MATSUOKA HIDEYUKI 松岡 豪之 シマノインストラクター

松岡 豪之プロフィール 宮崎県在住。ショア、オフショアを問わず、九州を拠点に全国を股に掛けて活躍するソルトゲームのエキスパート。ターゲットの習性やその場の状況で時合を読み、的確に獲物を追い詰める知性と野性を併せ持つアングラーだ。

KEYWORD 水噛みスライドアサシンだから出来る!
河川&磯対応
“喰わせ”

ピンスポット攻略

「スライドアサシンがスゴイのは、河川でのデイゲームから磯ヒラまで対応する守備範囲の広さ」。その有効性を探るべく、松岡さんの地元、宮崎から大分の河川と磯で実釣。そこで松岡さんが魅せたのが、シンキングペンシル使いの新境地だ。

 

  • [品番]XL-210R(100mm/23g/シンキング)
  • [カラー]12色
  • [本体価格]2,000円
河川の瀬から
引きずり出した1尾。
「瀬の底に流れに沿って馬の背状のハンプがいく筋かあり、スライドアサシンをギラつかせたら、ハンプとハンプの隙間から出てきました。ピンスポットを狙えるのもスライドアサシンの強みですからね」

水噛みの良い特性をバイトの誘発に活用

「スライドアサシンは、一般的なシンキングペンシルより水噛みが良い。この特性は、リバーシーバスや磯のヒラスズキでも活躍します」
一般的なシンキングペンシルは、河川の流れや磯のサラシの中では使えないということですか?
「いや、ちょっと重めのシンキングペンシルを使えば、川の流れに乗せて流し込んだり、磯のサラシで漂わせることはできます。ただ、それ以上のことは、なかなか難しいですからね」
それ以上のこと、というのは?
「例えば河川では、トップウォーターのガラスライド110Fや、ミノーのサイレントアサシン99Fなど、アピール力のあるルアーでサーチします。そのときにトップに出てものらない、ミノーにアタるけどかからない、あそこに魚が居そうなのに反応がない、といったことがあります」
フォローでナチュラルな泳ぎで喰わせやすいシンキングペンシル、というのがセオリーですが?
「そうなんですが、ピンスポットに魚が居るとわかったら、そこで喰うきっかけを与えたいわけです。ロッドワークでチョンチョンッと動かして、ギラギラッとヒラを打たせる。一般的なシンキングペンシルの場合、川や磯の流れの中でそれをやると、水面に飛び出しやすいんです」
スライドアサシンは、水面から飛び出しにくい?
「はい。一般的なシンキングペンシルのようにシャローエリアを広く探ることもできるし、ピンスポットで喰うきっかけを与えることもできます。これは、水を受け流すシンキングペンシルでは難しい。スライドアサシンだからできる喰わせワザです」

河川

“喰わせ”のピンスポット攻略 for 河川

流れの変化が絡む
地形変化や障害物際で誘う
「スライドアサシンを河川で使う場合は、立ち位置によってアップからダウンクロスでアプローチ。狙ったスポットに軽く水を噛ませながら、ナチュラルに流し込みます。狙うべきスポットは、流れのヨレや反転流など流れの変化に絡む、カケアガリやボトムの隆起などの地形変化。あるいは水中の岩などの障害物。要はシーバスが身を潜めて、流されてくるエサを待ち構えているピンスポットでギラギラッとアクションをつけて喰うきっかけを与えます」

河川実釣時のヒットパターンの一例

Y字ポイントの足元の
カケアガリに付く
ランカーがバイト

本流と、中洲によって分かれた分流が合流するY字ポイントで80cm、松岡さんの物持ち感覚で「8kgは超えてる」という大物がヒット。「トップで誘ったけど反応がない。2本の流れが合流して、深く掘れてる。シーバスは足元の近くのカケアガリの壁に付いて上を意識。上流から流し込んで、カケアガリの上でチョンチョンッとサオ先でアクションを付けてギラつかせたら、下から出てきました」

磯

“喰わせ”のピンスポット攻略 for 磯ヒラ

ひさし状の岩の下に潜む
ヒラスズキにヒラ打ち
アクションでアピール
釣り場は洗濯板状の岩盤が広がる平磯。「水深がなく、下げでさらに浅くなるのでミノーではすぐに引っかかる。ひさしのようにオーバーハングした岩の下にヒラスズキが潜んでいるとイメージして、スライドアサシンを通し、岩のひさしの際でチョンチョンッとサオ先でアクションをつけて、ギラギラッと見せたら喰いました。川でも磯のヒラスズキでも、意図的に誘って喰わせることができるシンキングペンシルです」

磯実釣時のヒットパターンの一例

引き波で泳がせトゥイッチや
フォールで喰う
きっかけを与える

「スライドアサシンのレンジは浅いので、薄めのサラシで有効。引き波の流れをつかんで、その場で止まらせるように泳がせやすく、シモリや磯際のエグレなどヒラスズキが潜んでいそうなスポットを狙いやすいです。反応がなければトゥイッチを入れてヒラを打たせたり、一瞬、水中を漂わせるようにフォール。フォール中もヒラヒラ落ちて喰うきっかけを与えます。小さくても風を切り裂くように飛ぶ飛行性能は、逆風で釣りをすることが多いヒラスズキ釣りで武器になります」

河川&磯共通トゥイッチで水面に逃げる軌道もバイト誘発

河川と磯で共通しているのは、障害物に潜んでいる魚を狙う点だ。
「水を噛んで操作感が得やすいから、ピンスポットでトゥイッチによるヒラ打ちで誘いやすい」
同じことがミノーでもできそうですが?
「ミノーはトゥイッチすると潜る。スライドアサシンは上ずる。水面に逃げる小魚のような動きで、捕食のスイッチが入りやすいです」
ギラッ ギラッ ギラッ 待て!

松岡 豪之セレクト 河川&ヒラスズキ タックルデータ

RODNEW EXSENCE S900MH/R Wild Contact , EXSENCE S1100H/R Wild Full Contact

「スライドアサシンは、港湾から磯まであらゆるシーバスフィールドで有効で、普段使っているタックルで使いこなせます。私も今回使ったロッドは、川はワイルドコンタクト。磯ヒラはワイルドフルコンタクト。使い慣れた硬めのロッドです」
NEW EXSENCE S900MH/R Wild Contact   製品情報はこちら
EXSENCE S1100H/R Wild Full Contact   製品情報はこちら
[本体価格]63,500円、70,600円
※写真はS803MH/Rです。

REELSTELLA 4000MHG、4000XG

「リールも普段シーバス釣りで使っているもの。今回は、NEWステラを使いました。川は4000MHG。磯では4000XG。巻きごこちが滑らかで、強い負荷がかかっても軽く巻ける。私が使う硬いロッドに負けない剛性感があります」
[本体価格]83,000円
※写真は4000MHGです。

製品情報はこちら
LINEPITBULL 8 1.2号、PITBULL 12 1.5号

「ライン、リーダーも普段使っているものでOKです。今回はPEライン、ピットブル8と12を使用。川は8の1.2号。磯ヒラは12の1.5号。ポピュラークラスのラインですが、基本性能が高く、適度に張りがある扱いやすいラインです。リーダーは、川はエクスセンスリーダーEXフロロ20lb。磯はオシアリーダーEXフロロ40lb」
PITBULL 8
[品番]PL-M68R(1.2号 200m)
[カラー]2色
[本体価格]2,900円
製品情報はこちら
PITBULL 12
[品番]PL-M62R(1.5号 200m)
[カラー]2色
[本体価格]4,040円
製品情報はこちら

おすすめ関連記事