HIROHUMI IZUMI 泉 裕文 シマノインストラクター

泉 裕文プロフィール 大阪湾をベースに活躍するシーバスゲームのスペシャリスト。デイゲームの魅力にいち早く着目。日々の実釣の積み重ねと鋭い洞察力を武器に、シーバスゲームの新たな可能性を模索し続ける。

「名作の系譜」がベイエリアを熱くする!サルベージソリッドで挑む
港湾遊戯BASIC

都市近郊のベイエリア。アクセスが容易でシーバスのストック量も豊富なため、手軽にシーバスゲームを楽しめる一方で、年々激戦化しているのも事実だ。「時代が変われば、ルアーやタックルも進化します。基本を抑えれば、まだまだイージーなデイゲームを楽しめますよ!」常にシーンの第一線で“結果”を出し続ける泉さんに、最新のベイエリア攻略法を学べ!

 

釣れる王道バイブがさらに深化した!

実釣は、泉さんのホームグラウンドである大阪湾奥の沖堤防で実施した。

直近の状況はどうですか?
「カタクチイワシなどのベイトの群れが岸に寄っていればイージーだけど、今回はあまり期待できないかもしれませんね。でも、堤防という大きな地形変化自体がシーバスを寄せる力を秘めています。新しい“武器”もあるし、楽しい釣りができると思いますよ!」
泉さんの言う新しい武器とは、サルベージソリッドだ。既存のサルベージとは、どこが変わったのでしょう?
「中空ボディのサルベージに対して、サルベージソリッドはボディをソリッド樹脂化しています。シェイプもスリム化しています」
それらによって、性能面はどのように変わりましたか?
「アクションにキレが出ましたね。立ち上がりがかなり早くて、リトリーブを開始すると瞬時に泳ぎ出します。メタルプレートという選択肢もあったけど、この立ち上がりの良さは金属よりも比重が軽いソリッド樹脂ならでは」
護岸際の要所や沖目の流れの変化へ正確にルアーをプレゼンテーションし、シーバスの目の前ですぐにアクションを開始してバイトを誘う…。従来以上に、より緻密なアプローチを実現しているということだ。
「あとは、飛距離ですね。これはもう、絶大な信頼感がありますよ。ラインアイの位置やウェイトバランスを突き詰めていて、飛行中の姿勢が安定。サイズを問わず、アベレージで80m前後は飛ばせますね」
良く飛び、良く泳ぐ。港湾のデイゲームがより有利に展開できそうですね。
「スイム姿勢は水平に近く見切られにくいし、フォールが速く深場攻めも極めてスムーズ。スローでもしっかり泳ぐので、ナイトゲームもイケますね」

「ぶっ飛んで、ハイレスポンス。まさに、樹脂とメタルの良いとこ取り!」

沖の流れの変化を瞬時に捉えた!

早朝に目指す沖堤防へ到着すると、護岸の際を比較的速いテンポで
サーチしていく。ルアーはサルベージソリッド70ESだ。

「夜のうちに護岸の際へ付いた個体が残っているはず。予想よりも潮が澄んでいるから、ナチュラルなマイクロホロイワシにカラーを替えて……お、来ましたよ!」

タイドは、ほぼ満潮。潮が動かない状況で、早々に価値ある一尾を手にした。
「流れの弱い状況で、サルベージソリッドのレスポンスの良さが活きましたね。遠投による広範囲サーチだけでなく、ショートキャストによるピンポイント攻めも得意なところがこのルアーの特徴ですわ。さて、少しタフな状況ですが、ポジティブに攻めますよ!」
大阪湾の沖堤防は、泉さんにとっては通い慣れた庭のような存在。厳しい状況でも、テクニックや経験値で簡単に克服できるのでは?
「いや、道具のアシストは大きいですよ。僕自身がもっと楽しくイージーに釣りたいから、より高性能なアイテムを新たにプロデュースし続けているんです。サルベージソリッドは、まさにその深化を象徴する仕上がり。自信を持っておすすめできるバイブレーションプラグですね」
既存のサルベージとは、どのように使い分ければ良いですか?
「シャローレンジをスローに探りたい場合は王道のサルベージがメイン。それ以外の多くのシチュエーションは、サルベージソリッドでカバーできますよ」

