TETSUYA HENMI 辺見 哲也 シマノインストラクター

辺見 哲也プロフィール 東京湾をホームフィールドとして活動し、“伝説のカリスマガイド”と称されるシーバスゲームのスペシャリスト。優れたキャスティングテクニックに定評があり、トラウトの名手としても知られている。

KEYWORD 飛距離“ミノーマスター”が干潟エリアで
シンキングペンシルを
使う理由。

干潟エリアは、辺見さんが得意とするシチュエーションのひとつ。ミノーをメインとしたゲームプランが軸だが、シンキングペンシルは欠くことのできないルアーだという。「スライドアサシンを組み合わせれば、より精緻なゲーム展開が可能です」

スライドアサシンが拡げる
シャロー戦略の可能性

82cm!!

  • [品番]XL-210R(100mm/23g/シンキング)
  • [カラー]12色
  • [本体価格]2,000円

シビアなレンジ操作がイージーに決まる!

実釣は初冬の東京湾で実施した。狙いはブレイク付近に点在するアマモ帯のエッジ周辺だ。まずは、レスポンダーやサイレントアサシンなどの100mm前後のミノー系で状況をチェックする。
「アピール力を活かして、高活性な個体を効率良く。シャローフラットの釣りにおいて、レンジキープ力が高いミノー系は基本にして王道。様々なミノーを使い分けるだけでも、充分な結果を導き出せることが多いですね」
ミノーで広範囲をサーチした後は、シンキングペンシルのスライドアサシン100Sへチェンジ。
「思いのほかベイトやシーバスの密度が薄く、ナーバスになっている印象。こういう状況では、シンキングペンシルが効くこともあります」
アプローチしているエリアの水深は、1~2m前後と浅め。しかも、アマモへのトップ部に絡まないように、水面下30~50cm程度のレンジをキープし続ける必要があります。リップレスのシンキングペンシルでそれをこなすには、難易度が高いのでは?
「そのあたりの使い勝手の良さを突き詰めたのがこのルアー。ヘッドリップがしっかりと水を掴むので、比較的容易にレンジをキープできます。ほど良い抵抗感もあり、水流の強弱もしっかりと手元に伝わってきますね。姿勢も水平に近く、シーバスに違和感を与えません」

シャローフラットでシンペンに求められる性能とは?

「まずは、広範囲へアプローチするための飛距離。そして、ストレスフリーで攻め抜けるレンジキープ力や泳ぎ出しの良さ、水平に近いスイム姿勢やサイズ感…理想を挙げたらキリがありませんね(笑)。僕が求める多くのリクエストを満載したシンキングペンシル、それがスライドアサシンです」

ミノー系がメインだが、
ナチュラルなアピールが有効なケースも

辺見さんが干潟エリアで主力とするルアーは、サイレントアサシン99SP AR-Cやレスポンダー109F X AR-Cなど、ミノー系の使用頻度が高い。「リップのおかげで狙ったレンジをキープしやすく、水押しが強い点が干潟では大きな武器になります。一方で、シンペン特有のナチュラルな誘いにしか反応しないケースがあるのも事実。状況を見ながら、臨機応変にローテーションすることが大切です」

スライドアサシン 100S XAR-C [ナチュラル系アクション] レスポンダー 109F XAR-C [アピール系アクション]

CHECK POINT!

干潟エリアにおけるスライドアサシンの優位性

  • POINT1キャスタビリティ
    平均飛距離は69mを達成。「X AR-Cの採用で、飛びと泳ぎの両立を実現。多少風が吹いている状況でも、安定的かつ効率良く広大な干潟のシャローを攻められます」
  • POINT2ワイドなS字スラローム
    「地味過ぎない適度でナチュラルなアピール力。ヘッドリップのおかげで水平気味の姿勢をキープしてアクションするため、透明度の高い干潟のシャローでも見切られにくいですね」
  • POINT3サイズ感
    「1年を通じて、東京湾のシーバスは100mm前後の小魚を捕食しているケースが多く、まさにジャストマッチ。やや体高のあるデザインで側面がフラッシングしてアピール」
  • POINT4高感度
    「ヘッドリップがしっかりと水を掴むため、比較的流れの緩い干潟でもスローリトリーブでレンジをキープ可能。流れの強弱も把握しやすく、シンペン初心者でも扱いやすい仕様」

