かれて泳がない。スライドアサシンは、荒れ気味のサーフでも遠投して表層をゆっくり巻けます」

80cm OVER!!

WEB LURE X MOVIE
扱いやすくて釣れる!エクスセンススライドアサシン使いこなし術 ~鈴木 斉編~

鈴木 斉セレクトタックルデータ

RODEXSENCE ∞(インフィニティ) S906M/RF
ブランクスにスパイラルXコアを採用した軽くて強い、エクスセンスの旗艦ロッド。「9’6”というレングスは、遠投できて取り回しも良い。ブランクスはネジレやつぶれに強く、ロッドを曲げて気持ち良くキャストできます。感度も優れ、スライドアサシンで流れの変化を感知しやすいです」
REELSTELLA 3000MHG
「手にしたときの質感や、使用時の剛性感は、やっぱりステラですね。しっとりとした滑らかな巻きごこちは、スライドアサシンで流れの変化を感知する釣りに役立ちます。長く使ってもその感覚が色褪せないのが、ステラです」
[本体価格]83,000円
LINEPITBULL12 1.2号
「ピットブルは基本性能に優れたPEライン。適度な張りとコシで飛距離も出ます。またPEラインは編み数が多いほど、表面が滑らかで水の抵抗を受けにくい。今回使った12本編は、スライドアサシンで流れの変化を探る釣りをサポートしてくれます。リーダーはEXSENCEリーダーEXフロロ25lb

おすすめ関連記事