HITOSHI SUZUKI 鈴木 斉 シマノインストラクター

鈴木 斉プロフィール 磯や河川で狙う青物やスズキから、オフショアのマグロまで、幅広いターゲットに対応。状況把握能力に長け、豊富な経験値から導き出す最適解で、確実に結果へと結びつける実力派アングラー。

夏〜初秋 河川&止水域
貴重な1尾に繋がる
ルアーチョイスの要点

夏の高水温期からベストシーズン目前である初秋。この時期における大型河川と止水域の攻略法を鈴木斉さんが紹介。なかなかルアーに反応してくれないボイルにも遭遇することも多く難しい時期に、値千金の1尾に出会うためのローテ術を公開する。

 
STAGE.1
大型河川
大型の河川にはベイトも豊富で、それを求めてシーバスが多く回遊してくる。
エリアと状況を適確に見極めてルアーを繰り出していきたい。

夏の大型河川はデイタイムのバイブレーションを軸に、
ローテはレンジを上げていく

夏のベイトに合わせてルアーもレギュラーサイズに

とある大型河川のメジャースポットに立った鈴木さん。他のアングラーも入れ替わり立ち代わりやってきており、フィッシングプレッシャーはかなりのものだ。こういった場所でこそ、ルアーチョイスのちょっとした差が釣果を左右する。
「シーバスが多く回遊してくる場所でも、しっかり要点を抑えないと魚は反応してくれない。ルアーのわずかなレンジの差や、ちょっとした巻きスピードの違いで、まわりとの釣果が驚くほど変わりますよ」
夏はどのようなことに気をつけて釣りをしていくのでしょう?
「夏から初秋にかけての大型河川のベイトは、ボラの稚魚であるハク〜イナッコ、そして河口から上がってくるイワシが絡んでくる。夏は日中のほうが潮が大きく動きやすいから、デイゲームのほうが活性が高い。エリアの魚の出入りを考えたら、やはりデイゲームが狙いめですね。そういったなかでメインになってくるのがバイブレーション。飛距離も出るし、ミノーよりも深いレンジをキープして引ける。結局これが一番効率がいいんですよ。あれこれとルアーをローテーションして、その間に時合いが終わっていました、というのはもったいないですからね」
では、バイブレーションからどのようにルアーローテーションを展開していくのでしょうか?
「バイブレーションで喰わなければミノーにしてレンジを上げていき、ボイルが出てきたらアガケなどの表層系にシフトすればOK。季節が進行してくると、水温が下がってシーバスはより水面のベイトを捕食する傾向にある。初秋ならイナッコもまだ大きすぎないし、比較的小さめのベイトのほうがシーバスも喰いやすい。なのでルアーもレギュラーサイズのほうが出番が増えてきますね」

ルアーローテは深い場所から表層へとレンジを上げていく

飛距離とスピードを考えると夏はバイブレーションがもっとも効率がいい。そこからレンジを上げてミノーに展開し、ボイルが起きたら表層と、ルアーをローテーションしていくのが基本だ。

ルアーローテはレンジを上げていくのが基本

CHOICE1夏の定番

ソリッド設計でアクションの抜けのいい
高レスポンスモデル
「アクションのキレがよく、流れの中でも潮の強弱を感じながら巻いてくることができる。使い方は着水直後からの速巻きでOK。たまにリフト&フォールやワンピッチジャークなどを試すのも効果的ですね」
  • [品番] XV-270Q(70mm/20g/エキストラシンキング)
    XV-285Q(85mm/26g/エキストラシンキング)
  • [カラー] 各12色
  • [本体価格] 1,100円
比重の軽い樹脂ボディ
薄肉で比重の軽い樹脂ソリッドボディにすることで、わずかなロッドアクション入力にも反応する立ち上がりのよさを実現している。

  • ヘッド下部はスムーズな着水を目指したキールヘッドデザインになっている。着水時にルアーが水面を叩きづらく、糸絡みを軽減する。
  • ソリッド成形の薄肉ボディなので、ロングキャストした先でもしっかりとルアーが水を切って泳ぐ感覚を得ることができる。
  • 70ES 85ES
    サイズは2種類。70ESは20g、85ESは26gで、飛距離やレンジに合わせてローテーションしていこう。
飛距離とレンジの差で
70ESと85ESを使い分けよう
70ESのほうがレンジが浅く、水深60cm位のイメージで使用。ミノーに似たレンジを、より小さいシルエットで魅せることができる。85ESはより飛距離も出て、さらに一段下のレンジを引ける。
60cm 70ES 80~100cm 85ES