THE BASIC METHOD

狙ったスポットを着水直後から
キッチリ誘える…!
大型船の通過直後に発生した曳き波による流れの変化を見逃さず、サルベージソリッド70ESで岸際をトレース。「瞬間的に立ち上がるので、有効なゾーンが広い。だから、わずかなチャンスをしっかり捉えることができるんです!」

ただ巻きをベースに、ストップ&ゴーやトウィッチでバイトを誘発

「任意のレンジをただ巻きで探るのが基本中の基本。これだけでも充分にバイトを誘えますが、反応がない場合はストップ&ゴーやトウィッチで反射的に口を使わせます。サルベージソリッドは、アクションのレスポンスとキレが良いので、ロッドワークへ機敏に反応。狙ったスポットで仕掛けることが可能」

[ただ巻き]ビリビリ [ストップ&ゴー]ビリビリ スーッ [トゥイッチ]チャ!チャ!

「飛距離が稼げて、ストレスフリー。ベイエリアの主力です!」

「僕は人一倍モノに対するこだわりが強くて、本当に良いアイテムしか皆さんにオススメしない主義。サルベージソリッドは、一切妥協せずにテストした自信作です。良く飛んでストレスフリーに扱えるこのルアーの良さを、ぜひ体感していただきたいですね」

ベイトが少ないタフな状況をサルベージソリッドで完全克服!

実釣後半戦は南風が吹き、ベイトが寄せられる状況も期待されたが、反応は薄かった。それでも、泉さんはソルベージソリッドでコンスタントにシーバスをキャッチ。「タフな状況でも、このルアーさえあれば何とかなるという気持ちにさせてくれるんですよね。高いモチベーションを維持したままアプローチに集中できました」

COLOR SELECT

ベリーの色でローテーション!

  • 濁り&ローライト時
    アピール系を選択
  • 澄み潮&晴天時
    ナチュラル系を選択

サルベージソリッドのカラーラインナップは、充実の全12色。「あらゆるシーンに対応できますね。僕は、特にベリー(腹)のカラーで使い分けることを意識しています。濁りが強い場合はオレンジベリーなどの目立つカラーがメイン。澄み潮のときは、パールホワイトなどのナチュラルな色を選びます」

WEB LURE X MOVIE
エクスセンスサルベージソリッド 70ES / 85ES
~ぶっ飛んでハイレスポンスなバイブレーションで泉流港湾シーバス攻略~

WEB LURE X MOVIE
名作エクスセンススタッガリングスイマー復刻! ~泉流使いこなし術~

泉 裕文セレクトタックルデータ

「ベイエリアのデイゲームでは、軟調のロングロッドとレバーブレーキリールの組み合わせがベストで、サルベージソリッドとの相性も良いです。ロングキャストが可能で、フッキングか決まりやすくバレにくいですからね。PEラインは1号前後、リーダーはフロロカーボンの12lb前後をセレクトします」

RODエクスセンス S1010-1110M/RF-T “Fighting Absorber”

ズーム機能搭載!柔軟性と操作性の高さで
より有利なゲームを展開

磯竿の長所をシーバスロッドへ積極的に導入した意欲作。軟調ロングロッドならではのバレにくさや遠投性を誇り、ズーム機能(シルキーズーム)も搭載。瞬時に1フィートの伸縮が可能で、足場の高さや魚のパワーに応じて調整できる。テレスコピック(振出)仕様で、収納もスムーズ。

製品情報はこちら
REELエクスセンス LB C3000MPG / C3000MXG

シーバス用LBリールのフラッグシップモデル

微妙なテンションの制御を可能にしたEXSブレーキを採用。レバーブレーキリールを扱い慣れていないアングラーでも、ファイト中のシーバスをよりリニアにコントロールできる。シーバス専用設計のストレートレバーは、キャスト時に指がかかりにくいスリムなデザイン。

製品情報はこちら
LINEミッションコンプリート EX8(0.6号)

高強度かつ低伸度視認性の高さも魅力

「タフクロス工法」を導入することにより、原糸を従来の密編み以上に均一に編み上げることに成功。表面硬度が高く耐磨耗性に優れ、低伸度な特性を持つため、高感度なのも特長。視認性の高い2色をラインナップ。

製品情報はこちら

おすすめ関連記事