「飛距離は、圧巻。地味過ぎず派手過ぎない
フォローベイトの最有力候補です」

圧巻の飛距離で有利にゲームを展開できる

「ルアーの飛距離は、安定性が重要なファクター。AR-C重心移動システムを搭載しているスライドアサシンは、飛行姿勢が安定しているためコンスタントに高精度な遠投が可能。しっかりと重量があるにもかかわらず、ヘッドリップと発泡素材のAR-C シェルのおかげでレスポンスは優秀です」

ロッドワークでトレースラインを調整

「X AR-Cシステムとヘッドリップを搭載しているため、ロッドを上下させるだけで一定のレンジをイージーにキープできます。体感では、上下40~50cm程度の幅を無理なく調整できる印象。スローなただ巻きが基本になりますが、昼夜を問わずトゥイッチを織り交ぜて喰わせの間を演出する使い方も有効です」

イージーにレンジをコントロール&キープ!

「ナイトゲームにおける“情報量”が豊富!」

「シンキングペンシルとは思えない水中の情報量。わずかな流速の変化から流れ藻がフックに絡んだ瞬間まで、しっかりと手元まで伝わります。特に干潟のナイトゲームでは、感度が高いほど有利ですね」

“絶妙な存在感”がスライドアサシンの核心!

日没直後に、ドラマは待っていた。ロッドを大きく曲げたその正体は、82cmのランカーサイズ!
「最終プロトを本格的に投入するのは今回が初めて。自信を持って世に送り出せる完成度ですね」
2日間に渡って行われた実釣では、タフな状況ながらランカークラス2尾をキャッチ。あらためて、スライドアサシンの魅力を教えてください。
「一般的なシンペンと大きく異なる点は、“絶妙な存在感”だと思います。ミノーよりはナチュラルだけど、決して弱過ぎない。ワイドなS字スラロームで広大な干潟エリアの中でもきっちりと存在をアピールしつつ、波動自体はナチュラルで違和感を与えません。圧倒的な飛距離も武器になるし、ミノー系の強めのアピールとローテーションすることで、様々な局面に対応できますね」
スライドアサシンの登場で、干潟エリアのシーバスゲームは、ますます熱くなりそうだ。
「河川などに比べて流れの緩い場所が多い干潟でも、しっかりと水を掴んで快適に攻めることができました。個人的にはミノー主体のゲームが大好きで、ときには状況を問わずあえてミノーの細かい使い分けのみで押し通すこともあるんです。スライドアサシンは、それだけミノーにこだわりを持つ僕が、すんなりとローテーションしたくなるシンキングペンシル。今後の活躍が本当に楽しみですね」
ランカークラス2尾を含む、
グッドサイズを連発!
ほぼ無風でベイトが少ない状況下、アマモ帯のエッジをスライドアサシンで丹念に攻め続け、良型をキャッチ。「貫通ワイヤー構造で、太軸のフックにも対応。立ち上がりが良いので、着水直後のバイトチャンスも逃しません」

タフな状況で積極的に投入!

WEB LURE X MOVIE
"ミノーマスター"が干潟エリアでシンキングペンシルを使う理由
辺見哲也×エクスセンススライドアサシン

辺見 哲也セレクトタックルデータ

RODEXSENCE ∞(インフィニティ) S900ML/RF

「干潟では、遠投性能とバレにくさを重視。エクスセンス ∞(インフィニティ) 特有の粘りと曲がりの良さで、掛けた魚を逃しません。操作性や感度の面も優秀で、スライドアサシンをはじめとするシンキングペンシル全般にマッチします」
[本体価格]74,000円

製品情報はこちら
REELSTELLA 4000

「巻きごこちや耐久性の面で着実に進化。ウェーディングゲームでは防水性の向上もポイントですね。飛距離を重視してよりライン放出がスムーズな大口径スプールの4000番を選択」
[本体価格]83,000円

製品情報はこちら
LINEPITBULL 8 1.0号

「糸を均一に編み込むことができるVT工法の採用で、ガイドノイズが少なく滑らかな使いごこち。高強度かつ低伸度で、トラブルの心配も少ないため、アプローチに集中できます」
[品番]PL-M68R(1.0号 200m)
[カラー]2色
[本体価格]2,900円

製品情報はこちら

おすすめ関連記事