CHOICE2パイロットルアー

流れとレンジ、アクションの強弱で
“F”と“S”を使い分ける
「動きの強めで表層を誘う場合はフローティング、シンペンのように一段下のレンジを誘う場合はシンキングモデルをチョイス。また、潮がユルいときはフローティング、流れが速いときはシンキングで暴れさせないようにするという使い分けも」

NEW COLOR

  • [品番] XM-129N(129mm/22g/フローティング)
    XM-229N(129mm/24g/シンキング)
  • [カラー] 追加2色
  • [本体価格] 2,200円〜2,250円

CHOICE3水面直下

表層レンジを強めの波動で
引いてきたいときに
「バイブレーションで反応がなければどんどん表層に向けてのルアーに切り替えていく。水面下の10〜30cmの表層レンジを誘っていきたい場合はこのモデルをチョイスします」

  • [品番] XM-S19P(109mm/15g/フローティング)
  • [カラー] 12色
  • [本体価格] 2,000円

CHOICE4初秋のボイル狙い

高活性時に出番が増える
表層ウェイクミノー
「シーバスが上ずってきたらコイツの出番。漠然と投げるのではなく、ヨレが出ている場所やカケアガリの周辺、ベイトが多く流れているところの周辺を投げていくようにしましょう」

  • [品番] XM-195Q(95mm/13g/フローティング)
  • [カラー] 12色
  • [本体価格] 1,950円

ボディマテリアルは浮力が高いAR-Cシェルを採用。わずかな流れにもルアーが
反応してアクションを発生させる。

STAGE.2
止水域
大きな水の動きのない場所ではルアーのごまかしが効かず、
ゲームはよりテクニカルだ。ボイルフィッシュを喰わせ切れるかどうかがカギだ。

日中はバイブレーションが王道。
朝夕のマヅメのボイルはアガケで狙い撃ち

マヅメ時はアガケの使いこなしでボイル魚を勝ち獲れ

次のステージは止水域の汽水湖。秋のハイシーズンはボイルが多発し、それを狙ったゲームが楽しめる。夏から初秋にかけても同様にボイル狙いの釣りが展開できるのだろうか。
「夏の止水域は水が最高水温になっていて、それが初秋になっても続く状態になりますね。こうなるとボイルが起こるのは朝夕のマヅメに集中することが多く、日中のシーバスはボトム付近にべったりとついていますね。こうなってくるとやはりバイブレーションがもっとも出番が増えてくる。速巻きでリアクション的に口を使わせていくのがもっとも効果的です。マヅメ時にはシーバスがシャローエリアに差してきて捕食しはじめるのでアガケシリーズが有効。流れが緩い場所でもしっかりと動かすことができるので止水域にぴったりです。テトラまわり、アシ際、杭まわり、水門前など、ドッグ周辺などを狙って投入していきましょう」
ボイルが起きている場合でもなかなかバイトに持ち込めないことも多いこの釣り。ルアーにストライクさせるコツはありますか?
「マヅメのボイルタイムでも、ベイトフィッシュのほうが元気があって、シーバスはそれに追いつけないでトップに出切らないことが多い。アガケを使う場合は、cm単位でスイムレンジをコントロールして、状況にアジャストしていく必要があります。水面にバシャッと反応が出ていても、実際は水面直下で捕食していることも多いですからね。これが季節が進行して台風が多くなってくると、真水が多くなってエサのボラが水カビ病などになって弱って流されるようになる。それを狙ってシーバスが捕食するので、トップにもどんどん出やすくなってきますよ」

CHOICE1日中リアクション

高速リトリーブで
リアクションバイトに持ち込む
「止水域では比較的浅い場所が多いので70ESがメインで、どうしても飛距離が欲しいときは85ESをチョイス。使い方は高速リトリーブで、日中のシーバスをリアクションで口を使わせます」
  • [品番] XV-270Q(70mm/20g/エキストラシンキング)
  • [カラー] 各12色 [本体価格] 1,100円

高水温期の日中はシーバスは
ボトムにべったりステイ
真夏から初秋にかけては1年の中でも最高水温に達し、日中のシーバスは直射日光を避けてボトム付近にべったりとへばりついていることが多い。バイブレーションの高速引きでリアクションで口を使わすのが得策だ。

CHOICE2マヅメボイル狙い

EXESENCE AGAKE 95F/120F AR-C X

ボイルフィッシュにはアガケを迷わず投入
「朝夕はアガケでボイルフィッシュを狙い撃ち。水面に出るかでないかのレンジをゆっくり引いてきます。その場のベイトフィッシュのサイズに合わせて95Fと120Fを使い分けていきましょう」
  • 95F NEW

    • [品番] XM-195Q(95mm/13g/フローティング)
    • [カラー] 12色
    • [本体価格] 1,950円
  • 120F

    • [品番] XL-112P(120mm/18g/フローティング)
    • [カラー] 12色
    • [本体価格] 2,200円
数cm単位の微妙な
スイムレンジが釣果を左右
「アガケは微妙なレンジの差で使い分けるのが大事で、ボイルが出てても喰わないという場合は釣果にものすごく差が出る。cm単位で細かくスイムレンジを変えて、表層に出る引き波の強弱の違いをいろいろ試していきましょう」

1cm 5cm

アガケシリーズは止水域の
マヅメ時ではエース的存在の
忘れてはならないモデルだ。

CHOICE3トップのフォローベイト

トップに出そうで出ない場合の
ひと口フォローベイト
「真夏のトップに出きらずもじったりしているときに。大きいベイトがいてもシーバスが実際に喰っているのは小さいことがよくあります。もじった先に投げてただ巻きすると喰いますよ」

NEW COLOR

  • [品番] XM-280N(80mm/10g/シンキング)
  • [カラー] 追加2色
  • [本体価格] 1,800円

CHOICE4水面直下の回遊シーバスに

表層を漂うベイトを
イメージしてスローリトリーブ
「水面直下を意識しているシーバス、回遊してくるシーバスを狙って投入。漂っているベイトをイメージしながら30cmレンジをゆっくり巻いてくる。シンペンなので遠投できるのがいいですね」

  • [品番] XL-210Q(100mm/14.5g/シンキング)
  • [カラー] 8色
  • [本体価格] 1,850円

鈴木斉的カラーチョイスの捉え方

「ルアーカラーは喰ってるエサに合わせるのが基本。昼と夜でもベイトの色は変わるわけではないし、そのほうが自分の中でもイメージしやすいですからね。リアル系の中でもフラッシングカラーはアピール度は高いと考えています」

カラーはナチュラル&リアル系に絶対的信頼

  • 02T ボラノコシロ
  • 08T レンズボラ
  • 03T レンズボラ
  • 04T カガヤキカタクチ

シーバスとベイトの関係を吟味して攻略しよう

止水域に場所を移した鈴木さん。薄暗い朝マヅメを迎えると至るところで激しいボイルが発生しはじめた。喰わせにくいテクニカルな状況にも関わらず、鈴木さんはアガケ95Fでいとも簡単にバイトを引き出し、グッドサイズをキャッチしてみせた。
「この釣りは、ベイトの泳ぐ方向やシーバスのボイル位置、ボイルの出かたなどで微妙にルアーをコントロールしていくことが重要です。ボイルがたくさん出ている状況ほど、ルアーのちょっとした泳がせ方の違いが釣果を左右しますからね。アガケの微妙なスイムレンジや引きスピードの差は、昼間の明るいに動きをよく見ておいて、ロッドの抵抗感やリーリングの感覚で使い分けていきましょう」

ボイルの出かたで攻略法は異なる!

単発ボイルベイトの進行方向を
吟味して長い距離をトレース
「魚のレンジが深い時が多いのでロングキャストして長く引いてくるのが基本。ベイトがどっちから入って抜けていくかをよく見て、それにあわせてルアーを見せていきましょう」
連発ボイルボイルの先に素早くルアーを
投入して巻いてくるべし
「ボイルがあったらその50〜60cm先に投げてから巻いてきます。魚が浮いているうちにルアーを通してくるのが大事で、もたもたしているとシーバスはすぐに潜ってしまいますよ」

ボイルフィッシュを喰わせるには
シーバスの習性を理解すべし

シーバスはボイルを“追って”いるのではなく“待って”いる

「あちこちでボイルが起きているとシーバスがベイトを追っているように思えるけど、シーバスは一カ所でベイトを待ち構えて、泳いできたベイトを補食することが多いんです。なのでボイルが出る場所をよく覚えておきましょう」

ベイトの真ん中ではなくエッジを引くとチャンスアップ

「ベイトの群れはその真ん中を引くのはダメで、そのエッジを引いてくるとバイトチャンスが上がります。真ん中を引くとその群れの1尾に同化してしまいますからね。エッジを引くことで1尾外れたベイトをイミテートできるんです」

表層に浮くイナッコの群れがこの時期のメインベイト

シーバスのメインベイトのひとつがイナッコの群れ。ボイルが頻繁に起きているような状況でもバイトに持ち込めないことも多く、一筋縄ではいかないテクニカルな展開を覚悟しよう。

激しいボイルが至るところで発生する朝マヅメ。テクニカルなボイルに見事にアジャストさせ値千金の1尾をキャッチ。

軽いから長時間でも疲れにくい、
それでいてパワフルな理想的なロッド

S906M/RF [本体価格]76,000円
※写真はS900ML/RFです。

潮流の変化をリトリーブ感度で感じることができる

今回鈴木さんが使用したロッドはエクスセンスのニューシリーズ、エクスセンスインフィニティS906M/RF。進化したロッドテクノロジーであるスパイラルXコア、新形状のNEWカーボンモノコックグリップが搭載されたこのアイテムの率直な使いごこちを聞いてみよう。
「今までのルナミスS906Mなどと比べても軽快さが増していて、段違いに軽い。オープンウォーターやゆるやかな流れの場所で、軽いから長時間のウェーディングでも疲れにくいし。小さいルアーも扱えるし、どんどんルアーを交換していくようなテクニカルな釣りにあっていますね。しなやかだから力を入れなくてもロッドが仕事して曲がってよく飛んでくれます。NEWカーボンモノコックグリップの採用で、ティップの振動をより増幅してグリップエンドまで伝えてくれます。バイブレーションの振動の変化で、流れやヨレ、抜けてくるところなどをより感じやすくなっています。巻き物系のルアーにはとくにこのグリップは効果があると思いますよ。ロッドが軽くなることで、普通はパワーがなくなったり、折れやすくなったりというデメリットも出てくるけど、スパイラルXコアという技術のおかげでパワーや強度も上がっていますよ」

ブランクススパイラルXコア搭載

シマノ独自の基本構造スパイラルXがさらに進化したスパイラルXコア採用。軽い=弱い、というこれまでの常識を打ち破り、シマノ・シーバスロッド史上、最軽量にして高強度のブランクスに仕上がった。フレキシブルに曲がり込むパワフルなブランクスはエクスセンスインフィニティならではだ。エクスセンス誕生から8年、シマノのロッドテクノロジーが大きく進化した証拠である。

リアグリップ一体成形のNEWカーボンモノコックグリップ

エクスセンスインフィニティ専用設計、特殊形状の軽くて高感度のカーボン一体成型リアグリップ。上面部をフラット形状、下面部はややV字形状にすることで、ファイト時にグリップをヒジに当てたり、キャスト時のグリップ力も向上。リアグリップの上面がフラットになっているので、ヒジに当てることでより安定したファイトをすることができる。

軽くて強いというロッドの理想をどこまでも追求

軽量にして高強度を実現できたのは、スパイラルXコア、ハイパワーX、ナノピッチ、ブランクスの設計技術など、これらの高度な融合によるもの。軽いので長時間でも疲れにくく、ネジレに強くブレないブランクスでアングラーをサポート。
ネジレに強くブレのないブランクス特性で、キャストの際には気持ち良く曲がり込んでロングキャストが可能。

鈴木 斉セレクトタックルデータ

おすすめ関連記事